時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

えっ、そうだったの!?言葉の変化とそれぞれの時代の深い関係

      2017/02/23

えっ、そうだったの!?言葉の変化とそれぞれの時代の深い関係

子供のころ自分が使っていた言葉が今の子供たちには通じなかったり、正しいと思って使っていた言葉の意味が実は間違っていたり、そんな経験は誰もが1度はしたことがあると思います。

今回は言葉の変化とそれぞれの時代の深い関係についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

スポンサーリンク


言葉は変化するもの

言葉は時と共に移ろい、変化していきます。

それは日本語を含め、世界のどんな言語にも言えることです。

それが起きないのはラテン語のように現代では既に誰も使う人がいなくなった言葉だけです。

ラテン語や日本の古語は現代の日常生活で使われることはありません。

もちろん学校でラテン語や古語を勉強することはありますが、それはその言葉が使われていた頃の文学や文献を読んで理解するためであって、今その言葉を使って物を書くことは、勉強のために作文を書くような場合を除いてありません。

ただ昔のものを読んでいるだけなら、その言葉が変化するという事は起きません。

それを用いて何かを表現するという作業の中で言葉の変化は起きていくものなのです。

人が言葉を発する時、発音にわずかな違いが生じたり、その人がその言葉に独自の意味を込めたりします。

それがわずかなものであっても、積み重なっていくうちに大きな変化に繋がっていくわけです。

言葉を使うことが変化を起こしていくということです。

言葉は時代とともに変化している

日本語には複合語というものがあります。

それは二つの単語が合わさって一つの単語になるものです。

例えば「花園」「携帯電話」「柱時計 」「大木」「見送る」「飛び立つ」「名高い」「寝苦しい」いくらでも思いつくことが出来るでしょう。

その際発音が変化する場合があります。

「花(はな)」+「園(その)」=「はなぞの」、「柱(はしら)」+「時計(とけい)」=「はしらどけい」といった具合に後の言葉の最初が濁るのです。

これを連濁と言います。

全ての場合で連濁が起きるわけではなく、起きない単語もあります。

「水玉」「朝靄」「入学試験」、これらは連濁を起こしません。

連濁は前の語に濁音が含まれていると起きにくいなどいくらか規則性がありますが、完全には解明されていません。

濁点の位置が変わる場合もあります。

「てつだう」は「てづたう」とは言いません。

しかし江戸時代には「てづたう」と発音していたようです。

それがいつの間にか濁音が後ろに移動したのです。

言葉はそれぞれの時代の価値観に左右される

よく言葉は生き物だと言います。

時代に合わせて絶えず変化を繰り返しているからです。

ではなぜ言葉はそのような変化を起こすのでしょうか?アメリカの大学のパトリシア・グリーンフィールド教授という人がそれについて研究を行っています。

19世紀から現代に至る150万冊の書籍を調査し、言葉の流行り廃りについて分析しました。

その結果「選ぶ(choose)」と「得る(get)」の二つの単語が使用頻度が増え、「感謝する(obliged)」とか「与える(give)」といった言葉はあまり使われなくなっていったそうです。

こうした変化は社会の価値観を反映していると考えられています。

現代社会は次第に個人主義に移行してきましたが、そのような変化が言葉の変化にも反映されていったということです。

「特有の(unique)」「個々の(individual)」「自我(self)」という言葉が多用されるようになったとされますが、まさに特徴的な言葉ではないでしょうか。

言葉の変化に違和感

ネットなどで誤用が目立つ言葉に「確信犯」があります。

これは本来「道徳的、宗教的あるいは政治的な確信に基づいてなされる犯罪」を意味し、本人はそれを悪いこととは認識していないという犯罪です。

それを犯罪として扱っている社会の方が悪いという信念を持っているわけです。

ところが最近はこの「確信犯」を単純に自分でそれが悪いことだと分かっていながら、わざと犯罪を起こすことという意味で使っている人がたくさん見受けられます。

本来の意味ではこれは間違いということです。

ところが最近ではこの後者の意味を載せている辞書もあるようなのです。

つまりこれは後者の意味が社会的に認知されているということになるのでしょうか。

みんながそうした意味で使うようになれば、誤用だったものが正しい意味に変わる一つの例なのかも知れません。

例えば「ハッカー」という言葉があります。

これは出来た当初はコンピューターに詳しい人を表す言葉で、悪い意味は何もありませんでした。

しかし今ではコンピューターを使って悪事を働く人のことです。

完全に言葉の意味が変わったわけです。

ですから確信犯を本来の意味と違う意味で使っても、もう間違いではなくなる時も近いかも知れません。

意味を正しく理解している人は1割

あなたは「にやける」「割愛する」の意味をちゃんと言えますか?それぞれ「なよなよしている」「本来,惜しいと思っているものを,思い切って捨てること」です。

全然違う意味で使っていたという人は多いと思います。

実際文化庁の調査によればそれぞれ正しく理解している人はせいぜい1割ほどに過ぎないそうです。

多くの人は「にやける」を「薄笑いを浮かべる」、「割愛する」を「不必要なものを切り捨てる」といったような意味で使っていることが多いようです。

その他にも「破天荒(誰もなし得なかったことを成し遂げる)」を「大胆不敵な様子」、「姑息(一時しのぎ)」を「卑怯」、「いそいそと(気付かれないようにこそこそと行動する)を「動作にうれしさがあふれている」などと本来とは違う意味で使う人が多くいます。

しかし文化庁は「言葉は変わっていくので、全て誤用とは言い切れない」と言っています。

皆が使うようになれば、それは自然な言葉の変化だということでしょうか。

自分の方が適応していくべきなのかも知れません。

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ