時事ネタ斬

時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

年金は学生でも払う義務がある!未納を回避するための方法とは

2017.11.2

年金は20歳以上になると支払い義務が発生しますが、学生でも当然ながら支払わなければなりません。

年金に関しては学校では教えてくれないことなので、親がしっかりと教えるか、自分で勉強して対応しなければ未納となってしまいます。

自分の将来の年金に影響することなので、未納を回避するための方法について紹介したいと思います。

年金は20歳以上になると支払い義務があるので学生でも未納に注意

年金に関しては学生でも20歳以上になれば支払う義務が発生するので、払うのを知らずに未納になってしまわないように気をつけなければなりません。

20歳になった時点では学生か社会人として働いている人が多いですが、学生の場合には自分で勉強しておかなければ教えてくれない可能性も高いです。

会社では20歳以上になれば厚生年金に加入することになるので、会社が自動的に手続きをしてくれるので、自分が知らない間に勝手に払ってくれます。

しかし学生に関しては自分で働いていないので、支払うためのお金がなければ、未納となってしまうので注意しましょう。

支払うためには自分でアルバイトをするか、親が就職するまで立て替えて支払うケースが多いです。

どちらにしても20歳以上になれば年金を支払う義務があるので、未納とならないように対応することが必要となります。

年金未納な学生でも誰も教えてくれないので常識として知っておく

20歳以上であれば年金を支払う義務があることは常識となっているので、学生でも支払わなければ未納扱いとなってしまいます。

学校では教えてくれない常識はたくさんありますが、年金に関してもしっかりと教えてもらう機会は少ないといえます。

そのため自分で年金について勉強しておくことは、一般常識となっています。

国民年金か厚生年金のどちらを払っているのか、将来自分がどれだけの年金がもらえる可能性があるのかは、自分で勉強しておかなければなりません。

たが20歳になったばかりでは年金についてあまり関心がないのも仕方ないので、とりあえずは払う義務があることだけを理解する必要があります。

20歳の人にとっては45年後にもらえるかもしれない年金のことに興味を持つことは難しいので、誰も教えてくれなければ無知でいることも仕方ないといえるでしょう。

しかし社会人となれば年金のことは常識となるので、しっかりと勉強する必要があります。

学生で収入がなく年金未納を防ぐには学生納付特例制度を利用する

学生が年金の未納を回避するための方法としては、学生納付特例制度を利用することもできます。

学生納付特例制度は学生の間は収入がないので、年金を払いたくても支払うことができません。

そのため学生の間は年金の支払いを猶予してくれる制度なので、学生期間中は年金を払わなくても未納となることがありません。

この制度は平成12年から施行された制度なので、知らないとい人はぜひ活用してみるといいかもしれません。

年金は20歳以上になると支払い義務がありますが、この学生納付特例制度は支払いを免除するのではなく、あくまでも先延ばしにる制度です。

そのため社会人になってから払うことができるので、自分の将来の年金額が減ることもなく、しっかりと払い続けることができます。

何も申請しなければ大学を卒業した時点で未納が確定してしまうので、学生納付特例制度を活用してしっかりと支払い義務を果たしましょう。

年金は支払い義務があるので無視することはできない

年金に関しては日本人であれば20歳以上になると支払い義務が発生するので、無視をし続けることはできません。

学生でも年金を払わないで未納となれば、督促状もきますし最悪なケースでは差し押さえなどの処分もあります。

差し押さえられるものがないから大丈夫だと思っていても、実家暮らしの場合には親にも影響を与えるので注意が必要です。

無視をしても支払い義務があるので、いつまでも催促されることになります。

学生で収入がないから無視するのではなく、しっかりとした手続きをすればそれなりの対応をしてもらえるので、めんどくさがらずに役所に行って相談しましょう。

20歳以上になれば成人としての責任を負うことになるので、いくら学生でも関係ありません。

年金を支払うのは国民の義務でもあるので、無視することはできないことを知って、早めに対処しましょう。

支払うことが当然だという認識を持つことが大切

年金に関しては未納問題が起きている事実もありますが、本来ならば20歳以上になれば支払い義務が発生しているので、払わなければならない税金です。

学生でも社会人として働いていても、20歳以上であれば等しく支払い義務が発生するので、学生で収入がなくても放置すれば未納となってしまいます。

学生が未納を回避するためには学生納付特例制度を申請するしかありません。

将来的には所得が少なければ免除申請を受けることができますが、学生の時は学生納付特例制度を活用することになるでしょう。

年金は損得勘定で考えるよりも、支払い義務があるものなので、払うことを前提として生活することが大切です。

年金額が少ないから払わないでいると、差し押さえを受ける可能性もある制度なので、支払うことが当たり前だという認識をもつことが大切になります。

 - 生活・ライフスタイル