時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

   

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、しっかりとケアをしてあげることが大切です。

赤ちゃんの爪切りをする時にはしっかりと安全対策をしないと、思わぬ怪我をさせてしまったり、失敗してしまうこともあるので注意が必要です。

そこで赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法について紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったり...

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが...

電話が苦手な男は多い?彼に嫌がられないためにできること

恋人同士であれば頻繁な電話というのも珍しくはありません。しか...

「課題が終わらない!」休むのはあり?仮病を使う前に考えること

しまった、課題を忘れてた・・・締め切りの前日になると不思議と...

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生...

電話が苦手な女子必見!暇電を断りたい時の上手い理由とは

女子の電話はとても長く、恋愛や日常のなんでもないような出来事...

手の震えの原因は?50代に多い手の震えの要因と対策

年齢を重ねると体にはいろいろな症状が出ることもあり...

通っている学校を辞めたい。両親に響く説得の仕方とは

高校や大学を辞めたいと考えている時、一番のネックと...

マンション管理会社へ苦情の連絡をする時のポイントはコレ!

マンションで住んでいると他の住人に対する苦情もあれ...

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする...

公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ!

公務員の試験を受けることを決意した時から、必死に勉...

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去...

一人でスナック経営を成功させるためのポイント教えます

スナックを一人で経営していくことになったら、成功させるために...

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、し...

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎ...

部活の友達や仲間と対立!部活が嫌いになりそうな時の対処方法

中学・高校生、そして大学生の一部の人にとって、学校の部活動は...

過呼吸になった時に救急車を呼ぶ前にできる事はコレ!

過呼吸になると自分で思うように呼吸ができなくなるので、軽いパ...

スポンサーリンク


赤ちゃんの爪切りをする時は動いている時に失敗しやすい

赤ちゃんの爪切りを失敗する要因としては、赤ちゃんが起きている時に爪切りをすることで、急に動いて失敗してしまうケースが多いです。

赤ちゃんはが起きている時は急に動くことはよくあるので、爪を切ろうとすれば失敗してしまうでしょう。

爪はとても小さくちょっとズレただけで深爪をしてしまったり、指を切ってしまうことも考えられるのであまりおすすめできません。

赤ちゃんが大人しいから爪を切ろうと思っても、お母さんが触った時に反応して指を動かそうとすることもあります。

爪は小さいですりしっかりと切り取らなければ、爪を誤飲してしまう可能性もあります。

また深爪をすればちょっと触れただけで痛くなってしまうので、動くたびに泣き出してしまうでしょう。

絆創膏を貼ると誤飲の可能性もあるので、爪を切る時には細心の注意を払ってから行いたいものです。

赤ちゃんの爪切りが失敗した時は様子をみる

赤ちゃんの爪切りをして失敗してしまった時には、はっきり言えばどうすることもできません。

爪が伸びてくるまで待つしかありませんが、その前に赤ちゃんがずっと爪を気にしてしまいます。

すると次に爪を切ろうとすれば抵抗して嫌がってしまう可能性も高いので、赤ちゃんの様子を見守ってあげることしかできません。

だからこと爪を切る時には注意をしながらやることが大切なので、落ち着いた状況で爪切りをするようにしましょう。

爪を切った時の失敗として、深爪や血が出てしまうことが考えられます。

どちらも指に痛みを感じるので、赤ちゃんは何かに触れるたびに泣いてしまうのは仕方がありません。

少しでも痛みを和らげようとして絆創膏を張ると、誤飲してしまう可能性もあるので、赤ちゃんの時は何もせずに血が止まるまで待ちましょう。

赤ちゃんの様子を見てあまりにも痛がることが続くようならば、医者に相談してみるのもいいかもしれません。

爪切りを失敗させないためには赤ちゃんの体勢に注意する

赤ちゃんの爪切りを失敗させないためのコツは、自分が普段爪を切るのと同じような目線で行うことです。

赤ちゃんの爪を切る時に正対して爪を切ってしまうと、いつもとは視点が違うので良く分かりません。

自分が爪を切る時と同じ方区から爪を切ることで、同じような感覚で爪を切ることができます。

赤ちゃんと生体して爪を切ってしまうと、深爪をしてしまう可能性が高くなるので、必ず自分と同じ視点で赤ちゃんを移動させてから爪切りを行いましょう。

爪を切る時には少しずつ切ることが基本なので、赤ちゃんの爪が小さいからといっても一気に切らないようにしましょう。

大人用の爪切りで切ろうとすると一気に切ってしまうので、真ん中部分が深爪になりやすいです。

できれば赤ちゃん用の爪切りを使ったり、端から何度も細かく爪を切ることで、失敗することを防ぐことができます。

一気に切ろうとしたりお風呂上りにやると失敗しやすいので注意

爪きりで失敗させないようにするには、一気に切らないこととお風呂上りはやらないことです。

赤ちゃんの爪はまだ柔らかい状態なので、お風呂上りになると爪も柔らかくなっています。

爪の周りの指も柔らかくなっているので、爪を切ろうとすれば柔らかい爪が剥がれてしまう可能性があります。

爪が柔らかいので切っている感覚も感じられないので、つい深爪になってしまうケースが多いです。

一気に爪を切ろうとすれば柔らかい爪によって奥まで爪切りが入りこんでしまい、思わぬ深爪になってしまうかもしれません。

柔らかいと非常に切り辛いことから、お風呂上がりの爪切りは辞めた方が無難です。

お風呂上りは赤ちゃんもさっぱりしたので、機嫌も良くなっています。

機嫌が良くなると動くことも多くなることから、思わぬ怪我をさせてしまう可能性もあるので注意しましょう。

深爪しないように余裕を持って爪を切る

赤ちゃんの爪切りをする時のポイントは、深爪をしないことです。

深爪をした時点で失敗してしまったと同じことなので、赤ちゃんは深爪が気になってしまい、急に泣き出してしまうことも多いです。

深爪になった時に対処する方法は、とにかく待つしかありません。

赤ちゃんの新陳代謝は大人よりも早いので、爪が伸びるスピードも早いです。

そのため早く爪が伸びれば深爪も気にしなくなるので、爪が伸びるまで待つしかないでしょう。

しかし伸びり前に赤ちゃんが泣いたり機嫌が常に悪くなってしまいます。

また深爪した所から細菌が入ってしまうことも考えられるので、失敗しない工夫が必要です。

赤ちゃんの爪を切る時には余裕を持ってきることが大切で、1mm程度は白い部分が残るようにしましょう。

こまめに爪切りをすればいいですし、できれば寝ている間に爪を切れば安心して爪切りに集中できます。

爪きりに失敗しないように工夫をして、赤ちゃんに怪我をさせないように注意しましょう。

関連記事はこちら

 - 育児・子育て

ページ
上部へ