時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

女友達と旅行に行ってケンカしたこと、ありますか?

      2017/03/02

女友達と旅行に行ってケンカしたこと、ありますか?

せっかく女友達と旅行に出掛けたのに、旅先でケンカしてしまった・・・

そんな経験ある人、いると思います。

恋愛に発展する可能性を壊さない為にケンカしない、ケンカしてもすぐに仲直りするのが大切です。

経験者の人達がどんな風に対処してきたのか調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったり...

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが...

電話が苦手な男は多い?彼に嫌がられないためにできること

恋人同士であれば頻繁な電話というのも珍しくはありません。しか...

「課題が終わらない!」休むのはあり?仮病を使う前に考えること

しまった、課題を忘れてた・・・締め切りの前日になると不思議と...

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生...

電話が苦手な女子必見!暇電を断りたい時の上手い理由とは

女子の電話はとても長く、恋愛や日常のなんでもないような出来事...

手の震えの原因は?50代に多い手の震えの要因と対策

年齢を重ねると体にはいろいろな症状が出ることもあり...

通っている学校を辞めたい。両親に響く説得の仕方とは

高校や大学を辞めたいと考えている時、一番のネックと...

マンション管理会社へ苦情の連絡をする時のポイントはコレ!

マンションで住んでいると他の住人に対する苦情もあれ...

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする...

公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ!

公務員の試験を受けることを決意した時から、必死に勉...

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去...

一人でスナック経営を成功させるためのポイント教えます

スナックを一人で経営していくことになったら、成功させるために...

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、し...

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎ...

部活の友達や仲間と対立!部活が嫌いになりそうな時の対処方法

中学・高校生、そして大学生の一部の人にとって、学校の部活動は...

過呼吸になった時に救急車を呼ぶ前にできる事はコレ!

過呼吸になると自分で思うように呼吸ができなくなるので、軽いパ...

スポンサーリンク


女同士で旅行に行く友達の経験から参考にできる考え方の3つのパターン!

1:全て他人に任せる女

友人A美の本性、なぜ旅行前に気付かなかったのか、後悔しています。

イタリア旅行に行くことになったのですが、予約、振込、旅程まで、全て私がすることに。

幹事タイプな私も気合が入っていたので、旅行前までは、A美の悪癖に気付きませんでした。

旅が始まると、A美はマップをみることからチケットの購入方法まで、何もかも私に頼ってくるんです。

私がマップを見て、迷ったら英語で現地の人に尋ねるという繰り返し。

A美は人見知りらしく、現地の人と会話することはおろか、目も合わさないんですよ。

『やっぱ青の洞窟にも行きいなぁ』といった急な要求をしてくる割に、自分では一切調べないし。

旅行の前から何もかもやらされてた私の怒りも限界に。

『私はガイドさんじゃない!!!』と、ローマの中心で叫んじゃいました

(26歳/編集)

2:一人行動できない女

私は一人行動をするのが好きなタイプなのですが、職場で一人ごはんをしていると、必ず派遣仲間のB美が近寄ってくるんです。

気に入られちゃったのかなあ、と思っていました。

そして、そんなB美と台湾旅行に行くことになりました。

私はいつもショッピングは絶対一人でするので、現地で
『西門町(ショッピング街)では、2時間くらい別々で行動しない?

その方が、お互い好きなもの見れるし、買い物しやすいし』
という提案をしてみました。

すると、『何で一緒に旅行に来てるのに、別々で行動するの?一緒に来た意味ないじゃん?』と真剣に反撃されたのです。

私はその中高生バリの思考に、正直かなり引きました。

『私はひとりで買い物したいの!』と強く言うと、B美は泣いてしまい、本気で『ウザッ』と思っちゃいました

(28歳/IT系派遣)

3:グルメ気取りの女

韓国は近いしよく行きます。

この間は韓国が初めてという友人C美と行ったのですが、悲惨な旅になりました。

韓国のことはよく知ってるので案内しようと調子に乗ってしまい、C美の悪癖を忘れてました。

C子は自称“美食家”で、レストランの料理に『プロ失格』『辛さに深みなし』といちいちうるさい女なんです。

私の好きなお店に行ったものの、『三枚肉はもっと甘いはず。

甘さが足りない』『参鶏湯、イマイチじゃない?』と文句ばかり。

私としては、美味しいお店を選んだのに。

ムカついた私が『アンタの舌がおかしいんじゃん』と言ってしまい、大喧嘩になりました

(30歳/証券)

旅先で男女がケンカにならない為に男が気を付けたいことベスト3!!

旅行の前に最確認

旅行の計画を、彼女に全て任せる人、逆に自分一人で全て計画する人はいませんか?

旅行は、ただ行くだけでなく、計画から一緒に楽しむものなのです。

どちらも楽しめるように、観光する場所は、二人で一緒に話し合いをしながら決めましょう。

計画せずに、その場その場で行くところを決めていく旅行も楽しいですが、興味や価値観が違う場合、現地で喧嘩に発展することも。

何度も一緒に旅行をしている友だち同士や、長いあいだ付き合っているカップルでなければ、無計画な旅行は避けるのが無難です。

のんびり旅のつもりが、予定を詰めすぎてしまい、反対に疲れすぎて楽しめなかったり、渋滞など、予想外のことで時間に追われるはめになることも。

時間が余ったら、休憩したり、ゆっくり観光したりすればいいので、旅行中の予定は、余裕を持った計画にしましょう。

旅行先で泊まるとき

彼女との旅行だと、「夜のこと」を気にしてしまう男性も多いでしょう。

滞在先では、いつもとは違った環境で、気分もアガっちゃうかもしれませんが、逆に疲れてしまい、彼女より先に寝ちゃうなんてことも。

旅行先での夜を気にしてるのは、男性だけじゃないです。

夜を一緒に過ごすとなれば、女性は下着を新しくしたり、ドキドキする気持ちがたくさんあるんです!
そんななか、彼氏に先に寝られちゃうと、女性はガッカリ・・・というよりも、かなり傷つきます。

初めてお泊りをするカップルは、特に注意してください。

お風呂やトイレの使い方

普段、外でデートするカップルは、お泊り旅行のときに、お互いの生活習慣が目につくことがあります。

特に、お風呂やトイレなどの使い方は大事です。

女性よりも、男性の方が気にしないことが多いので、用を足した後で、まわりを水で汚していたり、尿飛びが激しかったりすると、幻滅する女性も多いでしょう。

トイレや洗面所を濡らしたり汚したりしてしまったら、ちゃんと拭くなりしてください。

旅行中のケンカはイヤ!予防と解決策を心得ておきましょう!

旅行に来て、いざ「よし、遊ぶぞー!」と盛り上がっているときにに、些細なことからケンカ。

こうなると、旅行の最中でも、とても気まずくなります。

特に、女友だち同士や、初めてのカップル旅行で、こういうことが起こりやすいみたいです。

喧嘩予防策と解決策

このパターンの喧嘩は、はじめは些細な事で起こります。

例えば、相手が楽しんでいるのにもかかわらず「疲れた・・・」とか「つまんない・・・」と言って、相手の楽しみを邪魔するような言動が代表的。

こういうちょっとしたネガティブな言葉を言わないよう、気をつけましょう。

特に、カップルでは男女の感覚の違いもあるので、このパターンの喧嘩は多いです。

もしケンカになってしまった・・・という場合は、素直に自分の非を認め、早いうちに謝りましょう。

ここで謝りそこねると、残りの旅の時間が最悪なムードになってしまうこともあります。

また、旅行プランを考えるときに、タイトなスケジュールを組んでしまい、時間に余裕がなくなると、お互いの時間感覚が違う場合、「この旅はバタバタしすぎてる」ということにつながり、喧嘩を誘発してしまうことになります。

余裕を持った計画を立てることも、喧嘩を防止する方法の一つですね。

恋人と旅行してケンカする確率が90%!?どうして??

恋人との仲が深まり、お互いのことがよく分かってくると、一緒に旅行に行く話がでてきますよね。

けれど、普段は絶対に喧嘩なんかしないようなラブラブカップルでも、旅行のプランを立てている最中や、旅行先で思わぬ喧嘩になっちゃう・・・という例も結構多いとか。

やや古い言葉で「成田離婚」という言葉があったように、結婚を誓った2人でも、旅行になると、別れに発展するくらいの喧嘩が勃発する・・・。

そこで、読者の皆さんに「恋人との旅行中の喧嘩」についてアンケートを行いました!

旅行のケンカの実情と原因とは!?

「恋人との2人旅行中、喧嘩をしたことはありますか?」と、読者40人にアンケートしたところ、実に9割の男女が「イエス」と回答!

「国立大学卒のくせに、海外旅行中、全く英語が話せない彼が頼りなかった」(27歳・女性)
「せっかくの旅行なのに、彼があらゆることにケチで、楽しめなかった」(43歳・女性)
「出かけたくても、彼女が朝なかなか起きなくてムカついた」(31歳・男性)
など、いろいろなコメントが寄せられました。

楽しむために行く2人旅行が、なぜこんなにも喧嘩を誘発してしまうのでしょう?

「普段のデートでは、『●●へ行く』という決まりきった楽しみがありますが、旅行になると『計画中・旅行中・行き帰り』の全てのシーンを楽しめるか、がカギです。

ですので、あるシーンにおいて、どちらかが身勝手な言動をしたり、任せっきりにしたりすると、いつものデートでは許せても、旅行という時間と体力のいるデートだからこそ、イライラしてしまうのです」(恋愛心理カウンセラー・根本裕幸さん)

女友達と旅行に行くなら宿泊するホテルにも気を付けよう!

軍配が上がるのは、紳士的な男性!
約70%の女性にとって、シティホテルに連れていく男性は好感度が高いと回答!
ラブホテルに罪悪感を感じていない男性は要注意!?

Q:(女性向)男性から誘われたのが、ラブホテルではなく「シティホテル」だったら好感度はアップしますか?

Q:(男性向)シティホテルなどではなく、ラブホテルに女性と行くことに、罪悪感を感じますか?

女性の約70%が、ラブホテルではなくシティホテルに連れて行ってくれる男性の好感度は高いと回答していますが、男性の約75%は、女性をラブホテルに連れていくことに罪悪感を感じていないことが判明しました。

逆に罪悪感を感じると回答した25%の男性にその理由を質問したところ、「目的がバレバレな感じだから」という回答が8割で、「いかにも感」がないように女性を誘えたらという思いがあることが分かりました。

このような繊細な女性の思いを汲み取ることのできる、紳士的な男性になることが、夜のデートを成功させる秘訣かもしれません。

関連記事はこちら

 - 恋愛

ページ
上部へ