時事ネタ斬

時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

タバコ臭いと怒られた!迷惑をかけないために気をつけたいこと

2017.8.30

禁煙者のとってタバコの臭いは不快でしかありませんが、タバコを吸っている人にとってはどれほど他人に迷惑をかけているか分かりません。

自分がタバコ臭いと怒られてようやく気づくこともあるので、他人に迷惑をかけないように自分から意識する必要があります。

そこでタバコ臭いと怒られる前に、迷惑をかけないように気をつけることを紹介します。


タバコの臭いが迷惑だと言われないように毎日洋服を洗濯する

自分がタバコの臭いで迷惑をかけないようにするには、普段の行動を習慣化することが大切です。

タバコを吸っている人にとって自分がどのくらいタバコ臭いか、知ることは難しいでしょう。

タバコの臭いはあらゆる所に付着するので、髪の毛から洋服までしっかりと臭いが移ってしまいます。

普段からタバコを吸っている人にとって、洋服のタバコ臭さは気づくことはできないでしょう。

そのため洋服を洗わないで着てしまった時に、その日にタバコを吸っていなくてもタバコ臭いと言われてしまいます。

タバコの臭いは自分では気づかないことが多いので、毎日選択をして着替えることを習慣化させましょう。

体は毎日お風呂に入って臭いや汚れを落とすことはできますが、洋服の臭いまで気遣うことができない人も多いです。

タバコの臭いで迷惑をかけたくなければ、毎日洗濯することも意識しましょう。

タバコ臭いで迷惑だと言われたら消臭グッズを利用する

タバコの臭いに悩んでいる人は大勢いるので、タバコの臭いを消す効果のあるグッズもたくさんあります。

自分がタバコ臭いので迷惑をかけたくないと思ったら、口臭をケアすることは最低限のマナーです。

タバコを吸った後は肺までタバコの臭いが入り込むので、息がタバコ臭くなります。

タバコが嫌いな人にとってタバコの臭いに加えて、口臭の臭いが混ざるとより不快に思ってしまいます。

最低限のエチケットとして口臭をケアする商品を使用して、話をしても不快な思いをさせないように気遣いましょう。

洋服にはタバコの臭いがついているので、消臭スプレーをかけたり、消臭シャワールームを活用して臭いを消すように気を遣うべきです。

自分では気づかないタバコの臭いが他人を不快にさせるので、意識的に消臭グッズを使うことを習慣化させて、臭い対策を心掛けましょう。

タバコの臭いで迷惑をかけないように吸う場所を決めておく

世の中が禁煙の流れになっているので、外でタバコを吸う場所も限られてきています。

タバコの臭いはそれだけ多くの人に迷惑をかけているので、できるだけ人と会う時にはタバコを遠慮した方がいいかもしれません。

特に仕事をする時には顧客やお客と会う機会も多いんで、タバコの臭いで相手を不快な気持ちにしてしまうと仕事にも影響してしまいます。

そのためいくら喫煙場所があったとしても、タバコを吸う時間や場所は自分できっちりと決めておいた方がいいでしょう。

朝起きた時にタバコを吸えば、支度をしている間に臭いをケアすルことができます。

仕事中はタバコを我慢して、仕事終わりにタバコを吸える場所を決めておけば、周りの人にあまり迷惑をかけることも少なくなります。

タバコがストレス発散だとしても、時と場所を選んでおくことで、迷惑をかけずに吸うことができます。

自分では気づかないタバコの臭いがついていることを理解する

自分がどうしてもタバコをやめることができなければ、他人に迷惑をかけないようにすることがマナーとなります。

タバコを吸うのは自己責任なので、体を壊してでも吸いたいと思う人は好きにすればいいでしょう。

しかしタバコの臭いで迷惑をかけてしまうので、自分でしっかりと自覚して気をつけることが大切です。

タバコを吸っている人には気づかない不快な臭いが、他の人に迷惑をかけていると知りましょう。

何気なく外で吸ったタバコの煙や臭いは、周りの人の迷惑をかけますし、タバコを吸った後も体や服に臭いがついているので、近くの人に迷惑をかけています。

自分では気づかないタバコの臭いが、多くの人に迷惑をかけていると分かっていれば、しっかりと対策を立てることができるはずです。

できればやめることをおすすめしますが、迷惑をかけないようにするには、自分の家だけでタバコを吸った方がいいかもしれません。

外ではタバコを吸わないなど本数を規制することも必要

タバコを吸っている人も体に害があると分っているので、自己責任でタバコを吸い続けているはずです。

自分が体調を崩すのは勝手ですが、周りの人に迷惑をかけるのは許せません。

タバコの臭いは吸っている時だけでなく、タバコを吸い終わった後も体や洋服から臭うので、タバコを吸った後に会う人すべてに不快な思いをさせる可能性があります。

タバコを吸わない人は少しのタバコの臭いにも敏感なので、洋服や体についたタバコの臭いが不快にさせてしまいます。

自分でタバコの臭いで迷惑をかけたくないと思うなら、自分の家だけで吸うか、本数を制限するか自制しましょう。

他人からタバコをやめろと言われても、やめることはできないので、自分で自らルールを決めて吸うしかありません。

タバコは中毒性が高いのでやめることは難しいですが、だからこそタバコの煙や臭いで迷惑をかけないように、自分でルールを決める必要があるのです。

できればタバコをやめて健康的な生活を送ってもらいたいですが、体のために本数を減らすなど努力をすることをおすすめします。

 - 生活・ライフスタイル