時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

片づけまで遊びになる!?幼稚園でできる新聞紙を使った遊び

      2017/03/23

片づけまで遊びになる!?幼稚園でできる新聞紙を使った遊び

元気いっぱいではしゃぎまわる子供たちも、新聞紙を工夫して使えば様々な遊びができるので夢中になって楽しむことができます。

今回は幼稚園でできる新聞紙を使った遊びをまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

スポンサーリンク


新聞紙をちぎって遊ぶ

新聞紙をただちぎるだけでも子供にとっては楽しいものです。

好きなだけビリビリするのはもちろん、ちぎることにテーマを与えたり、遊び方に広がりが出るように導いてあげましょう。

「せーの」の合図で、ちぎった新聞紙を一斉にかけあいっこすると、みんな大喜びで楽しんでくれることでしょう。

新聞紙が落ちてくる前に新聞紙の下に入って、隠れみの術などの忍者ごっこも始まるかもしれませんね。

誰が一番長くちぎれるか競争や、動物や乗り物など好きな形を見立ててちぎるというのも面白いです。

動物がたくさん作られれば、集めて動物園を作ったり、サメや亀や魚が作ったら、水族館の生き物ごっこもできますね。

そして最後は、破れないように二重にした袋に、ちぎった新聞紙を皆で詰め込んでいき、それをボールにして遊ぶのはいかがでしょうか?

自由にボール遊びしてもいいですが、教室で走ると危ないので、皆で内側を向いて輪になって、新聞紙ボールをキックしたり、投げ合ったりすると、走り回らずに遊べます。

新聞紙でテント作り

テントを作るために必要な物は、新聞紙とセロハンとホッチキスです。

どれもかなりたくさん用意しておいてください。

まず、新聞紙をくるくる丸めて、棒を作ります。

棒は強度は必要なので、二枚重ねて丸めてください。

長さが同じになるように角を直角に折って丸めて、最後はセロハンテープで止めます。

棒は少なくても30本は必要でしょう。

子供はセロハンテープで止めることが好きなので、どんどん作業してもらいましょう。

慣れるとあっと言う間に作れるようになります。

次に、棒3本を組み合わせて正三角形を作ります。

ホッチキスは少し危ないのと、強度を保つためになるべく三辺の長さが同じ方が良いので、ホッチキスは大人がやることをおすすめします。

ホッチキスを止めたら、その後はまた子供たちのセロハンテープの出番です。

ホッチキスで止めた部分をテープでぐるぐる巻にして、三角をたくさん作りましょう。

出来上がった三角を組み合わせて、テントを作ります。

組み合わせるときは、ホッチキスとセロハンテープで止めます。

結合部分はホッチキスの芯が出ないようにぐるぐるとテープが巻かれているか確認してあげてください。

新聞さがし

まず、1ページ広告などの見た目が分かりやすい新聞紙を人数分用意します。

リーダーを一人決めて、皆に新聞紙を一枚ずつ配ります。

それぞれ自分の新聞紙の特徴を、よく見て覚えます。

色や柄に注目すると覚えやすいので、なるべく覚えやすそうな広告などの多い新聞紙にしましょう。

リーダーは皆の新聞紙を回収して、裏向きに置いていきます。

人数が多い場合は、裏向きに置く係をリーダー以外にも手伝ってもらったほうが、テンポよく進みます。

「よーい、ドン!」の合図で、一斉に自分の新聞紙を探します。

早く自分の新聞紙を探した人の勝ちです。

早く取った順に並び、あらかじめ大人が誰がどの特徴の新聞紙かをメモしたチェックリストを持って、「ピンポン!」「残念!」などと言っても楽しいです。

間違えたら、持っていた新聞紙を裏返しに返して、また探しに行きます。

または、もっと簡単に見つけたら「あったー!」と手を挙げて、誰が早かったかだけでも楽しいです。

新聞紙ジャンケンゲーム

シンプルで楽しいのが、このゲームです。

まず、新聞紙を一枚広げてその上に立ちます。

そして、じゃんけんをして、負けた人は新聞紙を半分に折って、また乗ります。

何度もじゃんけんをしていくと、負けた分だけ新聞紙は小さくなり、乗っているのが難しくなります。

そこで、最後まで新聞紙の上に残れたお友達の勝利です。

両足から片足立ちになり、最後にはつま先立ちでヨロヨロしながらも、子供たちは落ちないように頑張るでしょう。

バランスの取り方を工夫したり、意外と体も使います。

勝負の仕方としては、一人対皆で一斉にじゃんけんするのも楽しいですが、子供達同士で遊ぶことを大切にするのも良いです。

子供達がそれぞれに一対一で勝負したり、トーナメント戦にして皆で応援しながら戦うのも楽しいです。

ヨロヨロとバランスを取りながら勝負する様子が、子供にとってもドキドキして楽しいようです。

大人たちも「がんばれ!がんばれ!」や、「うわぁー!おっとっと!」と、応援して盛り上げることもポイントです。

新聞紙を丸めて形作り

くしゃくしゃ丸めたり、ぎゅーっ握って固めたりして、色々な作品を作ってみましょう。

新聞紙をボールみたいに丸めて、両手の親指をてっぺんにぎゅっと押し込めば、りんごの出来上がりです。

絵の具で色を塗っても素敵ですね。

新聞紙をぐちゃぐちゃして、丸く重ねていき、テープでぐるぐる巻くと、少し固いしっかりした作品が出来ます。

絵の具ではなく、色紙に絵を描いたものを貼ると、一層素敵に仕上がります。

要らなくなったストッキングや靴下に新聞紙を詰めて目を付ければ、蛇の出来上がりです。

新聞紙をハンカチのように使って、バナナを作ったりすることもできます。

新聞紙を手でぎゅっと絞ったら、端を折り返して絞ってある部分を包んだら、皮もむけるバナナの完成です。

少し小さい玉を新聞紙をぎゅっとして作ったら、四角く破った新聞紙の上に乗せます。

玉を包んで、両端をくるくる巻けば、飴玉の出来上がりです。

少しの工夫で新聞紙はいろいろな物に形を変えます。

手軽に使える材料なので、惜しみなく使って、皆でちょっと工夫した作品を作ってみましょう!

関連記事はこちら

 - 育児・子育て

ページ
上部へ