時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

結婚式で新婦を感動させたい!手紙形式の友人代表スピーチ

      2017/02/25

結婚式で新婦を感動させたい!手紙形式の友人代表スピーチ

結婚式で友人代表スピーチを頼まれたけど、どうしていいかわからない、そんな経験はありませんか?

結婚をする友人に心を込めてスピーチをするなら手紙形式でするのがおすすめです。

今回は手紙形式の友人代表スピーチについてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

自然消滅で別れるのは嫌!彼氏を最低だと思った時の対処法

せっかく好きになって付き合ったのに、別れが近づいてきた時には...

子供の頭痛はどこが痛む?おでこが痛む原因と対処方法

子供が頭痛すると言われると親としてはドキッとします。頭痛とい...

幼馴染に彼氏ができた!嫉妬する心理と心を抑えるための方法

昔からよく一緒にいた幼馴染に彼氏ができてしまうと、なぜか彼氏...

派遣の仕事は楽過ぎる?仕事が暇な時にやっておきたい事

派遣の仕事はいろいろありますが、会社によっては楽な仕事をする...

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

スポンサーリンク


手紙形式の友人代表スピーチのメリット

最近は、結婚式の友人代表スピーチを手紙を読みあげる形で行うパターンが増えています。

特に、新婦側の友人に多く見られます。

この手紙形式でスピーチをすることの最大のメリットは 、不自然にならずに、ずっと原稿を見ながら堂々と読みあげることができる点でしょう。

暗記することに必死になりすぎて、気持ちを込められず棒読みになったり、突然頭が真っ白になって内容がとんでしまうなどの失敗が減るので、落ち着いてやり遂げることができます。

結婚式スピーチを初めて任された人は、特に安心できていいですね。

もう一つのメリットを挙げると、形としてお祝いの気持ちが残ることです。

スピーチが終わって、式の終了後などにそっと 新婦にプレゼントすることができます。

手紙は式の時の記憶をよみがえらせる素敵な贈り物となります。

晴れの席なので、手紙に使用する便箋と封筒は質の良いものを選ぶように心がけましょう。

新婦が好みそうだとしても、可愛いキャラクターものは避けましょう。

素っ気ない茶封筒などは問題外です。

きちんとした印象のものにしましょう。

実際にスピーチをする時に気をつけるポイントは、会場に向いて話すよりも、新婦あてなので少し体を新婦に向けて、語りかけるようにする点です。

会場に向いて話すより、新婦に向けて話す方が、緊張せずに済むのでいいと思います。

結婚式では手紙を読むと好感度も上がる

仲が良い友人であっても、手紙を書く機会は少ないもので、手紙には特別感があります。

結婚式という正式な場でのスピーチは大役です。

不慣れさと緊張感から、内容が覚えられずに口ごもったり、頭が真っ白になって話の途中で覚えていたことが吹っ飛び、たどたどしい出来になってしまうなど、スムーズにいかないこともあります。

また、間違えずに話すことに集中し過ぎて、気持ちを込められなかったという寂しい結果になることもあります。

途中で話すことが分からなくなった時に「カンペを見せてください」と言うよりも、始めから「手紙を読みます」と前置きして読む方が確実に好感度が上がります。

カンペだとどうしても変な間ができてしまって、聴く側が話の内容に集中できなくなってしまいます。

手紙は、読み手も気持ちを込めて読みやすく、しかも聴く側にとっても感情移入しやすいのです。

思いが伝わりやすい手段なので、大切な気持ちを伝える時にぴったりですね。

最後に手紙を高砂に持って行き手渡しでプレゼントすれば、会場のゲストから拍手喝采を浴びて、さらに好感度が上がるでしょう。

手紙の内容は友人に話しかけるように

手紙の内容については、話の繋がりや、まとまりに留意して 「スピーチ構成」に沿った原稿を作成します。

新婦の人柄が伝わるようにエピソードを色々と思い出して、しっかりと思いを馳せて考えるようにしましょう。

新婦に話しかけるようにということを意識することが大切です。

ただし、他のゲストの方々も聞いていますので、普段話すような口調はNGです。

あくまでも丁寧に改まった口調で話しましょう。

新婦の名前も普段の呼び方ではなく、さん付けで呼ぶようにします。

基本的には原稿の手紙を読む形になりますが、手元ばかり見ないで、時折新婦の顔に目線を向けて、伝えたい人の方を見ることも忘れないでください。

目線を向けることで、伝えたい思いを、よりはっきりと相手に届けることができます。

また、スピーチをしている時に感極まって、少し涙を流してしまうこともあるでしょう。

その場合は無理にこらえずに素直に見せてしまって大丈夫です。

それだけ新婦を思っているという証ですから、むしろ素敵な演出としてスピーチに華を添えてくれますよ。

会場のゲストにも感動が広がることでしょう。

手紙の最初は自己紹介と祝辞から

スピーチに入る際には、司会の方から紹介があります。

具体的には「新婦ご友人の○○様よりスピーチを頂戴しております。

それではよろしくお願いします。

」といったところでしょうか。

スピーチの冒頭はこの流れを受けて、自己紹介から入ります。

「ただいまご紹介に預かりました新婦の友人である○○と申します。

」 というのが基本的な自己紹介です。

自己紹介が長くなってしまうと印象が悪いので 、新婦との関係を簡潔に述べるシンプルなものにとどめます。

次に祝辞を述べます。

まずは、新郎新婦の名前を呼び「ご結婚おめでとうございます 。

」と二人へお祝いを述べて一礼します。

続けて「またご両家の皆様方におかれましても心よりお祝い申し上げます。

」 ここでまた一礼です。

さらにこのときは新郎側、新婦側の親族に礼をするのを忘れないようにしましょう。

新郎新婦やご両親が起立しているようであれば「どうぞご着席ください。

」と促します。

自己紹介と祝辞が終わったらいよいよ本題へ入っていくこととなります。

友人とのエピソードで人柄に触れる

結婚式の主役は何と言っても新郎新婦です。

そんな二人へのお祝いのスピーチですから、お祝いの気持ちを伝えるとともに、私の友人はこんな素敵な人ですとゲストに紹介してあげる役割も担っています。

その人柄が表れるようなエピソードを具体的に挙げると、思い出を振り返ることにもなり、スピーチに広がりが出るので好ましいですね。

次にプライベート編と仕事編のエピソード例を一つずつ参考に挙げていきます。

「○○さんはとても優しくて友人思いです。

私が失恋をして落ち込んでいた時、朝まで一緒にカラオケに付き合ってくれ、ずっと側にいて悲しい気持ちを共有してくれました。

あの一夜があったから、私は失恋の痛手から立ち直り、次の恋に進むことができました。

本当に感謝しています。


「○○先輩は責任感の強い人です。

私のミスで取引先に迷惑をかけてしまった時、先方に全て自分の責任だと頭を下げてくれました。

その背中を見て本当に心から涙が出ました。

それ以来、絶対に同じような失敗を繰り返さないという強い気持ちで仕事に取り組めるようになりました。

先輩のおかげで成長することができました。


このように、エピソードはどんな些細なことでも構いません。

スピーチをするあなたとの関係や絆を象徴するような思い出であることや、あなただからこそ知っていることを選んで話すのが大切なのです。

そんなエピソードを盛り込むことができたら、新郎新婦もやっぱりあなたにスピーチを頼んでよかったと思ってくれることでしょう。

関連記事はこちら

 - 結婚

ページ
上部へ