時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

皮膚が乾燥した時にでる赤いブツブツの原因と対策

      2017/02/23

皮膚が乾燥した時にでる赤いブツブツの原因と対策

秋から春先にかけての空気が乾燥する季節に皮膚にできる赤いブツブツ。

我慢できない痒みを未然に防止するために原因と対策を紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

双極性障害は薬が効かない?双極性障害のおける投薬治療の問題点

双極性障害で薬が効かない事が多いと言われています。 も...

アルコール依存症を改善するには?家族が見捨てるメリットとは

アルコール依存症はお酒を飲む人が陥ると抜け出すのに...

IH炊飯器の電磁波による危険性とうまく付き合う方法をご紹介

最近よく耳にする電磁波の影響ですが、IHの炊飯器の電磁波が強...

お腹が出てるのが気になる!硬いお腹の正体と対策方法

普段からお腹が出てることを気にしていますが、触って...

自転車の防犯登録が義務化されていることのメリットを解説

自転車を購入した時に必ず防犯登録を勧められますが、実際には義...

NHKの集金は夜中にも来るの?夜間に集金する理由とは

夜中に訪問者が来たと思ったらNHKの集金に来てびっくりした経...

年金は学生でも払う義務がある!未納を回避するための方法とは

年金は20歳以上になると支払い義務が発生しますが、学生でも当...

食後に左脇腹の痛みが強い場合は要注意!それは受診が必要かも!

左脇腹の痛みを食後に感じる事ありませんか? その内治ま...

咳が止まらない時はどうする?薬効かない時の対処法をご紹介

急に咳が出て止まらない時もありますが、薬を飲めば大抵は治って...

お茶の飲み過ぎは病気を招く!?取り入れると危険な”量”とは

お茶は本来体に良いもの。糖分のたっぷり含まれたジュースを飲む...

お腹のマッサージで”ヘンな音”が!?お腹の音の正体はコレ!

痩身効果を期待して、便秘解消、老廃物対策・・などの理由で、お...

タバコの匂い消しに役立つ方法とは?髪の匂いの消し方と対処法

タバコの匂いはすぐに髪や服についてしまいますが、タバコの匂い...

睡眠と音楽との関係とは?質の高い睡眠に効果的な音楽との関係性

質の高い睡眠と音楽とは関りがあり、非常に効果が高い...

親子関係を切るには?関係を断つ前に考えておくべきこととは

親子でもどうしても仲が悪くて縁を切りたいと思うこと...

看護学校に入学するには?社会人が合格するための勉強方法

社会人になってからも看護の仕事をしたい人にとって、...

タバコの副流煙による頭痛の原因と対処法をご紹介

タバコを吸うことによって本人には害があることは分か...

肺炎で入院した人のお見舞いをする時に知っておくべきルール

入院した人のお見舞いではいろいろ気をつけるべきことがあります...

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

スポンサーリンク


皮膚が乾燥すると痒くなる

冬場は乾燥して肌がかゆくなることがよくありますよね。

乾燥しているだけだから仕方ないとそのままにしておく人も多いのではないでしょうか。

放置していると、粉ふき芋のように粉をふいていたり、掻きすぎてボツボツと湿疹ができていたりすることもあるでしょう。

乾燥によって掻くと湿疹ができてしまう原因になるのです。

なので乾燥を放置していると、乾燥性の湿疹や皮膚炎にまで進行し、薬を使って治療しなければならなくなってしまうこともあります。

乾燥性湿疹や皮膚炎にならないためには保湿をして、かゆくならないようにすることが重要なのです。

冬は厚着をするので夏に比べて肌を外に出すことは少ないですよね。

ですが、実際に乾燥の症状が出やすいのは服で覆われているすねや、背中なのです。

実は露出の少ない部分が乾燥してしまいます。

これはなぜかというと、すねなどは皮脂が少ないからなのです。

すねでは靴下が下がりやすいなんていう時はもう乾燥しているので、保湿が必要になります。

また、顔も目元や口元が乾燥することがありますが、この状態をそのままにしておくと、しわの原因になったり、たるみやすくなってしまうので注意が必要です。

乾燥と痒みが皮膚にダメージを与えてしまう

乾燥するとかゆくなるのはどうしてなのでしょうか。

皮膚には通常水分が保たれており、外からの刺激から肌を守るためのバリア機能が働いています。

しかし、乾燥すると皮膚から水分が蒸散されてしまい、バリア機能が働かなくなり、外からの刺激を感じやすくなってしまいます。

なので、ちょっとした刺激でもかゆみを感じ、掻くとまたバリア機能が壊されてかゆくなるということを繰り返してしまう人も多いのです。

また、年齢とともに皮膚の潤いを保つための皮脂、天然保湿因子、角質細胞間脂質の3つの物質が少なくなっていき、さらに乾燥しやすい状態になります。

それに加え、新陳代謝も低下するので皮膚が入れ替わる期間が長くなり、乾燥している角質が、新しい角質と入れ替われず皮膚にとどまってしまいます。

厚い乾燥した角質は剥がれやすいので、亀裂が入った皮膚からアレルゲンが入りやすく、炎症を起こし、またかゆくなります。

掻くことを繰り返すとさらに皮膚のバリア機能が壊され、刺激を受けやすくなりと、負のループに陥ってしまうのです。

乾燥すると皮膚炎による湿疹がでる

普段、皮膚が乾燥しているなと思っても、いつものことだからと放置している人も多いでしょう。

そこで保湿などのケアをしていればいいのですが、放置したまま乾燥した状態が続いていると湿疹ができてしまいます。

これは乾皮症や皮脂欠乏性湿疹といった疾患で、皮膚を守っているバリアが機能しなくなり、角質がはがれ落ちている状態が生じています。

原因は乾燥してかゆみが出たときに描いてしまうからです。

主な症状は皮膚を触ると粉をふいていて、カサカサとしている、乾燥から皮膚に亀裂が入り、痛かったりかゆかったりするといったものがあげられます。

乾皮症や皮脂欠乏性湿疹は皮膚の潤いが少なくなってくる高齢者によく見られますが、最近のデータをみると、若い人でもこの疾患になる人が増えているようです。

また、バリア機能が働かなくなった皮膚は湿疹ができやすいだけでなく、細菌に感染してしまうリスクもあるのです。

なぜかというと、普段、皮膚のpHは酸性なのですが、バリア機能が働かなくなることによってアルカリ性に近くなり、細菌が繁殖しやすい状態になるからなのです。

日常生活でできる乾燥対策

皮膚が乾燥してしまうと色々なリスクが出てきてしまうので、皮膚の乾燥対策も考えなくてはなりません。

皮膚が乾燥せずに健康になれば、外からの刺激を受けにくくなり、かゆくなるということもなくなりますよね。

まずは皮膚が乾燥する要因の一つになる生活習慣の改善から始めてみましょう。

少し生活習慣を改善すると、血行もよくなり、新陳代謝も活発になります。

健康な皮膚を保つためには成長ホルモンの分泌が必要で、成長ホルモンの分泌には寝始めてからの3時間を深い眠りにすることが重要になります。

それでは深い眠りをつくるための方法をご紹介します。

・寝る前に血糖値が上がらないようにすること。

・布団に入る1時間前は脳を覚醒させてしまうような携帯やテレビなどを見ないこと。

・寝る前は体を温め、体温を上げておくこと。

こうすることで深い眠りにつくことができると言われています。

ただ、3つ目の体を温めるに関しては、入浴をするといいのではと思う人もいるでしょう。

もちろん入浴は血行が良くなるので肌にもいいのですが、
お湯につかりすぎてしまうと肌の潤いを保つ物質が流れてしまい、逆に肌に負担をかけてしまう場合もあるので注意が必要です。

また体を温めすぎてしまうと潤いが流れ出てしまった皮膚がかゆくなってしまうこともありますので、お風呂に長くつかりすぎてしまうのは禁物です。

皮膚を乾燥から守るスキンケアと食事

お風呂から上がった後のスキンケアの仕方も重要です。

顔に化粧水をつける場合は必ず手でつけ、こすらないように気を付けましょう。

こすると角質に傷がついてしまったり、炎症することによってシミができてしまう可能性もあります。

なので、化粧水をつける時はよく肌に浸透するように手で押さえ込むようにしましょう。

また体にクリームを塗る時には、皮膚が乾ききっていない状態で塗ることがおすすめです。

皮膚が湿っている状態で塗ることにより、皮膚の中にある水分が蒸散されるの抑えることができます。

またスキンケアだけでなく、体の中からも潤いを保てるようにするといいでしょう。

それには質の高い油分を食事からとります。

例えば森のバターといわれるアボカドを食べたり、炒め油にオリーブオイルを使うといったように普段から質の高い油分を料理に使い、摂取するようにすると体の内側からも潤いますね。

日頃のケアや生活習慣を見直し、湿疹ができないよう皮膚の乾燥を防ぎ、健康な肌を保ちましょう。

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ