時事ネタ斬

時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

Tシャツの脇汗に悩む人の対策と汗ジミ防止法

2015.4.10

暑い夏にはTシャツの脇汗に悩む人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はTシャツの脇汗に悩む人の対策と汗ジミ防止法をまとめました。

汗をかく原因はなに?

その1.遺伝によるもの

汗をかく条件やその量というのは代々からの遺伝がその原因の大半の割合を占めるところにかなり関わってきます。

その2.衣服に付いた汗じみが過剰に気にしてしまう

夏になれば、その気温の上昇にともなってやっぱりTシャツに汗をかいた跡がのこってしまう・・といったん気になればなるほど精神 的に不安が高まり多く汗をかいてしまいます。

胸の内でかかえているストレスや悩みが、脳から体内の神経へと意識してはいないのにもかかわらず伝達しているためです。

その3.精神性による発汗症状

これもその②と同様、暑さからくる体内の温度が上がることを除いて大部分の割合を占める原因である異常な緊張感や不安からくる発汗です。

プレゼンテーションなどの会社の発表の場で大勢の人数の前で気持ちが高揚する場面がくると、手の平やワキを筆頭に汗をかきだします。

その4.味覚性発汗

辛いものや甘いもの、酸味のキツいものを食べた際に顔、とくに額や鼻、場合によっては頭から中心にして汗をかきます。

日頃からキムチやカレーなど刺激物をよく食べ頻度が高い人はワキから汗もかきやすくなります。

その5.更年期障害、ホルモンバランスの乱れ

更年期障害の代表的な症状であるのぼせやほてりなどのいわゆる「ホットフラッシュ」によるものや、日頃の食生活や運動習慣の乱れ、生理中など汗を抑える働きがある女性ホルモンのエストロゲンが欠乏し、甲状腺から分泌され全身の細胞の代謝率を上昇させる甲状腺ホルモンが過剰に分泌され、全身の代謝が亢進してしまいワキから汗をかきやすくなります。

その6.病気のおそれ

異常なまでに汗を大量にかく症状であれば、甲状腺ホルモンが異常に分泌されて、 常に新陳代謝が活発になり必要以上の汗をかいてしまう病気であるバセドー病(甲状腺機能亢進症)や糖尿病等の重い病気が疑われる可能性も出来します。

脇汗に悩む人は多い

これまでそういったこととは無縁であった人の中には、「ロールオンのデオドラント使えばいいんでないの?」ですとか、「某メンズ 制汗剤が効果抜群でクチコミで評判いいらしいよ」ですとか、「それでも効かないならワキ汗パッドとか、吸水性や乾燥性のいいインナーとかであるでしょ?」という人もいます。でも、私に言わせるとそんな生半可なこと言わないでもらいたいですね (怒)

世間には、まるで絵にも書いたように脇の下からザーザー水がこぼれ落ちる人たちだって存在するんです。まあ日本でたかだか数えるほどだけかもしれませんでしょうけど

第1段階のインナーを苦もなく通過して、何事もなかったかのように第2段階であるシャツをクリアし、第3段階の最終決戦であるファイナルステージの親玉の上着さえボタン連続早押しでぶっ倒して地上に踊り出るという、私の汗にはそんな驚異的な能力が備わっているんです。

まだ私の場合は仕事で着る制服にきまりがほとんどない自由業者なのでそこまで気にしなくても良いとして、これがスーツ着用が必須のビジネスマンの人だったとしたらマナーや身だしなみからみて真面目な話、冗談ですまされる状況ではありません。

脇汗が目立たない色のTシャツを着て対策

脇に汗をかいて最も目立つ服の色はグレーです。

汗をかき服を濡らしてしまうと、いっぺんに黒くなってしまいます。

これは光の屈折の原理によるものです。

一般的に、白色は光を反射する作用があり、黒色は反対に吸収する作用があります。

服は濡れてしまうと、白色は透き通り、黒色は黒色のまま変わらないので、白色と黒色の中間であるグレー色が最も目立ってしまうのです。

(ちなみに、グレー色の生地は白色と黒色の糸を交互に織り込まれたものです)
服はいったんグレーに色味がかると、仮に他の色が混ざったとしても濡れた箇所が黒ずんでしまいますので、汗をよくかく人は避けた方が無難な色です。

脇に汗をかいてもはたから見て目立ちにくい色があります。

脇の汗ジミが目立たない服の色としては白色、黒色、紫色などはあまり目立ちません。

また、白色と黒色のモノトーン色は目立ちにくいです。

これも先の光の屈折によるもので、一本の糸から生地が作られているためなのです。

目立ちにくい色は白色と黒色だと覚えておけば良いでしょう。

さらに加えて、柄物模様の服なども脇にかいた汗を目立たなくしてくれる効果があります。

また、ぴったりフィットする服を選択するのではなく、トップに着るのはふんわりとした上着や肌にペッタリ張りつくことがない服を選択するのがさらに効果があります。

脇汗パットで脇汗対策 本当にあった体験談

私は、幼少の頃から汗をよくかいていました。

とくに激しい運動はなにもしていないのに、あっという間に汗でびっしょりになります。なかでも特に悩みのタネだったのがワキから出る汗です。

たとえ冬場でも緊張する場面や、暖房器具で暖かくなった場所などにいるだけでワキがしっとり濡れてきてしまいます。

夏にはワキからだらだら流れるほどの汗が出てしまうので、汗ジミがはっきり目立つ色が濃い服なんて着るのは絶対にNGです。

汗ワキパッドなども使って対策を試みてみましたが、唯一、ワキ汗パットだけは高く評価をしたいところですね。

このワキから出る汗に繰り返し悩まされるのかと想像するだけでも夏の到来が陰鬱とさせられます。

当然もっとも汗をかいてしまう季節は夏ですよね。

夏になったらワキから出る汗が悲惨で悩ましいです。

半袖の服を着ている場合ですと汗が吸収されるので気にすることなく着替えるだけでいいのですが、タンクトップのものを着てしまった場合は汗はそのまましたたり落ちます。

誰からも見られたりしないように、そろっとハンカチなどでぬぐったりしますが、そのハンカチはびっしょりになってしまうほどです。

とくに女性に多い悩みだと思われますが、胸の谷間から出る汗が何をやっても対処する術がないので弱ります。

汗がしたたり落ちていくのがはっきり感じるのですが、場所が場所なのでハンカチを使ってぬぐうわけにもいかず、そのまま放置しています。

エアコンの効いた涼しい部屋に入ると、下着を冷やしてしまうので悩んでいます。

今年もまた、ワキ汗パットのお世話になって夏場をしのいでいきたいと思います。

Tシャツの脇部分にはっ水スプレーをかけて脇汗対策

もっとも汗をかく場所がワキという人やワキからの汗が気になる人の場合・・・

ワキから出る汗は健康に良い汗ですので病気の可能性があると心配する必要はないらしいです。

とはいえ、ワキから汗が出てワキ周辺のみ湿っている状態は周りの人の目が気になって恥ずかしい気にさせられますね・・・。

カッチリとしたシャツを着るんであれば「あせワキパット」を利用している人も多いことでしょう。

でも、そういう服じゃんかったらパットは使えませんし・・。

ところが、最近そういうパット類が使えない服やTシャツ等でワキから出る汗ジミを目立たないようにする裏技を紹介される機会があったんです。

その裏技とうのが・・・はっ水スプレーを利用することなんです!それをワキの部分にふきつけるだけなんですね。

ホームセンター等に行けばよく目にする衣類に使う撥水スプレーがありますよね・・・そう、あれです、あれ。あれを使うんです!

お値段は内容量などによりますがだいたい1000円くらいですし、使用方法もかんたんです! Tシャツのワキ周辺部分をまんべんなく、上からはっ水スプレーでふきつけるだけでOK!

使用に際しての注意事項

1.はっ水スプレーが付着することによってシミができるおそれもあるので、前もって支障がない箇所でお試しください 。

2.スプレーをふきつける箇所はワキ周辺のみにしてください。衣服全体にふきつけてしまうと通気性が低下します。

3.約20cmほど離した状態のまま換気できる場所でスプレーをふきつけ、湿り気が全くなくなってから衣服を着用してください。

これだけで本当は汗が出ていても、汗は服に染み込むことなく気づかれるにくくなります。

使用する環境や衣類の素材によって変化しますが、その効果は24時間維持するということです。

Tシャツに付着するワキの汗ジミに悩んでいる人に、是非この裏技をおすすめします!

 - ライフハック