時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

   

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を抱えており、反復行動や強いこだわりなどを示すことに特徴を持つ障害です。自閉症やアスペルガー症候群という言葉を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

この自閉症スペクトラム障害の診断に、間違いがあることをご存知でしょうか。他の病気と誤診されたり、逆に自閉症スペクトラム障害でないのに、自閉症スペクトラム障害と誤診されたりするケースが多々あります。

今回は自閉症スペクトラム障害の診断のよくある間違いについてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

双極性障害は薬が効かない?双極性障害のおける投薬治療の問題点

双極性障害で薬が効かない事が多いと言われています。 も...

アルコール依存症を改善するには?家族が見捨てるメリットとは

アルコール依存症はお酒を飲む人が陥ると抜け出すのに...

IH炊飯器の電磁波による危険性とうまく付き合う方法をご紹介

最近よく耳にする電磁波の影響ですが、IHの炊飯器の電磁波が強...

お腹が出てるのが気になる!硬いお腹の正体と対策方法

普段からお腹が出てることを気にしていますが、触って...

自転車の防犯登録が義務化されていることのメリットを解説

自転車を購入した時に必ず防犯登録を勧められますが、実際には義...

NHKの集金は夜中にも来るの?夜間に集金する理由とは

夜中に訪問者が来たと思ったらNHKの集金に来てびっくりした経...

年金は学生でも払う義務がある!未納を回避するための方法とは

年金は20歳以上になると支払い義務が発生しますが、学生でも当...

食後に左脇腹の痛みが強い場合は要注意!それは受診が必要かも!

左脇腹の痛みを食後に感じる事ありませんか? その内治ま...

咳が止まらない時はどうする?薬効かない時の対処法をご紹介

急に咳が出て止まらない時もありますが、薬を飲めば大抵は治って...

お茶の飲み過ぎは病気を招く!?取り入れると危険な”量”とは

お茶は本来体に良いもの。糖分のたっぷり含まれたジュースを飲む...

お腹のマッサージで”ヘンな音”が!?お腹の音の正体はコレ!

痩身効果を期待して、便秘解消、老廃物対策・・などの理由で、お...

タバコの匂い消しに役立つ方法とは?髪の匂いの消し方と対処法

タバコの匂いはすぐに髪や服についてしまいますが、タバコの匂い...

睡眠と音楽との関係とは?質の高い睡眠に効果的な音楽との関係性

質の高い睡眠と音楽とは関りがあり、非常に効果が高い...

親子関係を切るには?関係を断つ前に考えておくべきこととは

親子でもどうしても仲が悪くて縁を切りたいと思うこと...

看護学校に入学するには?社会人が合格するための勉強方法

社会人になってからも看護の仕事をしたい人にとって、...

タバコの副流煙による頭痛の原因と対処法をご紹介

タバコを吸うことによって本人には害があることは分か...

肺炎で入院した人のお見舞いをする時に知っておくべきルール

入院した人のお見舞いではいろいろ気をつけるべきことがあります...

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

スポンサーリンク


自閉症スペクトラム障害の診断に間違いはあるの?

自閉症スペクトラム障害の診断に間違いはあります。自閉症スペクトラム障害は曖昧なもので、正確な診断が難しいのです。

米国精神医学会が作成した精神疾患の診断・統計マニュアルであるDSM-5によると、社会的コミュニケーションの項目の中の3項目を満たし、限定的な行動・興味・反復行動の中の4項目中2項目を満たすことで自閉症スペクトラム障害と診断されます。

しかし、その判断は専門家の目によって決まるため、診断項目とよく似た行動やエピソードがある場合に誤診されてしまう可能性があるのです。

また、自閉症スペクトラム障害とよく似た行動を示す他の病気と間違えられることもあります。具体的には、統合失調症、うつ病、双極性障害などです。これらの病気だと思って治療をしていたら、実は自閉症スペクトラム障害が原因だったために、なかなか症状が改善せずに長期に悩まされたというケースもあるため、注意が必要です。

自閉症スペクトラム障害と統合失調症の診断の間違い

自閉症スペクトラム障害と統合失調症との診断の間違いは、実はよくあります。

自閉症スペクトラム障害の人は、統合失調症とよく似た症状があります。具体的には、幻聴、コミュニケーションに困難を抱えている、過度な緊張などです。幻聴があるから統合失調症ではないかと安易に考える医師もいます。精神科の医師が全員自閉症スペクトラム障害に熟知して慣れているわけではないので、患者のエピソードを聞いた時に統合失調症から疑い、そのまま診断をして間違えてしまうわけですね。

統合失調症と診断されて大量の薬物を投与されているのにも関われず、症状が全く改善されていない、ずっと苦しい思いをしているという場合は、統合失調症は間違いで、自閉症スペクトラム障害であるという可能性があります。

自閉症スペクトラム障害によるものと考え、薬を減らして漢方薬やサプリメントメインに切り替えた結果、症状が安定しているという人もいます。

自閉症スペクトラム障害の診断のよくある間違いとは

自閉症スペクトラム障害だと間違えられやすいのは、幼少期の男児です。特に、以下のような特徴を持つ男児が多いです。

  • 人より賢く、人より物に熱中することが好きである。
  • 同じ興味を持つ人としか会話できない。
  • 専門的な話題や、ビジネスライクな話題しかできない。
  • 特に幼少期で言葉で表現して人に伝えることが苦手で、うまくいかないと癇癪を起こしてしまうことがある。

人より賢く内向的な男児は自閉症スペクトラム障害と間違えられやすいです。また、診断時に過去のエピソードなどをあまり聞き取らず、チェックリストに頼って診断をしている場合は、診断が間違っている可能性があります。

ものごとへの強いこだわりや特徴的なコミュニケーションは自閉症スペクトラム障害を診断するうえで重要なポイントではありますが、安易に考えてしまうと、診断の間違いを犯してしまうので、医療関係者、福祉関係者であっても、注意が必要です。

そもそも自閉症スペクトラム障害の診断方法は何があるの?

自閉症スペクトラム障害の診断方法でよくあるのが、行動観察と過去のエピソードの聞き取りです。話しかけてどのような反応を示すのか見たり、過去に自閉症スペクトラム障害の人がやってしまうような典型的なエピソードがないか、聞き取りを行います。

過去のその人の行動と、今のその人の行動を専門家がしっかりと見て、自閉症スペクトラム障害であるのかどうか、診断するわけです。そういったこともあって時には間違いが起きてしまいます。

行動観察と過去のエピソードの聞き取り以外では、専門的な検査がいくつかあります。具体的には以下のようなものがあります。

  • ADOS
  • ADI-R
  • PARS-TR

これらは幅広い年齢に対応しており、質問項目や対象者の行動を見て、検査することができます。

本人の特徴や、こういった検査を用いて自閉症スペクトラム障害の診断がされるわけですね。

自閉症スペクトラム障害の診断が間違いだと思ったら

いかがでしたか。自閉症スペクトラム障害の診断が間違いであるというケースはあります。前述の通り、他の病気と誤診されているケースと、自閉症スペクトラム障害でないのに、自閉症スペクトラム障害と誤診されているケースです。

どちらの場合も、本人の実情にあってない治療や援助を受けることになるため、どこかで歪みが生じ、本人の利益にならないことが生じてしまいます。

もしも診断が間違いであると思ったら、遠慮なく他の専門家を探し出して、頼ってみましょう。

医療の世界にはセカンドオピニオンという言葉があります。今担当してもらっている専門家とは別の専門家に、第2の意見を求めるわけです。

精神科医、臨床心理士、どのような専門家でも構いませんので、調べてみて、信頼できそうな人を探して意見を聞いてみましょう。もしかしたら、今の診断は間違いかもしれませんよ。

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ