時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

人間の体温!平熱とは何度くらい?

      2017/02/22

人間の体温!平熱とは何度くらい?

人間の体温は、高すぎても、低すぎても、身体に悪い影響が出てきます。

高すぎると、熱で頭がボーッとしてしまいます。

低すぎると免疫力が低下してしまいます。

では、平熱とは一体、何度くらいなのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

給料が振り込まれてない!?退職後の給料に関する問題やその解決策

給料日というのは、働いた以上毎月決まった日にかならやってくる...

自然消滅で別れるのは嫌!彼氏を最低だと思った時の対処法

せっかく好きになって付き合ったのに、別れが近づいてきた時には...

子供の頭痛はどこが痛む?おでこが痛む原因と対処方法

子供が頭痛すると言われると親としてはドキッとします。頭痛とい...

幼馴染に彼氏ができた!嫉妬する心理と心を抑えるための方法

昔からよく一緒にいた幼馴染に彼氏ができてしまうと、なぜか彼氏...

派遣の仕事は楽過ぎる?仕事が暇な時にやっておきたい事

派遣の仕事はいろいろありますが、会社によっては楽な仕事をする...

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

スポンサーリンク


人間の体温について

周りの温度と私たちの体内で産出される熱エネルギーによって、体温は変化していきます。

例えば、冬の寒い朝、私たちは無意識のうちに体をガタガタとふるわせます。

また、手がかじかむと両の手をこすり合わせて摩擦熱を発生させようとします。

これらは体内から放出されてしまった熱を新たに作り出すための行動です。

これら以外にも、生命エネルギーを維持していくために熱が生み出されています。

このようにして、体温は作られ維持されています。

では、いったい体温の平均値はどれくらいなのでしょう。

ある調査結果によると、成人で36.1℃、子どもで36.4℃です。

子どもの体温の方が大人のそれよりも高いことは、乳幼児を抱っこしたことのある方ならお分かりいただけると思います。

視点を人種間の違いに変えて、 今から6年前の2月23日放映の「ズームイン!!SUPER」において、日本人と欧米人の平均体温の比較が行われました。

すると、日本人は36.2℃、欧米人は36.9℃で、欧米人の体温の方が日本人よりも高いことが分かりました。

人間の体温!平熱とは?

平熱とは、私たちの生命活動を維持していくうえで、効率的に活動を行える体温のことを意味します。

一般的に日本人の平熱の平均は約37℃知られており、通常24時間を通してその高低の変化は1℃以内と言われています。

もちろん、平熱が平均値よりも低い人も存在します。

では、平熱が37℃である理由はどこにあるのでしょう。

実は、その詳しい内容ははっきりと分かっていません。

しかし、それを推測することは可能です。

私たちが食事を摂ると、体内ではその食物を分解し、消化して養分を吸収する作業が行われています。

その際に重要な役割を果たすのが消化酵素で、ある温度の下でその能力を充分に発揮することができます。

その温度こそ、我々の平熱である37℃前後なのです。

やかんに水を入れて火にかけたとして、弱火と強火どちらの方が早く沸騰するでしょう。

答えは明白ですが、強火です。

元のエネルギーが強いほど他に及ぼす作用も強いことが分かります。

体温を平熱に維持するために

なぜ体温を約37℃に保つ必要があるのでしょうか。

それは、体温が上昇すれば血流が改善され免疫力がアップするからです。

血液は私たちの体のすみずみにいたる細胞に栄養と酸素を送り出し、その代わりに体内の不要物を拾い上げてくる役目を担っています。

その血液の成分の1つに白血球が含まれており、それが体の中を巡回することで、ウイルスや細菌の侵入を防いでいるのです。

癌細胞であれば、なんと1日およそ1500個もの細胞を撃退していることになります。

ですから、体温を平熱にキープしていく必要があるのです。

平熱を維持できていれば、身体の免疫機能が正常に働いてくれているので、大きな病気に罹ることなく毎日を楽しく過ごすことができます。

逆に、体温が低下すると血流が悪化し、免疫力も衰え、白血球の働きも鈍くなるので風邪などに罹りやすくなってしまします。

そこで、血流を改善するため歩く回数を少しでも増やしましょう。

歩く際には血液を送り出す大きな筋肉が使われ、身体も温まり血液が体内を循環します。

意外と高い日本人の平熱

今や水銀体温計をお使いの人は少ないかもしれませんが、正確な体温を測りたい時には今でも使われることがあります。

水銀体温計の37℃という数字は赤色で描かれています。

それを見て中には、とても不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

実はこれが意味することは、熱が高くて危険ですよという意味ではなく、日本人の平均体温(36.8℃)はここですよというサインなのです。

ですから、37℃あるから急いで病院へ行って治療を受けないと焦る必要はありませんし、熱があるからと言って会社を休む必要もありません。

この事実を知ったらもっと驚かれると思います。

世界の平均体温、つまり平熱をご存知でしょうか。

実は、37℃を優に超えているそうです。

世界的な視点で見つめると、日本人の平均体温の約37℃は適した温度だと言えそうです。

もちろん、この数値には個人や男女における違い、さらに人種による差があることを考慮して考えなければなりません。

体温をあげて健康になる

健康な状態の人の体温(腋の下の温度)は、約37℃が平均と言われています。

私たちの体温の源は、その4割が筋肉細胞に由来するものです。

仮に体温が1℃下がってしまうだけでも、内臓の働きが悪くなり、ウイルスなどに抵抗する力も3割減少し、癌細胞が急激に増えることになります。

逆に、体温が1℃上がると、体をガードする働きは平熱時の5倍〜6倍に高まります。

例えば、風邪を引いた場合に熱が出ますが、これは身体の免疫力をアップさせるための防御反応なのです。

身体の抵抗力と密接なかかわりがあるのが血液の流れです。

その抵抗力の核となるものが、血液成分の1つである白血球です。

体温が下がれば、体を巡る血の流れが滞り、白血球が体内で充分に動けずに、免疫力が低下したり、いろんな病気に罹患しやすくなったりします。

また、血液循環がよくないと脳や内臓などの機能が低下するために、頭痛や肩こり、耳鳴り、便秘や下痢などの症状が現れやすくなります。

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ