時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

失敗しない!初デートの時の食事の服装

      2017/03/06

失敗しない!初デートの時の食事の服装

初デートの時には、色々なことが気になります。

デートプランや服装、ヘアスタイルなど、気になりだしたら止まりません。

少しでも彼氏に良い印象を持ってもらうためにも失敗は許されないのです。

男性が喜ぶ服装とはどんなファッションなのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

自然消滅で別れるのは嫌!彼氏を最低だと思った時の対処法

せっかく好きになって付き合ったのに、別れが近づいてきた時には...

子供の頭痛はどこが痛む?おでこが痛む原因と対処方法

子供が頭痛すると言われると親としてはドキッとします。頭痛とい...

幼馴染に彼氏ができた!嫉妬する心理と心を抑えるための方法

昔からよく一緒にいた幼馴染に彼氏ができてしまうと、なぜか彼氏...

派遣の仕事は楽過ぎる?仕事が暇な時にやっておきたい事

派遣の仕事はいろいろありますが、会社によっては楽な仕事をする...

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

スポンサーリンク


初デートの時の服装について

足を出すような服装

世の男性がニーハイソックスとショートパンツの間を「絶対領域」と呼ぶように、多くの男性は女性の足が大好物。

よくミニスカートだったり足を出したファッションの女性をちらちら見る男性って結構いますよね。

自然と視界に足が入ってくるような服装であるスカートやショートパンツは男性により女性として意識させる効果があります。

レギンスやタイツをはいて足を隠してしまうよりも「絶対領域」のようにお肌が少し見えるくらいの方が男性は好きみたいです。

ワンピース

ワンピースは一番女性らしさをアピールできる服装ではないでしょうか。

中には白くて丈の長い定番のワンピースがとにかく好きという男性も珍しくはありません。

清楚さの中に女性特有の色っぽさも兼ね備えているので、合コンや街コンファッションの定番の服装ともいわれています。

確かに一枚着ているだけでぐっと女性らしさもアップしますし、服装に悩んだらぜひ試してみましょう。

食事デートの際の服装

一つのモテる手段として、異性受けのファッションを考えることはとても有効な方法です。

しかし男受けするファッションと女性が良いと思っているファッションとは多少誤差があるものなので注意してください。

「女性の可愛い」と「男性の可愛い」を理解しておかないと、せっかく悩んで決めたファッションも男性からダメ出しをされてしまうかもしれません。

「とりあえず肌を出しとけば良いんじゃないの?」確かに視線は奪えそうですが、決してそんな安易なことではありませんよ。

寒い時期のファッションは特に女性らしさをアピールできるチャンスでもあり、もこもこのニットや、ほわほわしたあったかそうな小物など、グッと来るという男性は多いようです。

ただのマフラーでぐるぐる巻きの状態でさえ可愛く見えることもあるみたいですよ。

男性は妄想のたくましい生き物。

女性らしい服装から抱きしめた時の柔らかそうな感触や、いい匂いがしそうだなぁという想像を働かせます。

初デートでの服装の定番

初デートの服装は特に清潔感を重視しましょう。

清潔感のある格好と聞いてパッと頭に浮かばない時は、まず手持ちの中から白っぽい洋服をすべて出して並べてみてください。

その中からコーディネートを決めていくと、さわやかさや清潔感のある格好に近づけることができます。

白い服でコーディネートを組む理由ですが、白色は色彩心理で清潔や優しさなどを表す色と言われているためです。

柔らかいイメージといえば暖色系ですが、白にも似たような効果があるんですね。

つまり白い服を着た女性に対して、男性は好印象を持ちやすくなるということでもあります。

一方で白と正反対の黒色は、着やせ効果などの視覚的な引き締め効果は期待できますが、重みを感じやすく孤独を表す色でもあるために、とっつきづらい・なかなか心を開いてくれない人といった印象がついてしまう可能性も高くなってしまいます。

気合いをいる初デートの服装ですが、一番大切なのはやはり、どのようなコーディネートでもどこかに自分らしさを取り入れることです。

流行の服を上から下までそっくり真似れば失敗はないかもしれませんが、個性のないありきたりな人、と思われるのも問題ですよね。

初デートでのNGファッション

おすすめの服装があるように、デートで気をつけるべき着こなしもあります。

「変だと思われないかな・・・」と心配になる気持ちはわかりますが、保守的な考えになりすぎるのも考えものです。デートでやっちゃいけない服装第1位は「ジミな色でまとめたコーディネート」

若さ溢れるキラキラ感がない、年齢より年上に感じさせてしまう、ファッションに冒険がない、そういった意見があるようです。

アースカラーなど落ち着いて主張しすぎないカラーの服装が多く売られてはいますが、特にベージュ系の色でまとめられたコーディネートには注意が必要です。

女性らしくない=老けたと感じる男性が多いので、どこかワンポイントでも華やかカラーをプラスしてみてはいかがでしょうか。

そんな地味色に次ぐ第2位は「アニマル柄 」

派手なヒョウ柄やゼブラ柄は若さアピールかと思いきや、アニマル柄は柄自体がおばさんっぽくてNG!、柄が目立つ服装の人は老けたと思う、大阪のおばさんが着ているイメージ、といった意見が多数寄せられました。

異性と久しぶりに会う場面では、着ていかない方が無難だと言えるのかもしれませんね。

初デートで男性が喜ぶファッションとは?

人によってはスカートよりもズボンが似合う女性っていますよね。

そんな人はズボンでいってもいいですが、男性としてはやはり女性のスカート姿が見たいもの。

スカートに女性らしさを感じますし、テンションもあがります。

ズボンを履いていると、もしかして自分は恋愛対象にみられてない?

と思ってしまう男性もいるということを知っておいてください。

また男性は女性の足が好きなものであり、なかでもミニスカートやショートパンツから覗いている生足がたまらない!という人も少なくありません。

そんな視線が嫌ではなく、なおかつ足に自信があれば是非履いてみてもいいのではないでしょうか。

ただし足を出しすぎると下品に思えて嫌がる男性もいるので見極めは慎重に。

もしそんな自信がなかったとしても、がりがりよりはムチムチした足が好きだという男性もいます。

ロングブーツを活用したりと、そこまで足を出さずに済むファッションを研究してみてください。

あざとすぎない、工夫をした足見せをしてみるのもテクニックのひとつですよ。

ただし、下着が見えるほどのミニスカートなどはやりすぎかも。

注意しましょう

関連記事はこちら

 - 恋愛

ページ
上部へ