時事ネタ斬

時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

2017.10.16

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったりしたら不安ですね。

何が原因となっているのか、知りたいけど怖いという気持ちがあるのではないかと思います。

吐き気や背中の痛みがあったりしたら尚更ではないでしょうか。

でも、原因をはっきりさせて投薬などによる治療を行うことで、不安と辛さから抜け出せるのです。

まだ我慢できるからなどと安易に考えずに、早めに病院へ行き、適切な診断を受けてください。

胃痛と背中の痛み、吐き気はいつから気になるようになったのか

胃痛や背中の痛みがあると言ってもその詳しい状態がわからなければ、病院へ行っても説明できません。

さらに吐き気もあるのであれば、どんなタイミングでおきるのかなども把握しておいたほうがよいでしょう。

最初は胃痛だけだったものが、いつくらいから背中の痛みを伴うようになったのか、吐き気はいつくらいから出るようになったのかなどです。

はっきりした時期はわからなくてもよいと思いますが、だいたいの時期がわかればよいと思います。

もしかしたら、最初は胃が少しだけ痛いななどと思うくらいで気にならない程度だったかもしれませんので、本当に気になるようになった時期でよいと思います。

また、吐き気は胃痛と同時におきるのかや背中の痛みが出るタイミングなどもわかるとよいでしょう。

病院へ行くにあたり、やはり痛くなり出したタイミングなどは必ず聞かれると思いますので、だいたいでもよいので把握しておくようにしましょう。

胃痛と背中の痛み、吐き気はどんな症状なのでしょうか

胃痛、背中の痛み、吐き気と一言で言っても色々な症状があります。

胃痛がキリキリと痛むのか、鈍痛なのか、それともズキッと痛むのかなど感じかたによっても様々ですが、痛さの症状は色々です。

また、背中の痛みに関しても同じことが言えるでしょう。

背中がどんな風に痛いのかなども把握しておきましょう。

例えば、胃と同じタイミングで背中に同じような痛みが出るのが、胃の痛みとは別に背中の痛みがあるのかなどです。

背中の痛みにも、鈍痛だったり響くような痛みだったり、こちらも色々な症状があると思います。

吐き気にしても、胃酸があがってくるよう感じであるとか、ムカムカするような感じであるなど色々な症状があると思います。

胃痛、背中の痛み、吐き気の代表的な症状をあげてみましたが、症状は個人の感じかたにより色々です。

あなた自身にどんな症状が出ているのかをきちんと把握しておくことが大切ではないでしょうか。

胃痛、背中の痛み、吐き気の症状から考えられる病気!

胃痛がありそれに伴う背中の痛みがある、さらには吐き気があると疑われる病気を考えてみます。

胃痛が原因で考えられる代表的なものとして、胃炎があります。

胃痛だけでなく吐き気もあるのであれば、胃潰瘍や逆流性食道炎や胃腸炎なども考えられます。

また、胃痛や背中の痛みの場所やどんなときに痛くなるのかにより変わってきます。

胃痛は胃の上部なのか下部なのかにより変わりますし、空腹時に痛くなるのか食後に痛くなるのか、また痛みに持続性があるのかないのかによっても変わってきます。

背中の痛みですと、背中が痛む場所にもよります。

背中の左側か右側かどちらが痛いのかで、内臓がある場所と関連しますので胆嚢炎であるとか十二指腸潰瘍であるとか、色々と変わってきます。

あくまでも代表的な病気になりますので、最終判断は病院での診察になります。

また、胃が痛いから胃が悪いとは限りません。

胃の部分が痛いように思うだけで、しらべてみたら膵臓だったとか腎臓だったなどということもありますので、やはり一度病院で診察してもらうことをおすすめします。

病院では何科を受診すればよいのか!

胃が痛い場合は、内科もしくは消化器内科を受診してみてください。

小さい病院でもよいですが、できれば検査設備の整った総合病院のほうがよいでしょう。

胃痛だけでしたら、バリウム検査や胃カメラなどになる思いますが、他の症状である背中の痛みや吐き気があるのですから、できれば総合病院のほうがよいと思います。

他の症状があるということで、胃だけが原因でない可能性もあります。

前述にもありますが、他の内臓の影響で胃痛や背中の痛みなどが発生していることもありますので、色々な検査ができて総合的な判断ができるところのほうがよいでしょう。

色々な検査の結果、内臓に異常がないときなどは、もしかしたら、精神的ストレスによる神経性胃炎ということもあります。

その時には、心療内科を受診するべきかどうかなども相談するとよいでしょう。

いずれにせよ、早めに病院へ行き、きちんと診断してもらってください。

早めの診察!早めの治療!で不安を解消しましょう!

胃痛がありそれに伴う背中の痛み、また吐き気もあるのであれば、なるべく早く病院を受診しましょう。

どんな結果にせよ病気だとわかったときの事を考えると、どうしても躊躇してしまう気持ちはわかります。

しかし、早めに受診することで病気かそうでないかも早くわかりますし、わかったところで治療も早めに取りかかることが出来ます。

そうしないと、いつまでも痛みで辛い思いをしなくてはなりませんし、また吐き気があると食事をしても美味しく感じられないのではないでしょうか。

自分自身の体です。

いつもと違うなというところが少しでもあったら、日常生活をするうえで支障が出る前に行ってください。

胃が痛いからといって、胃炎などの胃の病気であるとは限りません。

やはり、診断するのは病院です。

検査をしたうえで総合的な結果を見てからでないと判断できません。

受診する際には、現在の体の症状や状態などを把握しておくことです。

また、日常生活を振り返ってストレスとなるような事がなかったかなども把握しておきましょう。

胃痛や背中の痛みがあるのは、内臓からの助けてという声であると思ってください。

あなたの自分自身の体ですから、気が付くのはあなたしかいません。

体からの声に耳を傾けてください。

 - 健康