時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

ホットヨガが原因で腹痛?実は意外な原因が・・・

      2017/02/22

ホットヨガが原因で腹痛?実は意外な原因が・・・

今話題のホットヨガ。始めてみたら、体調不良に…という話をよく聞きます。

自分には向いてない?…と決めつける前にホットヨガとその効果やデメッリトを知っておこう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

幼馴染に彼氏ができた!嫉妬する心理と心を抑えるための方法

昔からよく一緒にいた幼馴染に彼氏ができてしまうと、なぜか彼氏...

派遣の仕事は楽過ぎる?仕事が暇な時にやっておきたい事

派遣の仕事はいろいろありますが、会社によっては楽な仕事をする...

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

スポンサーリンク


まずホットヨガとは?

ホットヨガというのは高い室温が保たれた部屋で行なうヨガのことです。

具体的には室温が39度前後で、湿度は60%くらいです。

そのように高い室温にするには身体を柔軟にさせるためで、多湿にすることで発汗を促すことができます。

そのような環境の中でヨガのようなゆっくりとした動きやポーズを行なうと、自然に筋肉を伸びて、いつもより大きく身体を動かせるようになります。

また身体の内側にある筋肉も動かしやすくなるのでインナーマッスルまで鍛えることができます。

また最初から高温多湿にしておくことで早い段階から筋肉が柔軟になるので早く筋肉を動かせるようになります。

つまり高温多湿の環境でヨガを行なうことで、通常のヨガよりも高い効果を期待できるようになるわけです。

室内で行なうヨガとしてはスタジオヨガというものがありますが、それとホットヨガを比べて何が違うのかというと高温多湿の環境だけです。

ヨガの内容が特別違うということはありません。

ホットヨガで体調不良になる原因は?

ヨガには好転反応という言葉があります。

心と身体が良いコンディションになるために毒を出す反応のことです。

人間は生きていると身体に不必要なものを溜め込んでしまうので、それを排出する行為を行なわなければなりません。

主なものとしては排便がありますが、発熱、頭痛、発疹、精神不安など病的なものまであります。

判断は容易ではないのですが、ヨガを始めたことで好転反応が起こり、病的な症状が現れることがあります。

そのためヨガは悪いものだと考える人がいるのですが、その症状を乗り越えることで薬に頼らなくても良いような自然治癒力の高い身体を手に入れることができます。

ヨガをして調子が悪くなったらまずは自分の身体と向き合ってみてください。

そうすることで自分の身体のことがより分かるようになるはずです。

それに好転反応は珍しいことではありません。

絶食を1週間くらいすることでニキビや発疹が出る人がいますが、それも身体が毒素を出そうとしているので好転反応の一つだと言えます。

それに好転反応が現れないままヨガを持続できている人もいるのでそう心配になることはないと思います。

ホットヨガの注意点

ホットヨガは高温多湿の環境で行なうため、身体はホカホカに温まりますし、汗はたくさん出てきます。

身体に汗がついていることで秋や冬などの寒い時期の寒さで熱を一気に奪われ、せっかく暖めた身体が冷えてしまうことがあります。

それを回避するためになるべく早く汗を拭き取って、身体を冷やさないようにする工夫が必要です。

また身体が温まっていることから秋や冬の冷たさが気持ち良いと感じるかもしれませんが厚着をして身体を冷やさないようにすることも大切になります。

それに大量の汗をかくことも注意です。

大量の水分が身体から失われてしまうので大量の水を飲むようにしましょう。

水を飲んでから30分経たないと汗として出てこないのでホットヨガを始める前に水分補給しておくことが重要です。

ホットヨガの場合は、1時間に1リットルくらい水分補給するのが望ましいと言われています。

最初はそんなに飲めないかもしれませんが、慣れてくるとスイスイ飲めるようになでしょう。

ホットヨガのデメリット

ホットヨガのデメリットとしては体力のない人におすすめできないことです。

高温多湿の環境で運動を行なって体調を崩してしまったり、頭痛が悪化してしまったり、その頭痛によって吐き気を催してしまう人もいます。

それに体力があったとしても水分が大量に失われることで一時的に熱中症になってしまうこともあります。

特に熱中症は危険なのでホットヨガを始める前に必ず水分補給しておきましょう。

そしてレッスン中でも水分補給することが非常に大切です。

また汗には水分だけでなく塩分も含まれているので、水だけではなく塩分も摂取することが大切です。

スポーツドリンクなら塩分まで含まれているのでおすすめの飲み物です。

ホットヨガを行なっていて、具合が悪くなったら無理をしないで休むことにしましょう。

ホットヨガをしている部屋では高温多湿であるため、退室してより休みやすい環境に移動しましょう。

それから初心者は高温多湿に慣れていないこともあるので小まめな休憩を取ってください。

そうすることでよりホットヨガを継続しやすくなります。

また常連さんでも疲れや睡眠不足、それから空腹の状態だと体調を崩しやすいので身体に十分注意してホットヨガを行なってください。

自宅のお風呂でなんちゃってホットヨガ!

ホットヨガに必要になるのは高温多湿な環境で、近くに施設がないとなかなかできないと思われています。

また近所にホットヨガの施設があったとしても長く続かなかった人もいると思います。

家では、さすがに本物のホットヨガほどの効果はないのですが、ホットヨガは身近な場所で行なえます。

家で簡単に高温多湿にできる場所といえばお風呂場です。

高温多湿の環境を作るなら、なるべく水しぶきを飛ばしたいのでシャワーを使いましょう。

シャワーを湯船に向けて熱めのお湯を出しましょう。

そうして浴室が蒸気に包まれたらそれだけで準備完了です。

ペットボトルなどに入れた水分補給の飲み物を持ち込んでホットヨガを行いましょう。

また、せっかく湯船があるのですから半身浴しながらホットヨガすることもおすすめです。

熱くなったら洗い場で休みましょう。

そしてホットヨガをして汗をかいたのなら、そこはお風呂場ですから非常に手軽に汗を流すことができます。

休めて、シャワーも浴びれるので、お風呂場はホットヨガに適した場所だと言えます。

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ