時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

30歳から気楽にはじめられる女性の趣味

      2017/02/28

30歳から気楽にはじめられる女性の趣味

30歳前後の女性は家事に仕事に恋愛にと大忙し。

ばたばたと時間だけが過ぎていくだけにならないよう、少しでも実り多い人生を送るために身の回りのことから趣味をみつけよう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったり...

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが...

電話が苦手な男は多い?彼に嫌がられないためにできること

恋人同士であれば頻繁な電話というのも珍しくはありません。しか...

「課題が終わらない!」休むのはあり?仮病を使う前に考えること

しまった、課題を忘れてた・・・締め切りの前日になると不思議と...

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生...

電話が苦手な女子必見!暇電を断りたい時の上手い理由とは

女子の電話はとても長く、恋愛や日常のなんでもないような出来事...

手の震えの原因は?50代に多い手の震えの要因と対策

年齢を重ねると体にはいろいろな症状が出ることもあり...

通っている学校を辞めたい。両親に響く説得の仕方とは

高校や大学を辞めたいと考えている時、一番のネックと...

マンション管理会社へ苦情の連絡をする時のポイントはコレ!

マンションで住んでいると他の住人に対する苦情もあれ...

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする...

公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ!

公務員の試験を受けることを決意した時から、必死に勉...

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去...

一人でスナック経営を成功させるためのポイント教えます

スナックを一人で経営していくことになったら、成功させるために...

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、し...

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎ...

部活の友達や仲間と対立!部活が嫌いになりそうな時の対処方法

中学・高校生、そして大学生の一部の人にとって、学校の部活動は...

過呼吸になった時に救急車を呼ぶ前にできる事はコレ!

過呼吸になると自分で思うように呼吸ができなくなるので、軽いパ...

妹の妊娠報告で素直に喜べない時の心理と気持ちの切り替え方

妹から妊娠報告を受けた時には素直に喜ぶ自分と、先を越されてし...

受動喫煙の影響は?喫煙でどれくらいの人に迷惑をかけるのか

受動喫煙による影響を心配する人は多いですが、喫煙し...

食後に運動すると吐き気がする!気になる症状の理由と改善法

食事をしてからすぐに運動をしようとすると吐き気を催...

スポンサーリンク


趣味を持つことで充実感UP

最近は多趣味な人が増えてきてはいますが、それとは全く逆に全く趣味がないという人もいます。

もちろん趣味がない事が悪いわけではありませんが、趣味は自分の好きなことに集中できる事なので、趣味があった方が仕事でのストレスを趣味で発散させることが出来て、仕事とプライベートの切り替えがしやすくなると言うメリットもあり、また切り替えを上手にできる事で仕事の時間には仕事に集中出来て、仕事の効率もあがるので結果的に趣味はないよりもあった方が有意義だという事になります。

また趣味が全くない人の休日の過ごし方と趣味がある事で、休日過ごし方を比較したとしても、趣味がある人の方が充実感がアップする事で自己肯定力も安定します。

自己肯定力が安定する事で公私にわたりストレスが溜まりにくくなるので趣味を持つことの新たなメリットになるでしょう。

他にも趣味を持つことで時間を効率よく使う習慣が付いて、仕事の時間の使い方も上手になるようになることは間違いないのではないでしょうか。

趣味について聞いてみました

男性と女性の趣味の調査をしたところ男性はスポーツ・読書・パソコン等インターネットで女性は読書・旅行・音楽鑑賞・料理という結果が出ました。

そんな中趣味はないと答えた人は2.3%でしたが、趣味がないので聞かれても困ると思った事はありますかと言う質問には1割の人があると答えました。

趣味がないので聞かれても困ると思った事のある1割の人のうち7割強の人は何かしらの答えをしたそうです。

何かしらの答えをしたという事は、特に何も悪いわけではないのですが何故か趣味がない事が変わっている人と思われるのでは…と言うような感覚になっているという事なのでしょうか。

そのほかの調査では趣味を楽しむためには家族の理解が不可欠だと答えた人は全体の6割でした。

ちなみに30〜40代の女性に絞って同じ調査をしたところ7割の人が家族の理解が不可欠だと答えました。

やはり女性の方が家族や生活環境を重視せざるを得ないためゆっくり趣味に時間を取るわけにもいかない状況にあるようです。

趣味は身近なところから

30代の女性の趣味で人気が上位にあがったのは家族で行ける遊園地・美術館・水族館など、レジャースポットめぐりという答えが多く上がりました。

主婦には家庭円満でご主人や子供と一緒に楽しめる事がいちばん楽しむことが出来てそれが趣味になっているので他にはあまりお金がかからないという一石二鳥な趣味である事が分かる結果になりました。

次に多く上がったのは読書でした。

読書に没頭する事で今自分が置かれている環境から全く違う世界に行った気分になれるという人や女性としてもっとスキルアップしたいという向上心から読書を趣味にしている人も多くいました。

次に上位に上がった趣味は写真でした。

最近はSNSが一般的になっているので日々の生活や行った場所などを写真に撮ってブログやFacebookにアップして楽しむ人が大半のようです。

結果30代からの趣味は20代の自由に遊ぶと言うよりも身近なところで趣味を見つけてじっくり楽しむと言う方向にシフトチェンジしていく年代と言えます。

いろいろなことが趣味になる

趣味で向上心を満たしたい人は通信教育で資格を取ることが出来る整理収納アドバイザー・ネイリストなど手に職を付けながらそれを趣味にするというのがオススメです。

趣味を兼ねて自分で作ったものをネット販売などでひろめて行きたい人にはフラワーアレンジメントやビーズアクセサリーなどがオススメです。

通信教育なので自宅で出来て時間も自分で決められるので育児や仕事の合間を使って忙しい女性でも気軽にはじめる事が出来ます。

そのうちにいろいろな資格を沢山取りたいと思い始めて資格を取ること自体を趣味に…というのも良いですね。

その場合最短で6ヶ月ほどで資格を取ることが出来るものも沢山あります。

アウトドア派の人なら一般的な賑やかな観光地もいいですが、大小の色々な神社巡りや寺院をめぐって最近流行りだしている個性豊かな御朱印集めなども兼ねたりとゆったりした趣味もこで歴史にも興味がわき、また新たな楽しみが見つかるかもしれません。

ストレスの多い社会か少しだけ脱出して神社や寺院をめぐるパワースポットに身を置く事で身体も心も清められリフレッシュ出来る事でしょう。

身近なところから始められる趣味

お金をかけて始める趣味ならいくらでもできるというののがホントのところですが、あえてあまりお金をかけない趣味を見つけてみるのも楽しいですね。

例えばウォーキングはいかがでしょう。

確かに色々なウェアやシューズにこだわればいくらでもお金はかかる事でしょう。

ですがあえてそこを余りこだわらずに歩くという事に重心を置いてウォーキングを趣味として始めてみるのは健康面で考えてもとても良い事です。

身体を使う趣味はちょっと、と言う人は絵をかいてみる事はどうでしょう。

絵なら鉛筆と紙さえあれば出来るので手軽でお金もあまりかかりません。

そこから絵葉書やカードなどを作ってみるのも良いですね。

とにかく初めての趣味にはあまり出費をしないように意識をして十分楽しめると思った時に初めて色々と揃えて行くというのがオススメになります。

まずは身近なところからゆっくりと確実に自分にいちばん合っていて長く楽しめるような趣味を見つける事が大切です。

関連記事はこちら

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ