時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

   

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが、パニック障害は精神的なことが影響するので、心の病気としてなかなか治すことは難しいです。

そのため尿意を感じるようになると、パニック障害の影響だと思い込んでしまうので、余計に治すのに時間がかかる場合もあります。

そこでパニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由について紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったり...

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが...

電話が苦手な男は多い?彼に嫌がられないためにできること

恋人同士であれば頻繁な電話というのも珍しくはありません。しか...

「課題が終わらない!」休むのはあり?仮病を使う前に考えること

しまった、課題を忘れてた・・・締め切りの前日になると不思議と...

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生...

電話が苦手な女子必見!暇電を断りたい時の上手い理由とは

女子の電話はとても長く、恋愛や日常のなんでもないような出来事...

手の震えの原因は?50代に多い手の震えの要因と対策

年齢を重ねると体にはいろいろな症状が出ることもあり...

通っている学校を辞めたい。両親に響く説得の仕方とは

高校や大学を辞めたいと考えている時、一番のネックと...

マンション管理会社へ苦情の連絡をする時のポイントはコレ!

マンションで住んでいると他の住人に対する苦情もあれ...

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする...

公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ!

公務員の試験を受けることを決意した時から、必死に勉...

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去...

一人でスナック経営を成功させるためのポイント教えます

スナックを一人で経営していくことになったら、成功させるために...

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、し...

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎ...

部活の友達や仲間と対立!部活が嫌いになりそうな時の対処方法

中学・高校生、そして大学生の一部の人にとって、学校の部活動は...

過呼吸になった時に救急車を呼ぶ前にできる事はコレ!

過呼吸になると自分で思うように呼吸ができなくなるので、軽いパ...

スポンサーリンク


パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由としては、不安感があるのでトイレに行きたくなるのです。

パニック障害の症状としてはいきなりドキドキしたり不安感が襲ってくるほか、めまいなどの症状に悩まされることもあります。

これは自分の中でどうしようという不安感が強くなることによって、焦りをコントロールすることができなくなっているのです。

この時ドキドキしたような感覚を覚えますが、時間が経てば気持ちを抑えることができるでしょう。

しかし同じような感覚として尿意を感じた時にも、トイレに早くいかなければいけないと思います。

漏らしたらどうしようという焦りからドキドキしてしまうので、パニック障害の時と同様に焦りを感じてしまいます。

普段から心配性の人が焦りを感じてしまうことによってドキドキする感覚が、パニック障害と似ているので、パニック障害になりやすい人ほど尿意も感じやすくなるといえるのです。

パニック障害になりやすい人は心配性なので尿意を感じやすい

パニック障害になりやすい人が尿意を感じるのは、すべて不安感が要因となっています。

自分が一度体験したことを思い出してしまうことで、もしまた同じことが起きたらどうしようという不安が頭をめぐります。

嫌な体験をしてしまった時に、同じような状況になるとまた嫌な経験をするかもしれないと思い、不安感に耐えられなくなってしまいます。。

この不安感は恐怖となってしまうので、前の状況と同じになるにつれて恐怖が大きくなるのです。

尿意を感じた時も同じように、昔に漏らしてしまった経験がある人は、また同じように漏らしてしまうかもしれないという恐怖が襲ってくるでしょう。

漏らして人に見られたらどうしようという恐怖心から、パニック障害と同じように不安感に押しつぶされてしまうのです。

辛い経験をするほど恐怖も大きくなるので、心配性の人ほど尿意を感じた時に不安感が大きくなっていきます。

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じるのは精神的な理由

尿意を感じてきた時には適当な時にトイレに行けばいいと思いますが、仕事中や移動途中では気軽にトイレに行くことはできません。

そのためもしも漏らしてしまったらどうしようという思いが強くなるので、精神的に参ってしまいます。

パニック障害になりやすい人も精神的な理由が大きく影響するので、尿意を感じてトイレに行けなかった時と同じように不安感が募っていきます。

起きてもいないことに対しての不安感や、過去に経験したことへのトラウマが蘇ってしまうなど、精神的な理由が原因となります。

自分にとって辛い経験をした時に、同じような状況にあればまた辛い経験をしなければいけないと思って自分を守ろうとするでしょう。

しかし心では不安感が募ってしまうので、体調不良にまで体に影響を与えてしまいます。

尿意を感じた時も自分の意思でトイレに行けない時ほど、パニック障害になりやすい人は不安に感じてしまうことが多いので注意しましょう。

心因性頻尿とパニック障害は似ている

パニック障害になりやすい人は尿意を感じる時に不安を覚えますが、もしかしたら心因性頻尿の可能性もあります。

どちらも精神的な病気のひとつですが、パニック障害は不安感、予期せぬ行動、限定された空間などで不安を感じることが多いです。

一方心因性頻尿の場合には行動が限られてしまい、行きたい時にトイレに行けない不安感から心の病気になってしまいます。

どちらも自分の思い通りに行かなくなってしまった時に、強い不安感を感じてしまい、正常な判断ができなくなります。

このため強いストレスを感じることによって、不安な気持ちだけでなく体にも大きな影響を与えることになるのです。

精神的な病気なので治すのにも時間がかかりますし、自分でも何でここまで不安感を感じるのか分からないので、精神的にも参ってしまいます。

パニック障害と心因性頻尿の症状はどちらも精神的な影響が要因で尿意を感じることがあるので、自己判断せずに診察をしてもらいましょう。

精神的な問題なのでじっくりと時間をかけて治す

精神的な不安から尿意を感じることはありますが、普通に人はそれほど気にすることはありません。

トイレに行けば不安感はなくなりますし、よほど追い込まれない限りトイレに行けばいいと思うだけです。

しかし精神的に不安感が募ってしまうと、パニック障害や心因性頻尿になる可能性が高くなります。

パニック障害になりやすい人は尿意に限らず自分が置かれた状況によって、不安感を感じることになります。

精神的に追い込まれてしまうと心だけではなく、体にまで影響を与えてしまうので、じっくりと治療することが大切です。

パニック障害になると自分一人の力で治すことは難しいので、病院に行くことをおすすめします。

尿意を感じただけで異様なまでに不安感を感じるようになった時には、安易に自己判断せずに病院での診察をした方がいいでしょう。

結局は精神的な問題が要因となるので、じっくりと時間をかけて治療することが大切です。

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ