時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

ダイエットに重要なのは時間だった!朝ウォーキングの効果と注意点

      2017/03/04

ダイエットに重要なのは時間だった!朝ウォーキングの効果と注意点

最近、ダイエットや運動不足の解消のためにウォーキングを始める人が増えていますが、朝一番にウォーキングをすると驚きの効果があるって知ってましたか?

今回は朝ウォーキングの効果と注意点についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

スポンサーリンク


ウォーキングが選ばれる理由

ウォーキングは多くの人に選ばれている運動の一つです。

その理由は沢山ありますが、簡単に始められるのがウォーキングの魅力であります。

ウォーキングはただ歩くだけなので、お金がかかることがありませんし、激しい運動ではないので体への負担が少ないです。

また、時間や場所を選ぶこともないのでいつでも出来ますし、年齢や性別によってウォーキングが制限されることもありません。

わざわざお金を払って、決まった時間に特別な技術を使わないと出来ない運動とは違うのです。

このように、体一つあれば誰でも気軽に始められるのがウォーキングなのです。

その気になれば、通勤や買い物の途中のスキマ時間でも出来るのがウォーキングの強みであり特徴でもあります。

更に、ウォーキングをすることで体の調子を整えたり、有酸素運動をすることが出来ます。

その為、体に対して様々な有益な効果があります。

この手軽さと効果的な部分がウォーキングが多くの人に支持される理由となっています。

朝ウォーキングは嬉しい効果がいっぱい

朝早くに起きてウォーキングをするのはしんどいですよね。

眠気も感じますし、体も完全に目覚めていないので動かしにくいです。

しかし、実は早朝ウォーキングには体に嬉しい効果が沢山あります。

早朝にウォーキングを行うことで体内時計がリセットされます。

不規則な生活をした場合などは体内時計にズレが生じてしまいますが、そう言った悪いコンディションを整える効果が早朝ウォーキングにはあります。

また、人の体は日の光に反応するように出来ています。

その為、日の出の時間に近ければ近いほど、体内時計は正しく刻まれるようになります。

更に早朝ウォーキングをする時に汗をかくことで、体温を高めようとし、血液の流れが良くなるので、自律神経も調節されます。

これには新陳代謝を上げる効果があります。

新陳代謝を上げることで、痩せやすく太りにくい体を作りことが出来ますので、ウォーキングにはダイエット効果もあるのです。

精神的にも爽快な気分となり、ちょっと得した気分になりますね。

朝ウォーキングのデメリット

早朝ウォーキングには、爽快感があったり体調が整ったりなどのメリットが多くありますが、勿論デメリットもあります。

注意しないと怪我や事故に繋がりますので気をつけましょう。

体が思うように動かせない

起きたばかりだと、筋肉が硬直していたり、体温が低いことなどから、体が重く感じたり、思うように動かせなかったりします。

事故のリスクがUP

血糖値が低く、十分に頭が目覚めていないことから、ぼーっとしやすいため注意が散漫になりやすいです。

また、体が目覚めていないことと相まって、事故の可能性が高くなってしまいますので、より周りへの注意が必要となります。

十分なストレッチや糖分を補給することでこう言ったリスクを防ぐことが出来ます。

早寝早起きしないといけない

朝のウォーキングには『生活が規則正しくなる』というメリットの裏側に『早寝早起きの苦痛』というデメリットが存在します。

慣れてしまえば気にならなくなりますが、深夜テレビが好きであったり、深夜じゃないと出来ない趣味がある場合は精神的な苦痛を伴います。

以上のようなデメリットも存在しますので、自分が出来る範囲での早朝ウォーキングを実行するようにしましょう。

朝ウォーキングをする上での注意点

早朝ウォーキングは気持ちが良いものですが、しっかりと準備をした上で行わないとケガをしてしまう可能性がありますので、気をつけて行いましょう。

朝目が覚めるとすぐに着替えてウォーキングをしにいく人が多いと思います。

しかし、目が覚めているとしても、脳や体がしっかりと目覚めてはいないのです。

体を動かしにくかったりもするので、怪我防止のためにもストレッチなどのウォーミングアップをしてから歩き始めるようにしましょう。

また、低血糖時に運動をしてしまうと、めまいなどの体調不良に繋がります。

朝起きたばかりだと血糖値が低い状態にあるので、ウォーキングを始める前には消化の良いバナナやヨーグルトやスポーツドリンクなどの糖質を少量補給しておくと良いです。

そうすることで、血糖値が上がるので体調不調になることを防ぐことが出来ます。

糖質を摂ることばかりに気を取られて、ウォーキング前やウォーキング中の水分補給を忘れないようにしましょう。

朝ウォーキング後の朝食で効果アップ!

早朝のウォーキングをするだけでも体にとても良い効果がありますが、更にその効果を高めたい場合は、ウォーキング後の朝食がとても大事になります。

体が温まる朝食で体温を上げると、1日中代謝の高い状態を維持できるので、減量や美容にも効果的なのです。

朝食を食べる時のポイントはいくつかあります。

全てを取り入れるのは難しいと思うので、自分に合った食事方法を選びましょう。

ご飯やパンなどの穀類をしっかりと摂る

炭水化物はすぐにエネルギーへと変換されるので、体を温めてくれます。

朝食時には、しっかりと炭水化物を摂取しましょう。

ただし、油分が多い食べ物は体温の上昇を妨げてしまいます。

出来るだけ低脂肪の食事を心掛けましょう。

低脂肪のたんぱく質食品を食べる

魚や納豆、豆腐や卵などは低脂肪のたんぱく質食品となります。

たんぱく質は食事誘導性熱産生が高いので、体を温めてくれます。

どれも朝食に向いている食材なので、朝食に取り入れやすいと思います。

温かい野菜スープを飲む

ビタミン類が補給できる温かい食事は体を温めてくれます。

生姜やスパイスといった体を温める食品を活用すると更に効果的となります。

朝食を食べる時のポイントは以上になります。

朝食をしっかりと食べて、早朝ウォーキングで得られる効果を最大限活かすことが大切なのです。

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ