時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

友達に嫉妬ばかりする男ってどう思う?

      2017/03/03

友達に嫉妬ばかりする男ってどう思う?

人に嫉妬ばかりする人って魅力を感じないですよね?

それが、友達に対して嫉妬ばかりしている男性なら、あなたはどう思いますか?

嫉妬をしているヒマがあったら、もっと自分を磨けばいいのに…そう思いませんか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

派遣の仕事は楽過ぎる?仕事が暇な時にやっておきたい事

派遣の仕事はいろいろありますが、会社によっては楽な仕事をする...

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

スポンサーリンク


嫉妬とは?

嫉妬とは自分よりすぐれている人をうらやみねたむこと。

自分の愛する者の愛情が、他の人に向けられるのを恨み憎むことを言います。

簡単に言えばやきもちでもありますね。

女性が彼の女友達に嫉妬して不安になるなんてことはよく聞きますが、逆に彼が相当なヤキモチ焼きで束縛に悩んでいるという女性も少なくありません。

たとえ自覚がなくとも嫉妬を全く感じない人というのはほとんどいないものです 。

不快な感情のひとつではありますが、恋愛や社会といった様々な競争の中では切っても切り離せない感情でもあります。

嫉妬心が強くなりすぎると嫉妬に狂い、される側ではなくする側も辛くなってしまうケースも目立ち、悪化すると人を傷つけてしまったり多くの人々を巻き込んでしまうことだってあるのです。

嫉妬という感情から得られることはあるのでしょうか。

人生を振り回され、自分の周りの人たちにまで迷惑をかけてしまう厄介な嫉妬を抑えるには、一体どうすればいいのでしょうか。

嫉妬するタイプの男とは?

嫉妬しやす男性にはいくつかの特徴があります。

まず1つは友達が少ないということ。

恋愛に限らず誰に対しても疑い深いために、なかなか良好な人間関係を保つことができません。

友情を失った経験を持つ人であれば、容易に人を信じられる性格ではないのでしょう。

「あの人は注目されたいタイプだね」「彼女はいつもあんな感じなのか」など、他の人たちを分析するタイプも強い嫉妬心を持つ可能性があります。

ただ客観的に見るだけならまだいいですが、ほとんどが批判であることから人の良いところを見つけるのが苦手なタイプとも言えます。

また明るく社交的な恋人の友人を嫌うタイプも要注意です。

自分のものという独占欲が強いので、周り男性がいるだけですぐキレる傾向があったり、所有物だと言いたいかのように不自然なほどスキンシップをとることもあります。

さらにエスカレートすると家族や同性の友人にまで強い嫉妬心を剥き出しにすることもあり、いずれその矛先があなたに向けられる危険性もあります。

友達に嫉妬する男とは?

男が女友達に嫉妬する、その気持ちはどんな心理でしょうか?

メールやLINEの他にも不特定多数の目に触れるツイッターを始めとしたSNSでは、彼氏以外の男性、いわば男友達と絡んでいることもあるでしょう。

当然彼氏と絡んでいることもあるかと思いますが、彼氏以外の男友達とツイッター上であっても仲良くすることをよく思わず、内容がどうであれば見るのも嫌、という嫉妬をする男友達もいるのです。

なぜ男友達が、彼氏ではなく他の男友達に?と思いますよね。

しかしこういった嫉妬も珍しくはありません。

男友達からすれば彼氏は一歩先を行く存在。

あなたと彼氏のことは本当に応援している様子でも、彼氏の次に頼って欲しいという欲求があるのです。

「なんで嫉妬する必要があるの?」単刀直入に聞いても本音を教えてくれるかは分かりませんが、男友達という立場でも相談にもたくさん乗りたい、頼りにされたいという思いから他の男友達を敵対視する。

そんな嫉妬があることを理解しておきましょう。

嫉妬する男への対処法

多少の嫉妬は嬉しいと感じるものの、嫉妬深さがどんどんエスカレートしていくと正直うんざりしてしまいますよね。

もう別れたい!と思ってしまった時は、ある種の良いタイミングと言えるかもしれません。

度を超えた嫉妬は周りの人たちを不幸にしていきます。

しかし本人にはそこまでの自覚がない場合もあるので、気持ちを伝えてみることでもしかしたら改善されるかもしれません。

改善を望んで別れてほしいという気持ちを伝えるのはリスクもありますが、もうすでにあなたの気持ちが離れているのであればそのまま別れてもいいのでは?

それでも誤解をされたまま終わるのは嫌だ、すっきりした上でどうしていくか考えていきたいという場合は彼氏であるあなたが嫉妬している相手はただの友達、自分が好きなのは彼だけ。

そうせつせつと説明してあげると、男性は理詰めで考えるものなので納得し、安心してくれるかもしれません。

どうして嫉妬しているのか、何が嫌なのかという本音を引き出して誤解を解いてあげるのも有効です。

男の嫉妬はみっともない?

嫉妬するのはみっともない、そう考える人は多いものの男性であろうと女性であろうと、少なからず嫉妬はあるのではないでしょうか。

周りを巻き込んで取り乱すほどの嫉妬ならみっともないかもしれませんが、ちょっとヤキモチを妬くという程度であれば自然なこと。

しかし相手にとって「信用されていないんだな」と思われてしまう嫉妬はこの先の関係を悪化させてしまう可能性もあります。

多くの女性にとって彼氏や好きな人からの軽い嫉妬・ヤキモチは嬉しいものです。

なぜなら、好きでもない相手には嫉妬するはずがないから。

自分のものだと思っているから、自分のことを思ってくれているからこその嫉妬ですよね。

逆に相手がヤキモチを妬かないことに不満を持つ人だっているんです。

また相手に意識させるためのテクニックとしてやきもちを小出しに使う人もいますね。

嫉妬の感情丸出しはみっともないと思われますが、多少の嫉妬くらいは大目に見てあげてはいかがでしょうか。

関連記事はこちら

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ