時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

女性のイライラは病気の兆候?原因や対処法のまとめ

      2017/03/21

女性のイライラは病気の兆候?原因や対処法のまとめ

女性は、突然イライラしたり、男性には理解できない部分が多くあります。

しかし、そのイライラにもちゃんと理由があるのです。

女性のイライラの理由を理解してあげて、少しでも女性の助けになってあげてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

スポンサーリンク


女性のイライラは病気?

女性ホルモンのバランスの変化が原因!!

月経前症候群…女性の中には、生理によって下腹痛、頭痛、腰痛、肩こり、便秘、貧血などの症状により体調不良を起こす方も多いでしょう。

また、生理中に肌荒れを起こしたり、憂鬱な気分に陥ることもあるでしょう。

そして、特に原因も見当たらないのに、イライラしやすくなったり、意味もなく泣きたくなったり、周りの人に攻撃的になったりします。

最近では、PMSという単語を耳にすることが多くなりました。

これは、月経前症候群というものです。

月経前症候群とは、月経が始まる1週間〜2週間くらい前から起こり、月経が始まると徐々に消えていく症状のことを指します。

「自分は周りの人を傷つけてばかり・・・」「感情をコントロールできない」。

など、PMSを経験した女性は、こんな風に悩んでいることが少なくありません。

症状がひどい人の中には、感情が抑えられなくなり、職場を辞めざるを得なかったり、恋人と別れてしまうケースも中にはあります。

PMSを正しく理解しておくと周囲とのトラブルなどを避けられるかもしれません。

女性のイライラの原因

実は、女性のおよそ80%にPMSは起こると言われています!

ただ、PMSの原因はまだ、はっきりとは解明されていません。

最近の研究では、PMSが起こるときは「エストロゲン」と「プロゲステロン」というふたつの女性ホルモンのバランスが崩れている、という意見が有力という説があります。

このふたつのホルモンについて解説すると、ひとつ目のホルモン「エストロゲン」は、排卵の準備をおこなう役割をもっているホルモン。そして、ふたつ目のホルモン「プロゲステロン」は、妊娠を助ける役割があるホルモンです。

女性にとってすごく重要な役割を果たしているこのふたつの働きもののホルモンは、生理が始まる1週間〜2週間前の時期に分泌量が変わります。

その分泌量の変化がPMSの症状につながっているのでは?といわれているんです。

いずれにしても、『妊娠・出産回数が少ない現代女性は、毎月ごとにホルモン変動の波にさらされている』というのは事実で、それがPMSの発症に影響していることは間違いないようです。

女性のイライラの対処法

PMSは空腹時の血糖値が下がってイライラが起こりやすくなります。

これを防ぐためにおやつを食べて低血糖の状態を緩和します。

糖質の多いものは急激に血糖値が上昇し、急激に下がるので余計イライラがおこります。

おやつを食べる時は、糖質の少ないナッツや果物などを選びましょう。

食事をする際には、野菜から先に食べることによって血糖値の上昇と加工を穏やかにすることができます。

バランスの取れた食事をとるように心がけ、女性ホルモンを整える『イソフラボン』を含んだ大豆製品(納豆、豆乳、豆腐等…)や、イライラ等を和らげるビタミンB6、カルシウム、マグネシウム等を摂取することをお勧めします。

「適度な有酸素運動で、PMSの症状は改善される」というデータもあります。

軽いウォーキングやじょぎんどなどは、イライラ解消に効果があります。

外に出たくないという方は、部屋の中でヨガやストレッチをするだけでも◎。

血行が良くなることで生理前のイライラも解消されます。

強いストレスは、PMSの症状を悪化させる原因になります。

寝る前にはゆっくりとリラックスできるような、お気に入りの音楽やアロマオイルの香りで癒されましょう♪

女性のイライラの原因PMSとは

女性特有の生理日前のホルモンバランスによる、いわゆる不定愁訴、月経付近に起こりがちなイライラとか気分の落ち込みなどを訴える女性は多いですが、多くの女性が程度の差こそあれこのような症状の経験者であることは確かです。

このような生理日前特有の身体的・精神的症状を月経前症候群(PMS)と言われています。

PMSに苦しめられている人の一番の敵は無理解であり、そのために自分がPMSにかかっているということも気づかない人がいることや、周囲から「さぼり癖がある」などと認識されてしまう可能性もあり、しかも原因が特定されていないため治療法もまだ確立されておらず、現在は薬物療法か、生活習慣の改善によって症状の緩和を目指すのが主流となっています。

人によって大きく症状が異なります。

例えば、ホルモンの働きで水分を身体から排出しにくくなってしまうと、むくみの原因に。

それが乳房にたまれば乳房の痛みに、頭にたまれば頭痛、また身体に水分がたまると、身体がダルく感じることがあります。

ホルモンの関係で食後2〜3時間後に低血糖を生じやすく、甘いものが食べたくなるなどの症状がでることもあります。

このように、ホルモン分泌の影響を受け、それがその人の体質、体調により200以上もの症状となって現れるのです。

女性のイライラを理解して快適に過ごそう!

月経前症候群・PMSの症状 代表的な症状をちょっとあげてみますね。

下腹痛、腰痛、下腹部が張る、乳房が痛い・張る、頭痛、肩こり、めまい、手足の冷え、ニキビができやすい、肌荒れ、化粧のノリが悪い、むくみ、のどがかわく、食欲が増す・なくなる、下痢・便秘、疲れやすい、眠くなる、おりものが増える、カラダがスムーズに動かない、アレルギー症状がある(鼻・目など) イライラ、怒りやすい、攻撃的になる、無気力、憂うつ、気分の変化、能率が低下、性欲の変化、いつも通り仕事ができない、女性であることが嫌になる、人付合いが悪くなる……などなど。

こんな症状が毎月あると思うと女性って大変ですよね。

PMSの症状は、ライフスタイルも深くかかわっています。

食事

空腹時をできる限り作らない・大豆食品、ビタミン、ミネラルを摂取する・おやつを食べる時は低糖質のもの。

運動

適度な運動で血流を良くし、自律神経を整える。

休息

お風呂の時、お湯にアロマオイルを数滴たらして入力し気分をリフレッシュ!ぬるめのお湯で半身浴が効果的。
緊張がほぐれて疲れもとれ、むくみもすっきりするでしょう。

ストレス

この時期は思い切り自分を甘やかしましょう。

自分の心に耳を傾け、欲望をあまり抑え込まないように。

のんびり過ごしたり好きなことをすることで心に栄養を与えましょう!
少しでも症状を改善してすべての女性に素敵な生活を(^^)

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ