時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

心に響く!スポーツ選手の感動する言葉

      2017/03/21

心に響く!スポーツ選手の感動する言葉

何かを達成することができた偉人たちの言葉は心に響き、私たちに感動を与えてくれます。

今回はスポーツ選手の感動する言葉についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったり...

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが...

電話が苦手な男は多い?彼に嫌がられないためにできること

恋人同士であれば頻繁な電話というのも珍しくはありません。しか...

「課題が終わらない!」休むのはあり?仮病を使う前に考えること

しまった、課題を忘れてた・・・締め切りの前日になると不思議と...

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生...

電話が苦手な女子必見!暇電を断りたい時の上手い理由とは

女子の電話はとても長く、恋愛や日常のなんでもないような出来事...

手の震えの原因は?50代に多い手の震えの要因と対策

年齢を重ねると体にはいろいろな症状が出ることもあり...

通っている学校を辞めたい。両親に響く説得の仕方とは

高校や大学を辞めたいと考えている時、一番のネックと...

マンション管理会社へ苦情の連絡をする時のポイントはコレ!

マンションで住んでいると他の住人に対する苦情もあれ...

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする...

公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ!

公務員の試験を受けることを決意した時から、必死に勉...

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去...

一人でスナック経営を成功させるためのポイント教えます

スナックを一人で経営していくことになったら、成功させるために...

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、し...

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎ...

部活の友達や仲間と対立!部活が嫌いになりそうな時の対処方法

中学・高校生、そして大学生の一部の人にとって、学校の部活動は...

過呼吸になった時に救急車を呼ぶ前にできる事はコレ!

過呼吸になると自分で思うように呼吸ができなくなるので、軽いパ...

妹の妊娠報告で素直に喜べない時の心理と気持ちの切り替え方

妹から妊娠報告を受けた時には素直に喜ぶ自分と、先を越されてし...

スポンサーリンク


感動とは

「感動」

これは普段からかなり使う単語だと思います。

何気なく使っているこの単語ですが、本来の意味を辞書を参考にひも解いてみましょう。

広辞苑の解釈はこうです。

「ある物事に感じて深く心を動かすこと」です。

また、近い意味の言葉である感激・感銘の程度を越えた表現となっています。

感激・感銘が一時的な心の揺らぎだとするなら、感動はそれを越える人生に影響を与える衝撃ともいえるでしょう。

したがって、「感動」は一時的な素晴らしい経験、あるいは体験というだけではなく、その後の自分自身あるいはその周囲に影響を与え続けるものと解釈できます。

興味あることはその感動が大きくなり、逆に興味ないものに対しては感動とまではいかないかもしれません。

例えばナイアガラの滝を見たとき、興味があり初めて見た人は、自然の美しさに感動を覚えるでしょう。

しかし、2度目以上の人や写真で見てきた人、興味がない人にとってはどうでしょう。

「写真と同じだ」「来るほどでもなかった」などという反応を示すかもしれません。

野茂秀雄(野球)

スポーツ選手の言葉にも、人々を感動させる言葉が多く存在します。

初めに、元メジャーリーガーの野茂秀雄さんの言葉をご紹介します。

「グラウンドの一番高いところに立って、観客の視線と期待を一 身に浴び、その中で相手打線に戦いを挑んでいく孤高の存在。

打たれれば、ただひとりグラウンドを去っていかなければならな い代わりに、抑えた時にはチームメイトからの信頼と尊敬と、観客 からの賞賛を独り占めできる存在。

それがピッチャーというものな んだと思います」
この言葉は、野球に一切の理解が無いとしっくりとは来ないかもしれません。

ピッチャーというポジションは、マウンドという山の様な場所から、バッターに向かってボールを投げます。

その場を「グラウンドの一番高いところ」と表現し、ピッチャーという役職のやりがいを表現されています。

私もピッチャーを経験したことが有りますが、打たれてやまないときは試合を壊してしまいます。

したがって、打たれるピッチャーはすぐに交代されてしまいます。

野球をやっていてピッチャーをやっている人は分かると思います。

行き詰ったときに感動を与えてくれる言葉でしょう。

吉田秀彦(柔道)

次に柔道家・吉田秀彦さんの言葉です。

「最初はただの物真似でも、何度も繰り返すうちに、自分の形になっていくものです」
吉田秀彦さんと言えば、強い柔道家というイメージですが、何のスポーツに関しても初めから強い人など存在しません。

それぞれ誰かを目標として、それらを真似しているのです。

吉田さんも目標とする選手の試合をVTRで確認し、なされる技やその方法を研究し、自分のものとして体得したと言われています。

日頃意識しないことなので、大人になると忘れがちですが「物真似をする」ということは人間の本能的活動です。

つい忘れてしまった当たり前の事に気付かせてくれる名言ですね。

何事も初めから何でもできる人などいません。

会社や部活でもそうです。

スポーツの上手い人や会社の上司をよく観察して、まねるべきことはきっちり物真似しましょう。

物真似して、それが自分なりにアレンジし、自分のものと出来るよう努力することが大切なのですね。

入江陵介(水泳)

続いて、水泳の入江陵介さんの感動する言葉です。

「同じ悩みを抱えている人はいない。

もちろん相談したりはするけど、人の気持ちを完全に理解できるということはない。

人の気持ちを理解できるというのは、結果として上から見ちゃっている。

100人いたら100人が同じ悩みを抱えていることはないし、解決策は自分で見つけるしかない。

僕はそういう考えを持っている」
これまた、あたりまえなことですが、大変大切なことを思い出させてくれます。

人はよく「Aと私は互いに理解しあっている」「あの子のことは一番自分が分かっている」などという言葉を口にします。

しかし、これは非常に相手を下に見た言葉だということです。

また、ここで注目したいのは、相談したり話したりすることを完全否定しているわけでないということです。

ただ、その最終決定権は自分自身にあるということを忘れずに行きましょう。

そのことが悩みの解決につながり、周りに流されない自分づくりの第一歩となるでしょう。

マイケル・ジョーダン(バスケ)

最後に、バスケットボール選手のマイケル・ジョーダンさんです。

「人生で何かを達成したいと思うときは、 積極的かつ、攻撃的に ならなければならないと僕は自覚している。

目標を決めたら、 それに向かってひたすら努力するだけだ。

何かを達成しようとする場合、 受身の姿勢では絶対に達成することは できないと確信している」
マイケル・ジョーダンさんはバスケットボールをやる人をはじめ、あらゆる人が知っている有名人の一人でしょう。

達成したい目標を決め、積極的に行動することの大切さを教えてくれます。

マイケル・ジョーダンさん自身も世界的プレイヤーになるまでの道のりは間違えなく苦しかったことでしょう。

けれども、めげずに果敢に挑戦し続けた結果、知らない人のいない名プレイヤーを生み出したのです。

スポーツでなくとも、勉強でも恋愛でも考え方は同じです。

ひたすらに努力して、ただ前だけを見て積極的に挑戦する事が目標達成に繋がるでしょう。

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ