時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

寝つきが悪いのはなぜ?赤ちゃんの沐浴の時間と夜泣きの関係

      2017/03/02

寝つきが悪いのはなぜ?赤ちゃんの沐浴の時間と夜泣きの関係

赤ちゃんは泣くものとはいえ、夜泣きが続くとお母さんの負担も大変なものになります。

沐浴の時間や方法を工夫して夜泣きを改善しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

双極性障害は薬が効かない?双極性障害のおける投薬治療の問題点

双極性障害で薬が効かない事が多いと言われています。 も...

アルコール依存症を改善するには?家族が見捨てるメリットとは

アルコール依存症はお酒を飲む人が陥ると抜け出すのに...

IH炊飯器の電磁波による危険性とうまく付き合う方法をご紹介

最近よく耳にする電磁波の影響ですが、IHの炊飯器の電磁波が強...

お腹が出てるのが気になる!硬いお腹の正体と対策方法

普段からお腹が出てることを気にしていますが、触って...

自転車の防犯登録が義務化されていることのメリットを解説

自転車を購入した時に必ず防犯登録を勧められますが、実際には義...

NHKの集金は夜中にも来るの?夜間に集金する理由とは

夜中に訪問者が来たと思ったらNHKの集金に来てびっくりした経...

年金は学生でも払う義務がある!未納を回避するための方法とは

年金は20歳以上になると支払い義務が発生しますが、学生でも当...

食後に左脇腹の痛みが強い場合は要注意!それは受診が必要かも!

左脇腹の痛みを食後に感じる事ありませんか? その内治ま...

咳が止まらない時はどうする?薬効かない時の対処法をご紹介

急に咳が出て止まらない時もありますが、薬を飲めば大抵は治って...

お茶の飲み過ぎは病気を招く!?取り入れると危険な”量”とは

お茶は本来体に良いもの。糖分のたっぷり含まれたジュースを飲む...

お腹のマッサージで”ヘンな音”が!?お腹の音の正体はコレ!

痩身効果を期待して、便秘解消、老廃物対策・・などの理由で、お...

タバコの匂い消しに役立つ方法とは?髪の匂いの消し方と対処法

タバコの匂いはすぐに髪や服についてしまいますが、タバコの匂い...

睡眠と音楽との関係とは?質の高い睡眠に効果的な音楽との関係性

質の高い睡眠と音楽とは関りがあり、非常に効果が高い...

親子関係を切るには?関係を断つ前に考えておくべきこととは

親子でもどうしても仲が悪くて縁を切りたいと思うこと...

看護学校に入学するには?社会人が合格するための勉強方法

社会人になってからも看護の仕事をしたい人にとって、...

タバコの副流煙による頭痛の原因と対処法をご紹介

タバコを吸うことによって本人には害があることは分か...

肺炎で入院した人のお見舞いをする時に知っておくべきルール

入院した人のお見舞いではいろいろ気をつけるべきことがあります...

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

スポンサーリンク


夜泣きの原因はこんなところにもある

赤ちゃんのお世話はお母さんにとっても初めての連続で、悩むことも多いと思います。

そんな中でも、困っている方が多いのは、赤ちゃんの寝つきの悪さではないでしょうか。

自分では良かれと思っていた行為や「こうしたら楽だから」と何気なくしていた行為が実は赤ちゃんの寝かしつけをダメにするお世話だった、ということがあります。

ダメなお世話で良くあることが、「赤ちゃんのお風呂をパパの担当」にしてしまうことです。

初めての育児にまだ慣れないママに中は、一人で赤ちゃんをお風呂に入れるのが怖いという方も多いかもしれません。

また、イクメンを目指し父親の積極的な育児参加が叫ばれている中、お風呂はパパが活躍できる場面のひとつです。

しかし、パパの仕事の帰りが遅い場合、パパの帰りを待つと赤ちゃんをお風呂に入れるのが深夜近くになってしまうということはありませんか?

実は、赤ちゃんを遅い時間にお風呂に入れることは寝つきを悪くする最悪の行為なのです。

赤ちゃんも一日のサイクルが大切

人間の持つ体内時計は、太陽の動きと密接に関係しています。

古代から、太陽が昇ったら起きて、沈んだら眠るというサイクルが一番人間には適しているのです。

つまり、日々朝早く起きて、夜は夜更かしせず眠るという暮らし方をきちんと続ければ自然と生活リズムが整ってくるはずです。

そして、もうひとつ生活リズムを整えるために大切なのが、毎日同じ時間に食事を摂る、お風呂に入る、散歩に行くなど規則正しい一日を心がけることです。

もちろん、赤ちゃんとの暮らしは予測できないことばかりで、毎日同じスケジュールで過ごすことは難しいと思います。

ですから、都合のつかない時は大体で構いません。

ママが一日のスケジュールをおおまかに決め、それを心がけながら過ごすことが大事なのです。

少しぐらいずれてしまったところで気にすることはありません。

ママがおおらかな気持ちを持ち、家族にも協力してもらいながら赤ちゃんの生活リズムを作るように過ごしてみましょう。

お風呂からあがってすぐには寝付けない

赤ちゃんの寝つきを良くするためには、お風呂に入れる時間も大切なポイントです。

お風呂と眠るまでの間隔が1時間に満たないようならば、お風呂の時間が遅すぎる可能性があります。

人間が良い眠りにつくためには体の中の体温が十分に下がる必要があります。

お風呂からあがってすぐでは熱いままでうまく寝つけないのです。

深部体温を下げるためには体の中に保たれている温度を外に逃がすことが必要です。

体の表面が温かくなると、その分内部の温度が下がり、表面から空気中に熱が逃げていくわけです。

入浴によって体の表面温度が高くなると、この熱の移動がうまくできず、体の中が熱いままとなってしまいます。

眠る前にこの状態になると、脳は睡眠に向けて深部体温を下げたいのに、体が熱くてそれができないというミスマッチが起きてしまいます。

体温とお風呂の関係を知り、赤ちゃんがうまく寝つけるよう、お風呂のタイミングや、温度を熱くなりすぎないように工夫してあげましょう。

お湯の温度は赤ちゃんに合わせて

お風呂の温度は赤ちゃんに合わせて少しぬるめに設定していると思いますが、最初につかるときの温度よりも、体を洗ってもう一度お湯につかる時の温度を1度ほど高めにしてあげてみるのもよいでしょう。

そうすることで、血液の循環が良くなり、眠りが深くなることも多いようです。

また、冬場などの寒い時期は少し長めにお湯につかってあげるのも深い眠りには効果的です。

ただし、気をつけなければならないのは、お風呂の時間を夜遅くにしてしまわないことです。

赤ちゃんの眠りのリズムからすると、眠る時間の2時間から30分前までにはお風呂からあがるようにしましょう。

細かい目安としては、よく汗をかいたり、暑がりの子では1〜2時間くらい、あまり汗をかかない寒がりの子では1時間〜30分前くらいがいいようです。

お風呂から上がった後は、少し明るさを落とした部屋で絵本を読んだり、歌をうたってあげたり、ゆったりとした時間を過ごすと赤ちゃんにとっても良いでしょう。

沐浴のときにするといいこと

赤ちゃんとのお風呂タイムにゆっくりとマッサージをすることも良い寝つきには効果的です。

マッサージをすることにより、新陳代謝を活発にし、消化や呼吸機能を高めるなど、体にとってさまざまな効果があるだけでなく、赤ちゃんとママとの良いコミュニケーションタイムになります。

やり方としては、赤ちゃんの肌にママの温めた手のひら全部を使って優しくマッサージする方法が一般的です。

おへそを中心におなかを時計回りにくるくるとやさしくマッサージしてあげたり、太ももとふくらはぎの部分を両手ですっぱり包み込みもみほぐしてあげましょう。

赤ちゃんはママとのスキンシップを通じて安心感を得られ、興奮が落ち着きリラックスできる効果があるため、お風呂のあとにマッサージを行うことで、夜泣きせず深い眠りにつくことができるでしょう。

夜泣きの原因は、実はよく分かっていませんが、暑かったり、寒かったりと温度が不快であったり、日中の刺激や興奮した出来事で夜中に夢を見ることではないかと言われますが、決定的なものはないようです。

関連記事はこちら

 - 育児・子育て

ページ
上部へ