時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

皮膚が乾燥した時にでる赤いブツブツの原因と対策

      2017/02/23

皮膚が乾燥した時にでる赤いブツブツの原因と対策

秋から春先にかけての空気が乾燥する季節に皮膚にできる赤いブツブツ。

我慢できない痒みを未然に防止するために原因と対策を紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

給料が振り込まれてない!?退職後の給料に関する問題やその解決策

給料日というのは、働いた以上毎月決まった日にかならやってくる...

自然消滅で別れるのは嫌!彼氏を最低だと思った時の対処法

せっかく好きになって付き合ったのに、別れが近づいてきた時には...

子供の頭痛はどこが痛む?おでこが痛む原因と対処方法

子供が頭痛すると言われると親としてはドキッとします。頭痛とい...

幼馴染に彼氏ができた!嫉妬する心理と心を抑えるための方法

昔からよく一緒にいた幼馴染に彼氏ができてしまうと、なぜか彼氏...

派遣の仕事は楽過ぎる?仕事が暇な時にやっておきたい事

派遣の仕事はいろいろありますが、会社によっては楽な仕事をする...

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

スポンサーリンク


皮膚が乾燥すると痒くなる

冬場は乾燥して肌がかゆくなることがよくありますよね。

乾燥しているだけだから仕方ないとそのままにしておく人も多いのではないでしょうか。

放置していると、粉ふき芋のように粉をふいていたり、掻きすぎてボツボツと湿疹ができていたりすることもあるでしょう。

乾燥によって掻くと湿疹ができてしまう原因になるのです。

なので乾燥を放置していると、乾燥性の湿疹や皮膚炎にまで進行し、薬を使って治療しなければならなくなってしまうこともあります。

乾燥性湿疹や皮膚炎にならないためには保湿をして、かゆくならないようにすることが重要なのです。

冬は厚着をするので夏に比べて肌を外に出すことは少ないですよね。

ですが、実際に乾燥の症状が出やすいのは服で覆われているすねや、背中なのです。

実は露出の少ない部分が乾燥してしまいます。

これはなぜかというと、すねなどは皮脂が少ないからなのです。

すねでは靴下が下がりやすいなんていう時はもう乾燥しているので、保湿が必要になります。

また、顔も目元や口元が乾燥することがありますが、この状態をそのままにしておくと、しわの原因になったり、たるみやすくなってしまうので注意が必要です。

乾燥と痒みが皮膚にダメージを与えてしまう

乾燥するとかゆくなるのはどうしてなのでしょうか。

皮膚には通常水分が保たれており、外からの刺激から肌を守るためのバリア機能が働いています。

しかし、乾燥すると皮膚から水分が蒸散されてしまい、バリア機能が働かなくなり、外からの刺激を感じやすくなってしまいます。

なので、ちょっとした刺激でもかゆみを感じ、掻くとまたバリア機能が壊されてかゆくなるということを繰り返してしまう人も多いのです。

また、年齢とともに皮膚の潤いを保つための皮脂、天然保湿因子、角質細胞間脂質の3つの物質が少なくなっていき、さらに乾燥しやすい状態になります。

それに加え、新陳代謝も低下するので皮膚が入れ替わる期間が長くなり、乾燥している角質が、新しい角質と入れ替われず皮膚にとどまってしまいます。

厚い乾燥した角質は剥がれやすいので、亀裂が入った皮膚からアレルゲンが入りやすく、炎症を起こし、またかゆくなります。

掻くことを繰り返すとさらに皮膚のバリア機能が壊され、刺激を受けやすくなりと、負のループに陥ってしまうのです。

乾燥すると皮膚炎による湿疹がでる

普段、皮膚が乾燥しているなと思っても、いつものことだからと放置している人も多いでしょう。

そこで保湿などのケアをしていればいいのですが、放置したまま乾燥した状態が続いていると湿疹ができてしまいます。

これは乾皮症や皮脂欠乏性湿疹といった疾患で、皮膚を守っているバリアが機能しなくなり、角質がはがれ落ちている状態が生じています。

原因は乾燥してかゆみが出たときに描いてしまうからです。

主な症状は皮膚を触ると粉をふいていて、カサカサとしている、乾燥から皮膚に亀裂が入り、痛かったりかゆかったりするといったものがあげられます。

乾皮症や皮脂欠乏性湿疹は皮膚の潤いが少なくなってくる高齢者によく見られますが、最近のデータをみると、若い人でもこの疾患になる人が増えているようです。

また、バリア機能が働かなくなった皮膚は湿疹ができやすいだけでなく、細菌に感染してしまうリスクもあるのです。

なぜかというと、普段、皮膚のpHは酸性なのですが、バリア機能が働かなくなることによってアルカリ性に近くなり、細菌が繁殖しやすい状態になるからなのです。

日常生活でできる乾燥対策

皮膚が乾燥してしまうと色々なリスクが出てきてしまうので、皮膚の乾燥対策も考えなくてはなりません。

皮膚が乾燥せずに健康になれば、外からの刺激を受けにくくなり、かゆくなるということもなくなりますよね。

まずは皮膚が乾燥する要因の一つになる生活習慣の改善から始めてみましょう。

少し生活習慣を改善すると、血行もよくなり、新陳代謝も活発になります。

健康な皮膚を保つためには成長ホルモンの分泌が必要で、成長ホルモンの分泌には寝始めてからの3時間を深い眠りにすることが重要になります。

それでは深い眠りをつくるための方法をご紹介します。

・寝る前に血糖値が上がらないようにすること。

・布団に入る1時間前は脳を覚醒させてしまうような携帯やテレビなどを見ないこと。

・寝る前は体を温め、体温を上げておくこと。

こうすることで深い眠りにつくことができると言われています。

ただ、3つ目の体を温めるに関しては、入浴をするといいのではと思う人もいるでしょう。

もちろん入浴は血行が良くなるので肌にもいいのですが、
お湯につかりすぎてしまうと肌の潤いを保つ物質が流れてしまい、逆に肌に負担をかけてしまう場合もあるので注意が必要です。

また体を温めすぎてしまうと潤いが流れ出てしまった皮膚がかゆくなってしまうこともありますので、お風呂に長くつかりすぎてしまうのは禁物です。

皮膚を乾燥から守るスキンケアと食事

お風呂から上がった後のスキンケアの仕方も重要です。

顔に化粧水をつける場合は必ず手でつけ、こすらないように気を付けましょう。

こすると角質に傷がついてしまったり、炎症することによってシミができてしまう可能性もあります。

なので、化粧水をつける時はよく肌に浸透するように手で押さえ込むようにしましょう。

また体にクリームを塗る時には、皮膚が乾ききっていない状態で塗ることがおすすめです。

皮膚が湿っている状態で塗ることにより、皮膚の中にある水分が蒸散されるの抑えることができます。

またスキンケアだけでなく、体の中からも潤いを保てるようにするといいでしょう。

それには質の高い油分を食事からとります。

例えば森のバターといわれるアボカドを食べたり、炒め油にオリーブオイルを使うといったように普段から質の高い油分を料理に使い、摂取するようにすると体の内側からも潤いますね。

日頃のケアや生活習慣を見直し、湿疹ができないよう皮膚の乾燥を防ぎ、健康な肌を保ちましょう。

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ