時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

40代で将来に不安を感じている人がするべきことまとめ

      2017/02/22

40代で将来に不安を感じている人がするべきことまとめ

40代にもなると、将来に対しての様々な不安が頭をよぎっている人も多いと思います。

そこで今回は40代で将来に不安を感じている人がするべきことについてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

自然消滅で別れるのは嫌!彼氏を最低だと思った時の対処法

せっかく好きになって付き合ったのに、別れが近づいてきた時には...

子供の頭痛はどこが痛む?おでこが痛む原因と対処方法

子供が頭痛すると言われると親としてはドキッとします。頭痛とい...

幼馴染に彼氏ができた!嫉妬する心理と心を抑えるための方法

昔からよく一緒にいた幼馴染に彼氏ができてしまうと、なぜか彼氏...

派遣の仕事は楽過ぎる?仕事が暇な時にやっておきたい事

派遣の仕事はいろいろありますが、会社によっては楽な仕事をする...

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

スポンサーリンク


得体のしれない不安に苛まれる

40代を迎えると大抵の人はある不安感に襲われます。

何か得体の知れない不安に苛まれる人があとを絶ちません。

20代とか若い頃であったら、きっとそれは「自分探し」で片づけられたでしょうか。

自分って存在はいったい何者なの?何ができて、できなくて…自分っていったいどんな人なの?
得体の知れない自分自身への問いかけ。

その内容がどんなものか、言葉にすることさえ難しい、自分の内面奥深くでうごめいているから、また、たちが悪いのです。

こんな得体の知れないつかみどころのない不安がずっとつきまとっているお年頃。

それが40代なのです。

例えば、長い間サラリーマンとして生活している人たちだったら、多かれ少なかれ皆が感じていると思います。

「自分から“○○会社の誰それ”っていう肩書をとってしまったら、自分にはどんなものが残って世間からはどんな風にみられるのだろう」とかそんな感覚。

言ってしまえばそういう不安、自分自身への問いかけです。

将来への不安がある会社員は87.3%

そんなそぶりは見せませんが、実は誰もが多いに気にしています。

同世代のマネー事情。

周りは年収はどのくらい?このくらいの年代では貯金額はどれくらいあれば大丈夫?このくらいの年収では貯金額はどれくらい?
知りたいことや聞きたいことは実はたくさんあるんです。

ただ、気にはしていても、面と向かって聞けないのがマネー事情。

そこで、オリコン顧客満足度調査では、30〜40代のサラリーマンを対象にした意識調査を実施しました。

普段聞くに聞けないマネー事情を公開いたします。

今回の調査では、最多年収は30代で300万円台(28.7%)、中間管理職などへの昇進のある40代では500万円台(20.0%)という結果になりました。

また、87.3%と実に約9割を占める人が、将来金銭面での不安があると回答をしました。

その理由としては、老後を迎えた際の生活費が不安だという声を筆頭に、日本経済の不況というような、かなり現実的な結果になりました。

仕事や健康に対する不安

「起業をし、会社は年々売上が伸びていて業績もよい」傍から見たら、間違いなく成功を手にしている池田さん。

そんな彼女だがいくつかの不安があるといいます。

1つは仕事がこのままうまく生き続けるかということ。

もう1つが最近加わってしまった自身の健康面の不安。

実は池田さんは4月に呼吸不全で緊急入院。

検査を受けてみると肺炎、気管支炎、胃潰瘍、逆流性食道炎と多くの症状があることが判明しました。

原因は極度のストレスだと医師から説明されました。

池田さんはこう考えています。

サラリーマンでもこのご時世、思いがけず会社が倒産することもありえます。

なので仕事の不安は持っていても仕方のない不安とも言えるかもしれません。

ただ、その時その時にやることを一生懸命するだけなんです。

ただ、どんな人にとっても体は資本。

仕事をするにも何をするでも、まずは「健康でいられれば」という条件つきです。

先のことも見据えられないという状況が不安を助長させてしまって、大きなストレスの一因となっているのでしょうね。

独身あるがゆえの老後の悩み

老後資金を作っていく上で、独身者と既婚者には大きな違いがあります。

それは1人だけで全てやらなくてはいけないのか、2人で協力してできるのか、ということ。

「おひとりさま」は、自身の老後資金を文字通りひとりで作り、独力で管理運用しなくてはなりません。

また、その計画をしっかりと立てなくてはならないのです。

まずは今後のキャリアプランを見据えて、公的年金の受給額や退職金などの大きなお金の流れを確認していく必要があります。

例えば65歳まで継続して働いた場合、または50代で早期退職してそれ以降は仕事をしない場合、40代後半で早期退職してその後は個人事業主などで収入を得て70歳までは継続する、など様々なキャリアプランを組むことができます。

上記に挙げたような3つのキャリアプランでは、それぞれ公的年金の受給額、退職一時金、企業年金額などが大きく変わりますよね。

それに伴って預貯金の推移も大きく変わることでしょう。

どういったキャリアプランを立てるか、どういう人生を歩むが自由に決めやすい反面、「おひとりさま」には、綿密な計画が求められるのです。

老後に備えた資金計画

関連記事はこちら

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ