時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

   

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎっくり股関節と呼ばれます。
徐々に痛いと感じるのではなく急に激痛がくるのが特徴で、ぎっくり腰とよく似た症状のためこの名前で呼ばれています。

そんなぎっくり股関節の症状と原因、なってしまった時はどうしたら良いのか、対処法とその後の治療法をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったり...

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが...

電話が苦手な男は多い?彼に嫌がられないためにできること

恋人同士であれば頻繁な電話というのも珍しくはありません。しか...

「課題が終わらない!」休むのはあり?仮病を使う前に考えること

しまった、課題を忘れてた・・・締め切りの前日になると不思議と...

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生...

電話が苦手な女子必見!暇電を断りたい時の上手い理由とは

女子の電話はとても長く、恋愛や日常のなんでもないような出来事...

手の震えの原因は?50代に多い手の震えの要因と対策

年齢を重ねると体にはいろいろな症状が出ることもあり...

通っている学校を辞めたい。両親に響く説得の仕方とは

高校や大学を辞めたいと考えている時、一番のネックと...

マンション管理会社へ苦情の連絡をする時のポイントはコレ!

マンションで住んでいると他の住人に対する苦情もあれ...

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする...

公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ!

公務員の試験を受けることを決意した時から、必死に勉...

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去...

一人でスナック経営を成功させるためのポイント教えます

スナックを一人で経営していくことになったら、成功させるために...

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、し...

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎ...

部活の友達や仲間と対立!部活が嫌いになりそうな時の対処方法

中学・高校生、そして大学生の一部の人にとって、学校の部活動は...

過呼吸になった時に救急車を呼ぶ前にできる事はコレ!

過呼吸になると自分で思うように呼吸ができなくなるので、軽いパ...

スポンサーリンク


急に股関節が痛いと感じた時はぎっくり股関節を疑う

ぎっくり股関節の痛みの特徴としては、股関節から太ももにかけて、太ももの裏側に痛みを感じます。
寝ている時や座っている時にも痛みが起こることがあり、ひどく激痛が走るため歩くこともできなくなります。

ソファーや床でうたた寝してしまった時や、夜眠る前にジンジン痛くなったりもします。

ぎっくり腰やきっくり背中といった聞きなれた言葉と同様に、今ではこの症状に悩む人が多くいるようです。
原因としては股関節の歪みやズレ、内臓の疲れによるものがあげられます。

一言で骨盤の歪みやズレといってもその根源は様々であり、日常の足を組む行為や股関節に負担をかける体制での寝方がよくない影響を与えている可能性があるようです。

日常のちょっとした体の癖や習慣から、このような激痛を引き起こしてしまわないように、負担がかかる動きや体制は避けたいものです。

股関節が急に痛い!ぎっくり股関節になってしまった時の対処法

このぎっくり股関節には、なってしまった時に症状を和らげる対処法があります。

まずは症状が現れて、痛くて歩行も難しい時。
ストレッチやマッサージなどで患部を刺激することはやめましょう。

炎症が起きている状態になるので、患部への刺激は逆効果なのです。

そして痛みを温めると楽になるとよく言いますが、ぎっくり股関節の場合はこれもやめましょう。
炎症の無い筋肉や神経痛であれば温めることは効果的ですが、ジンジンとした炎症が起きている痛みには、温めたりお風呂につかったりすることは避けたほうが良いと言えます。

痛みを抑えるツボもとても効果的です。

注意点を踏まえて、自身で判断せずに症状が重くなる前に病院にかかりましょう。
このぎっくり股関節は怪我をしている時と同じで、炎症を広げないように安静にすることがなによりも大切です。

急に痛い思いをしないように。ぎっくり股関節の予防法

出来れば防ぎたいぎっくり股関節ですが、日常から意識しておけば充分予防することが可能です。

まずは姿勢を正し、骨盤にかかる負担を減らすことです。

足を組んだり、左右どちらかに重心を置くような立ち方であったり座り方、ソファーや床で寝心地の悪いところでうっかり寝てしまうことが多い。などと日常から気付かずに股関節に大きな負担をかけてしまっています。

ストレッチをして体を柔らかく保つことや内臓を冷やさないように温めること、疲れをきちんと食事や睡眠で取ることが股関節の負担を軽減するのです。

月に一度は整体へ通い、体のメンテナンスをすることが出来れば最も良いでしょう。

時間がない方も、年に数回だけでも見てもらうと、自分の体の癖がわかり予防しやすい環境を作ることができますよ。
一度痛みが出ると完璧に治すことは難しいでしょう、そのため予防をすることがとても大切なのです。

ぎっくり腰やぎっくり股関節に共通することとは

ぎっくり腰や股関節痛の症状が出た時、そんな時体はとてつもなく悲鳴を上げているのだと考えてください。
どちらの症状にも、必ずといっていいほど前触れのような痛みの症状が出ているはずです。

腰と股関節の関係とはとても密接で、ぎっくり腰や腰のだるさを感じて調べてみると実は股関節痛だったということが多いのです。

背中や首の痛みには常に敏感に感じることができますが、股関節の悲鳴には意外と気付かない人が多いようですね。

腰痛を患うと完治することは難しく、腰痛と一生付き合い続けることが多いです。
慢性化してしまうのは日常にとても腰に負担のかかることが多いからなのです。

腰をいたわり痛みを抑えるためには、軽い運動や筋トレによって周りの筋肉を鍛える必要があります。
それにより同時に股関節のケアもすることができるということなのです。

ぎっくり股関節の再発防止に向けて

多くの腰痛や股関節痛は、痛みを繰り返すという傾向があります。

そんな痛みが続くと日常の生活に支障が出ます。なんとかして再発を防止したいですよね。

腰痛や股関節痛があると、夜寝付きが悪かったり朝の目覚めも痛みで起きてしまったり、気持ちの面でも大きな悪影響があると言えます。

腰回りの筋肉の強化にはもちろん筋トレが必要ですが、普段の姿勢や腰への負担を意識して座ったり歩いたりするだけでも体への負担は確実に軽減されます。

良い姿勢を保つよう心がけること、座りっぱなしの状態をなるべく作らないように伸びをするように心がけることで、意識して姿勢を正したり、前かがみになりスマートフォンやパソコンを使用することは控えましょう。

日常のちょっとした意識改善で、腰痛や股関節痛を防ぐことはできるのです。
将来痛みのない人生を送るための努力は、今から積極的に行いましょう。

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ