時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

目から鱗?女性との会話に必要だったのは”同意”だった!

      2017/03/02

目から鱗?女性との会話に必要だったのは”同意”だった!

女性との会話の最中、自分では普通に会話しているつもりなのに、何となく白けたムードを彼女が発しはじめた…どうしてだ!?と悩んだことはありませんか?

それもそのはず、男性と女性、会話に求めるものが違ったのです。

女性が会話で求めているものを知って、これからの付き合いに役立ててみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったり...

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが...

電話が苦手な男は多い?彼に嫌がられないためにできること

恋人同士であれば頻繁な電話というのも珍しくはありません。しか...

「課題が終わらない!」休むのはあり?仮病を使う前に考えること

しまった、課題を忘れてた・・・締め切りの前日になると不思議と...

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生...

電話が苦手な女子必見!暇電を断りたい時の上手い理由とは

女子の電話はとても長く、恋愛や日常のなんでもないような出来事...

手の震えの原因は?50代に多い手の震えの要因と対策

年齢を重ねると体にはいろいろな症状が出ることもあり...

通っている学校を辞めたい。両親に響く説得の仕方とは

高校や大学を辞めたいと考えている時、一番のネックと...

マンション管理会社へ苦情の連絡をする時のポイントはコレ!

マンションで住んでいると他の住人に対する苦情もあれ...

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする...

公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ!

公務員の試験を受けることを決意した時から、必死に勉...

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去...

一人でスナック経営を成功させるためのポイント教えます

スナックを一人で経営していくことになったら、成功させるために...

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、し...

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎ...

部活の友達や仲間と対立!部活が嫌いになりそうな時の対処方法

中学・高校生、そして大学生の一部の人にとって、学校の部活動は...

過呼吸になった時に救急車を呼ぶ前にできる事はコレ!

過呼吸になると自分で思うように呼吸ができなくなるので、軽いパ...

妹の妊娠報告で素直に喜べない時の心理と気持ちの切り替え方

妹から妊娠報告を受けた時には素直に喜ぶ自分と、先を越されてし...

スポンサーリンク


男性と女性 会話に求めるものが違っていた

男性と女性とでは、物事に対する感じ方や考え方が違っています。

それは会話の場合でも同じです。

男性の場合は、基本的に誰かに同意を求めることが目的ではなく、議論をして意見を出し合い、結論や解決策を探していくための会話という位置付けです。

しかし、女性の場合にはすでに結論や解決策が出ていて、単に自分の気持ちに共感し同意してほしいという目的だけで会話をすることが多いのです。

このことを理解しておかないと、合コンなどで女性と話をするときに失敗します。

相手の話に対して、こうこうだからこうする方がよいなどという結論を述べたりすると、「この人とは話をしていても楽しくない」と思われてしまいます。

女性は何も相手の意見を聞きたいのではないのです。

単に自分の話に同意し、共感してほしいだけなのです。

だから、男性は、女性が自分の意見とは全く違っていても否定をすることなく、「なるほどそうだね」とか「その気持ちよくわかるよ」と相づちを打つのがベストな対応なのです。

女性が会話で欲しいもの それは共感・同意と○○

ただ、相手にいつも共感しているだけでは、「自分の機嫌をとって仲良くなろうとしているだけで、意見のない男だ」と思われてしまいます。

共感の仕方には、コツがあるのです。

それは、相手がそれほどこだわっていないことや意見を持っていない話題については積極的に自分の意見を述べ、相手の女性が絶対に譲れないと思っている大きなことに対しては共感するというテクニックを用いることです。

こうすることで、相手は「この男性は、自分の考えを持っていながらも、私と価値観が同じだ」と思うようになるのです。

また、共感だけではなく、理解を示すことも大切です。

相手の話題に対して「そうだね。そうだね」と共感するだけではなく、「僕はAだと思うけれども、君はこういう理由でBだと思っているんだね」と相手の気持ちに理解を示すのです。

こうすることで、自分の意見を述べながらも相手の気持ちに共感することができるのです。

こういう共感や理解の仕方をすれば、レベルの高い男として評価が高くなります。

会話で女性に好感を持たれるために必要な態度とは

つまり、女性に良い印象を持ってもらうためには、まず、相手の話を遮らずに聞くことです。

そして、気持ちよく、話をさせてあげることです。

途中で、「結局、何が言いたいのか?」と思うことがあるかもしれませんが、決してこのような発言をこともしてはいけません。

ここはグッと我慢することです。

女性は、誰かに話をすることで心が救われるのです。

また、その話の途中は共感の言葉をかけてあげることも大切です。

「それは大変だったね」「それはつらかったよね」という簡単な言葉でOKです。

このような言葉をかけてもらうことで、女性は、「この人は自分のことをわかってくれている」と思うのです。

そうすると、その人が自分の味方のように思われ、好意を抱いてしまうのです。

女性は基本的に、話を聞いてほしいだけ。

アドバイスや求めているわけではありません。

だから、良かれと思って論理的に分析し、アドバイスをしようものなら、説教されていると感じて逆効果になってしまうことが多いのです。

女性はおしゃべりに結論を求めていない!?

男性の会話の目的は、情報の伝達であったり、物事の核心を分析して結論を得たりすることです。

しかし、女性の会話の目的は、そうではありません。

女性の会話の目的は、結論や解決を得ることではなく、話し相手との信頼を深めることなのです。

周囲の仲間との信頼を深めたいと思っている女性にとっては、議論や分析をとおして結論を出すような行為は、対立を生み出す可能性のある致命的なことで、できるだけ避けたい行為なのです。

つまり、女性の会話の目的は、まさに「おしゃべり」そのもの。

言い換えれば、わざと結論を出さないように話をしているのです。

だから、女性の話は、次から次へと流れるように展開していくのです。

男女の会話のスタイルには、このような違いがあります。

このことを理解せず、女性の会話にイライラして「要するに、このようにすればいいのでは……」などと発言すると、女性から嫌われてしまいます。

男性は、このことを十分に理解して女性と会話することが大切です。

女性の共感主義は女性特有の感覚=脳の違いだった!

「私、おいしいスイーツの店を見つけたよ」「私の家の近くにも、おいしいスイーツの店があるよ」「じゃあ、食べ比べ、してみない?」こういう話になれば、男性なら、どちらがよりおいしいかの優劣を出し、よりおいしい店を知っていた男性が優越感を感じるということになります。

しかし、女同士ではそうはなりません。

それぞれの店を食べ歩いたとしても、結論は、「どちらもおいしかったね」という言葉で締めくくられるのです。

これは、優劣よりも友達であることを美徳と感じる特有の感覚で、女性の共感脳がこのような対応をさせるのです。

また、この対応は、女性の社会では暗黙のルールでもあります。

「共感するだけで結論や優劣などを出さない」という感覚は、女性の行動を縛っている鉄則です。

だから、この共感のルールを破って抜け駆けでもしようものなら、周囲の女性全員から無視されることにもなりかねないのです。

「いつも同じで一緒」というこの共通・共感の意識が支配している女性の社会。

だから、一度、共通・共感の意識が途絶えてしまうと、それは信頼感の喪失として認識され、回復には時間と困難が必要になるのです。

関連記事はこちら

 - 恋愛

ページ
上部へ