時事ネタ斬

時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

咳が止まらない時はどうする?薬効かない時の対処法をご紹介

2017.10.31

急に咳が出て止まらない時もありますが、薬を飲めば大抵は治ってしまうことも多いので、それほど気にしない人も多いでしょう。

しかしいくら薬を飲んでも咳が止まらない時もあるので、薬効かない時にはどうすればいいか悩んでしまうこともあります。

そこで薬を飲んでも咳が止まらない時に対処法について紹介したいと思います。

薬効かないで咳が止まらない時は少し飲み続けて様子をみる

咳が出てきた時には薬を飲んで治そうとしますが、薬効かないと感じても少し様子を見ることが大切です。

咳が止まらないと思って薬を飲んでも、すぐに効果が発揮するとは限りません。

薬は咳そのものを抑える効果があるものや、風の症状を抑える効果があるなど、薬によっても効果や効き目が違うことが多いです。

自分の体調や症状に合った薬であれば自然と効果が出てきますが、いつも飲んでいる咳の薬でも効果が出にくい場合もあります。

今までは風邪による咳に効果的だったものが、風邪以外の原因による咳の場合には効果が出にくいといえます。

そのため薬を飲んでもすぐに効果が出なくても、ある程度は様子を見ることが大切です。

喉が明らかに炎症を起こしているなどすれば、薬ではなく直接喉にスプレーするタイプのものや、のど飴タイプの方が咳を止められる可能性もあります。

咳が止まらないのと薬効かない症状の時は薬を変えてみる

薬によっては効果が出るものもあれば、効果がでにくいものまであるので、その時の症状に合わせて薬を飲むことが大切です。

咳が止まらないと感じていつも飲んでいる喉の薬を飲んでも、薬効かないことはよくあります。

咳が出る原因に効果がなければ咳を止めることはできないので、咳が出た時には大抵の人は普段飲んでいる風邪薬を飲むはずです。

しかし風邪による咳が原因でない場合には、なかなか咳を止める効果を発揮してくれないでしょう。

薬を飲んでも効かないと判断した場合には、違う薬を飲んで様子を見てみましょう。

市販の薬でも喉、熱、鼻水など、用途別に効果を発揮してくる薬も販売されています。

普段飲んでいる薬が風の総合薬であれば、喉に効果のある薬に飲み変えてもいいでしょう。

スプレータイプのものやのど飴などを併用すると効果が出やすいので、症状が軽くなるものを選んでみましょう。

薬効かない時は咳が止まらない理由が他にある可能性も考える

咳が止まらないと感じて自己判断で薬を選んで飲みますが、薬効かないと感じたら原因が他にある可能性もあります。

咳が出た時には大抵の人は風邪を連想しますが、風が原因で咳が出るとは限りません。

風邪以外の原因の場合には普段飲んでいる風邪薬では咳を止めることができないので、他の原因を探る必要があります。

風邪でなくても喉が腫れていたり、喉に違和感を感じるのであれば、診察を受けることが大切です。

咳が出る原因はいろいろありますが、自己判断によって咳の原因を決めつけてしまうと、いつまで経っても咳を止めることはできないでしょう。

風邪でも長くこじらせてしまえば肺炎の可能性もあるので、咳がなかなか治らないと思った時は早めの診察をすることも大切です。

市販の薬はあくまでも一般的な症状に効く薬なので、万能薬ではないため症状や原因によっては効かないこともあるので注意しましょう。

ストレスや肉体疲労によって咳が治りにくくなっていることもある

いつまでも咳が止まらないことでストレスとなってしまいますが、咳が止まらない原因がストレスや疲労が原因かもしれません。

人はストレスによって体に悪影響を与えてしまいますが、ストレスによってどんな影響が出るかは人それぞれです。

初めは風邪をひいたことで咳が出たのが原因かもしれませんが、薬効かないことでだんだんと体にも大きなストレスとなってきます。

咳をするだけで体の内部には衝撃がありますが、健康体の時には咳やくしゃみをしても何も感じることはないでしょう。

しかし体が疲労して弱っている時に咳をすることで、体にも大きなストレスとなってしまいます。

ストレスを受け続けることで体には悪影響を与えてしまいますが、ストレスを受けるからこそより咳が治りにくくなっている可能性もあります。

咳が止まらない時にはできるだけ安静にして、体を温めておくことが大切です。

体を温めるなどの対策をしてもダメなら素直に診察を受ける

薬効かないで咳が止まらないとなれば、仕事にも影響してしまいます。

咳が出ても仕事を休むことはできないので、薬を飲んで何とか対処しようとするでしょう。

すると体も疲れているので治りにくくなってしまいますが、できるだけ体調が悪い時には安静にすることが大切です。

咳が出る時は体を温めることで血行も良くなるので、咳も出にくくなります。

そのため仕事が終わったらできるだけ早く帰って、体を温めて安静にすることが大切です。

熱がなければ大丈夫だと思っていると、なかなか治りにくくなってしまうので、ちょっとでも体調に違和感を感じたら体を温めて安静にしておきましょう。

薬を飲んで安静にしていれば大抵の場合は1週間程度で治りますが、それでも咳が止まらない時は早めに病院で診察を受けましょう。

最終的には自己判断せず病院での診察を受けることが大切なので、咳を甘く見ないで適切な処置をして早く治しましょう。

 - 健康