時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

年金は学生でも払う義務がある!未納を回避するための方法とは

   

年金は学生でも払う義務がある!未納を回避するための方法とは

年金は20歳以上になると支払い義務が発生しますが、学生でも当然ながら支払わなければなりません。

年金に関しては学校では教えてくれないことなので、親がしっかりと教えるか、自分で勉強して対応しなければ未納となってしまいます。

自分の将来の年金に影響することなので、未納を回避するための方法について紹介したいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

双極性障害は薬が効かない?双極性障害のおける投薬治療の問題点

双極性障害で薬が効かない事が多いと言われています。 も...

アルコール依存症を改善するには?家族が見捨てるメリットとは

アルコール依存症はお酒を飲む人が陥ると抜け出すのに...

IH炊飯器の電磁波による危険性とうまく付き合う方法をご紹介

最近よく耳にする電磁波の影響ですが、IHの炊飯器の電磁波が強...

お腹が出てるのが気になる!硬いお腹の正体と対策方法

普段からお腹が出てることを気にしていますが、触って...

自転車の防犯登録が義務化されていることのメリットを解説

自転車を購入した時に必ず防犯登録を勧められますが、実際には義...

NHKの集金は夜中にも来るの?夜間に集金する理由とは

夜中に訪問者が来たと思ったらNHKの集金に来てびっくりした経...

年金は学生でも払う義務がある!未納を回避するための方法とは

年金は20歳以上になると支払い義務が発生しますが、学生でも当...

食後に左脇腹の痛みが強い場合は要注意!それは受診が必要かも!

左脇腹の痛みを食後に感じる事ありませんか? その内治ま...

咳が止まらない時はどうする?薬効かない時の対処法をご紹介

急に咳が出て止まらない時もありますが、薬を飲めば大抵は治って...

お茶の飲み過ぎは病気を招く!?取り入れると危険な”量”とは

お茶は本来体に良いもの。糖分のたっぷり含まれたジュースを飲む...

お腹のマッサージで”ヘンな音”が!?お腹の音の正体はコレ!

痩身効果を期待して、便秘解消、老廃物対策・・などの理由で、お...

タバコの匂い消しに役立つ方法とは?髪の匂いの消し方と対処法

タバコの匂いはすぐに髪や服についてしまいますが、タバコの匂い...

睡眠と音楽との関係とは?質の高い睡眠に効果的な音楽との関係性

質の高い睡眠と音楽とは関りがあり、非常に効果が高い...

親子関係を切るには?関係を断つ前に考えておくべきこととは

親子でもどうしても仲が悪くて縁を切りたいと思うこと...

看護学校に入学するには?社会人が合格するための勉強方法

社会人になってからも看護の仕事をしたい人にとって、...

タバコの副流煙による頭痛の原因と対処法をご紹介

タバコを吸うことによって本人には害があることは分か...

肺炎で入院した人のお見舞いをする時に知っておくべきルール

入院した人のお見舞いではいろいろ気をつけるべきことがあります...

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

スポンサーリンク


年金は20歳以上になると支払い義務があるので学生でも未納に注意

年金に関しては学生でも20歳以上になれば支払う義務が発生するので、払うのを知らずに未納になってしまわないように気をつけなければなりません。

20歳になった時点では学生か社会人として働いている人が多いですが、学生の場合には自分で勉強しておかなければ教えてくれない可能性も高いです。

会社では20歳以上になれば厚生年金に加入することになるので、会社が自動的に手続きをしてくれるので、自分が知らない間に勝手に払ってくれます。

しかし学生に関しては自分で働いていないので、支払うためのお金がなければ、未納となってしまうので注意しましょう。

支払うためには自分でアルバイトをするか、親が就職するまで立て替えて支払うケースが多いです。

どちらにしても20歳以上になれば年金を支払う義務があるので、未納とならないように対応することが必要となります。

年金未納な学生でも誰も教えてくれないので常識として知っておく

20歳以上であれば年金を支払う義務があることは常識となっているので、学生でも支払わなければ未納扱いとなってしまいます。

学校では教えてくれない常識はたくさんありますが、年金に関してもしっかりと教えてもらう機会は少ないといえます。

そのため自分で年金について勉強しておくことは、一般常識となっています。

国民年金か厚生年金のどちらを払っているのか、将来自分がどれだけの年金がもらえる可能性があるのかは、自分で勉強しておかなければなりません。

たが20歳になったばかりでは年金についてあまり関心がないのも仕方ないので、とりあえずは払う義務があることだけを理解する必要があります。

20歳の人にとっては45年後にもらえるかもしれない年金のことに興味を持つことは難しいので、誰も教えてくれなければ無知でいることも仕方ないといえるでしょう。

しかし社会人となれば年金のことは常識となるので、しっかりと勉強する必要があります。

学生で収入がなく年金未納を防ぐには学生納付特例制度を利用する

学生が年金の未納を回避するための方法としては、学生納付特例制度を利用することもできます。

学生納付特例制度は学生の間は収入がないので、年金を払いたくても支払うことができません。

そのため学生の間は年金の支払いを猶予してくれる制度なので、学生期間中は年金を払わなくても未納となることがありません。

この制度は平成12年から施行された制度なので、知らないとい人はぜひ活用してみるといいかもしれません。

年金は20歳以上になると支払い義務がありますが、この学生納付特例制度は支払いを免除するのではなく、あくまでも先延ばしにる制度です。

そのため社会人になってから払うことができるので、自分の将来の年金額が減ることもなく、しっかりと払い続けることができます。

何も申請しなければ大学を卒業した時点で未納が確定してしまうので、学生納付特例制度を活用してしっかりと支払い義務を果たしましょう。

年金は支払い義務があるので無視することはできない

年金に関しては日本人であれば20歳以上になると支払い義務が発生するので、無視をし続けることはできません。

学生でも年金を払わないで未納となれば、督促状もきますし最悪なケースでは差し押さえなどの処分もあります。

差し押さえられるものがないから大丈夫だと思っていても、実家暮らしの場合には親にも影響を与えるので注意が必要です。

無視をしても支払い義務があるので、いつまでも催促されることになります。

学生で収入がないから無視するのではなく、しっかりとした手続きをすればそれなりの対応をしてもらえるので、めんどくさがらずに役所に行って相談しましょう。

20歳以上になれば成人としての責任を負うことになるので、いくら学生でも関係ありません。

年金を支払うのは国民の義務でもあるので、無視することはできないことを知って、早めに対処しましょう。

支払うことが当然だという認識を持つことが大切

年金に関しては未納問題が起きている事実もありますが、本来ならば20歳以上になれば支払い義務が発生しているので、払わなければならない税金です。

学生でも社会人として働いていても、20歳以上であれば等しく支払い義務が発生するので、学生で収入がなくても放置すれば未納となってしまいます。

学生が未納を回避するためには学生納付特例制度を申請するしかありません。

将来的には所得が少なければ免除申請を受けることができますが、学生の時は学生納付特例制度を活用することになるでしょう。

年金は損得勘定で考えるよりも、支払い義務があるものなので、払うことを前提として生活することが大切です。

年金額が少ないから払わないでいると、差し押さえを受ける可能性もある制度なので、支払うことが当たり前だという認識をもつことが大切になります。

関連記事はこちら

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ