時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

   

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、しっかりとケアをしてあげることが大切です。

赤ちゃんの爪切りをする時にはしっかりと安全対策をしないと、思わぬ怪我をさせてしまったり、失敗してしまうこともあるので注意が必要です。

そこで赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法について紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

双極性障害は薬が効かない?双極性障害のおける投薬治療の問題点

双極性障害で薬が効かない事が多いと言われています。 も...

アルコール依存症を改善するには?家族が見捨てるメリットとは

アルコール依存症はお酒を飲む人が陥ると抜け出すのに...

IH炊飯器の電磁波による危険性とうまく付き合う方法をご紹介

最近よく耳にする電磁波の影響ですが、IHの炊飯器の電磁波が強...

お腹が出てるのが気になる!硬いお腹の正体と対策方法

普段からお腹が出てることを気にしていますが、触って...

自転車の防犯登録が義務化されていることのメリットを解説

自転車を購入した時に必ず防犯登録を勧められますが、実際には義...

NHKの集金は夜中にも来るの?夜間に集金する理由とは

夜中に訪問者が来たと思ったらNHKの集金に来てびっくりした経...

年金は学生でも払う義務がある!未納を回避するための方法とは

年金は20歳以上になると支払い義務が発生しますが、学生でも当...

食後に左脇腹の痛みが強い場合は要注意!それは受診が必要かも!

左脇腹の痛みを食後に感じる事ありませんか? その内治ま...

咳が止まらない時はどうする?薬効かない時の対処法をご紹介

急に咳が出て止まらない時もありますが、薬を飲めば大抵は治って...

お茶の飲み過ぎは病気を招く!?取り入れると危険な”量”とは

お茶は本来体に良いもの。糖分のたっぷり含まれたジュースを飲む...

お腹のマッサージで”ヘンな音”が!?お腹の音の正体はコレ!

痩身効果を期待して、便秘解消、老廃物対策・・などの理由で、お...

タバコの匂い消しに役立つ方法とは?髪の匂いの消し方と対処法

タバコの匂いはすぐに髪や服についてしまいますが、タバコの匂い...

睡眠と音楽との関係とは?質の高い睡眠に効果的な音楽との関係性

質の高い睡眠と音楽とは関りがあり、非常に効果が高い...

親子関係を切るには?関係を断つ前に考えておくべきこととは

親子でもどうしても仲が悪くて縁を切りたいと思うこと...

看護学校に入学するには?社会人が合格するための勉強方法

社会人になってからも看護の仕事をしたい人にとって、...

タバコの副流煙による頭痛の原因と対処法をご紹介

タバコを吸うことによって本人には害があることは分か...

肺炎で入院した人のお見舞いをする時に知っておくべきルール

入院した人のお見舞いではいろいろ気をつけるべきことがあります...

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

スポンサーリンク


赤ちゃんの爪切りをする時は動いている時に失敗しやすい

赤ちゃんの爪切りを失敗する要因としては、赤ちゃんが起きている時に爪切りをすることで、急に動いて失敗してしまうケースが多いです。

赤ちゃんはが起きている時は急に動くことはよくあるので、爪を切ろうとすれば失敗してしまうでしょう。

爪はとても小さくちょっとズレただけで深爪をしてしまったり、指を切ってしまうことも考えられるのであまりおすすめできません。

赤ちゃんが大人しいから爪を切ろうと思っても、お母さんが触った時に反応して指を動かそうとすることもあります。

爪は小さいですりしっかりと切り取らなければ、爪を誤飲してしまう可能性もあります。

また深爪をすればちょっと触れただけで痛くなってしまうので、動くたびに泣き出してしまうでしょう。

絆創膏を貼ると誤飲の可能性もあるので、爪を切る時には細心の注意を払ってから行いたいものです。

赤ちゃんの爪切りが失敗した時は様子をみる

赤ちゃんの爪切りをして失敗してしまった時には、はっきり言えばどうすることもできません。

爪が伸びてくるまで待つしかありませんが、その前に赤ちゃんがずっと爪を気にしてしまいます。

すると次に爪を切ろうとすれば抵抗して嫌がってしまう可能性も高いので、赤ちゃんの様子を見守ってあげることしかできません。

だからこと爪を切る時には注意をしながらやることが大切なので、落ち着いた状況で爪切りをするようにしましょう。

爪を切った時の失敗として、深爪や血が出てしまうことが考えられます。

どちらも指に痛みを感じるので、赤ちゃんは何かに触れるたびに泣いてしまうのは仕方がありません。

少しでも痛みを和らげようとして絆創膏を張ると、誤飲してしまう可能性もあるので、赤ちゃんの時は何もせずに血が止まるまで待ちましょう。

赤ちゃんの様子を見てあまりにも痛がることが続くようならば、医者に相談してみるのもいいかもしれません。

爪切りを失敗させないためには赤ちゃんの体勢に注意する

赤ちゃんの爪切りを失敗させないためのコツは、自分が普段爪を切るのと同じような目線で行うことです。

赤ちゃんの爪を切る時に正対して爪を切ってしまうと、いつもとは視点が違うので良く分かりません。

自分が爪を切る時と同じ方区から爪を切ることで、同じような感覚で爪を切ることができます。

赤ちゃんと生体して爪を切ってしまうと、深爪をしてしまう可能性が高くなるので、必ず自分と同じ視点で赤ちゃんを移動させてから爪切りを行いましょう。

爪を切る時には少しずつ切ることが基本なので、赤ちゃんの爪が小さいからといっても一気に切らないようにしましょう。

大人用の爪切りで切ろうとすると一気に切ってしまうので、真ん中部分が深爪になりやすいです。

できれば赤ちゃん用の爪切りを使ったり、端から何度も細かく爪を切ることで、失敗することを防ぐことができます。

一気に切ろうとしたりお風呂上りにやると失敗しやすいので注意

爪きりで失敗させないようにするには、一気に切らないこととお風呂上りはやらないことです。

赤ちゃんの爪はまだ柔らかい状態なので、お風呂上りになると爪も柔らかくなっています。

爪の周りの指も柔らかくなっているので、爪を切ろうとすれば柔らかい爪が剥がれてしまう可能性があります。

爪が柔らかいので切っている感覚も感じられないので、つい深爪になってしまうケースが多いです。

一気に爪を切ろうとすれば柔らかい爪によって奥まで爪切りが入りこんでしまい、思わぬ深爪になってしまうかもしれません。

柔らかいと非常に切り辛いことから、お風呂上がりの爪切りは辞めた方が無難です。

お風呂上りは赤ちゃんもさっぱりしたので、機嫌も良くなっています。

機嫌が良くなると動くことも多くなることから、思わぬ怪我をさせてしまう可能性もあるので注意しましょう。

深爪しないように余裕を持って爪を切る

赤ちゃんの爪切りをする時のポイントは、深爪をしないことです。

深爪をした時点で失敗してしまったと同じことなので、赤ちゃんは深爪が気になってしまい、急に泣き出してしまうことも多いです。

深爪になった時に対処する方法は、とにかく待つしかありません。

赤ちゃんの新陳代謝は大人よりも早いので、爪が伸びるスピードも早いです。

そのため早く爪が伸びれば深爪も気にしなくなるので、爪が伸びるまで待つしかないでしょう。

しかし伸びり前に赤ちゃんが泣いたり機嫌が常に悪くなってしまいます。

また深爪した所から細菌が入ってしまうことも考えられるので、失敗しない工夫が必要です。

赤ちゃんの爪を切る時には余裕を持ってきることが大切で、1mm程度は白い部分が残るようにしましょう。

こまめに爪切りをすればいいですし、できれば寝ている間に爪を切れば安心して爪切りに集中できます。

爪きりに失敗しないように工夫をして、赤ちゃんに怪我をさせないように注意しましょう。

関連記事はこちら

 - 育児・子育て

ページ
上部へ