時事ネタ斬

時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

2017.10.10

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生活。
しかし周りは頭の良い生徒ばかりで、授業の勉強について行くことが出来ずつらい思いをしている人は少なくありません。

勉強について行けないと感じる時は、まず自身の勉強の仕方を見直してみましょう。
勉強方法を見直して、無駄な部分を改善するだけで成績はぐんとよくなります。参考にしてみて下さい。

高校の勉強について行けなくてつらい時

そもそも進学校には課題が多く、毎日宿題が多く出されます。
その宿題に時間を取られてしまっていては、予習復習が自分なりに出来なくなってしまい、授業に追いつかなくなってしまうのです。

学校で出される課題は、先生の授業方針や好みによって出されるので、先生の評価を落とさないレベルに適当にやっておくのが良いでしょう。
なぜならば、学校から出された課題が受験に関係することはほとんどないからなのです。

その為、学校の課題には時間をなるべくかけずに受験勉強に時間を費やすようにしましょう。

高校の授業についていけないと感じている時は、思い切って受験勉強を自分流でやってみてはいかがでしょうか。
そして学校での成績よりも、全国模試などの成績アップを優先した勉強法をしていきましょう。

学校の勉強は、赤点を免れることだけを考えれば良いのです。

勉強が難しくてつらい。高校生の悩みとは

入学した高校によりますが、高校生の授業からガクッと一気に勉強は難しくなります。
専門的な分野に分かれて、より物事を深く知る為に追求した授業になってくるからです。

勉強がつらいと感じてしまうのは、不得意な教科への苦手意識が大きい原因となります。
そんな苦手教科は基礎からのアプローチにてまずは、苦手だという意識から変えていく必要があります。

基礎をじっくり勉強し、全てを把握出来た、興味が出るまで勉強し続けましょう。
勉強をし続けることで興味が沸いたら、得意教科になる日も近いのです。

大きな目標があり、大学受験に向けてその高校に入学したのですよね。

高校の勉強を頑張ることが目標ではなく、その先の大学受験に目を向けてみましょう。

小さな目標を達成するには、その先に大きな目標を作りそこに向かわなくてはならないのです。

高校のつらい勉強に立ち向かう方法

効率的な勉強方法として、とにかく書いて覚えることや午前中に勉強をする。などと勉強法というのは世の中に溢れかえって存在しています。

しかしここでは勉強法は自分がやりやすいもので構いません。
書くよりも繰り返し読む方が頭に入るという人ももちろんいるからです。

そして書いたり読んだり、言葉にして聞いたり覚えたことを脳に定着させることが重要となります。

そこで、暗記に必要となるのが軽い運動、ジョギングをしながら復習することです。

学校が終わり帰宅、その後勉強机に向かった後軽く家の周りをジョギングしながら、今日の勉強内容を復習しましょう。
そうすることで脳に記憶が定着しやすくなり、さらに軽い運動をすることで良い睡眠をとることができます。

まさに一石二鳥の効果を得ることができるのです。
勉強に行き詰まった時のストレス解消法としても軽い運動は、高校生には欠かせない必須行動と言えます。

受験うつの実態とは

受験うつにはいくつか種類があります。

一つ目はプレッシャーからなるうつ病で、悲しみや絶望感ではなく、イライラや怒りを抑えられないような症状が出ます。
周りの期待を裏切れないというプレッシャーから発症することが多く、自分には荷が重く逃げ出したいという欲望の表れと言えます。

二つ目はモチベーションをなくしてしまったケースのうつ病で、テストの点数が悪かったり、なんらかのきっかけでやる気がなくなってしまい、どんどん自信をなくしてしまい発症するものとなります。

そして三つ目は友達や他の優秀な同級生と比較し、劣等感を感じてしまうコンプレックス型のうつ病です。
学校では自分の周りとの人間関係を断つことは難しく、思春期にはついて回る問題となります。

現代ではインターネットやSNSでたくさんの情報を得ることが出来るため、根拠のない情報に振り回されることも多く、受験うつの患者は年々増加しているようです。

効率よく勉強出来る方法をたくさん試してみよう

勉強に行き詰まったら一度休んでみることも大切です。
状況を客観的に見ることで、新しい勉強法を発見することが出来たり、自分に何が足りないかを知ることが出来るからです。

息抜きをすることで、勉強への意欲や楽しさもまた違う角度から見つけることも出来ます。

あまり自分を追い込みすぎず、甘やかしてあげることもとても大切なのです。

学校の先生や自分の親との話がかみ合わず喧嘩になってしまうこともあります。
勉強について行けないと悩むこともあります。

しかしそれが全てではありません。
あなたの未来は無限に広がっています。自分次第でどうにでもなる、まだまだ長い人生の始まりにすぎないのです。

一度や二度失敗することだって悪いことではありません。
少し気持ちを楽にしてみてはいかがでしょうか。

そして一度深呼吸をして自分の今を考えて、もう一度勉強に向かうモチベーションを作りましょう。

 - 学校・勉強