時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

   

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮肉や嫌味となると、これはもう受動的攻撃の一形態かもしれません。中には悪気があるのではなく、単に人をからかっているだけか、何事もそう扱うという人もいるかもしれません。

嫌味とは「人を傷つけることを目的とした、鋭い、しばしば風刺的な表現」です。いつも嫌味な上司に対してはさまざまな反撃方法から、それぞれの状況に最も適したものを使うことを考えてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

自然消滅で別れるのは嫌!彼氏を最低だと思った時の対処法

せっかく好きになって付き合ったのに、別れが近づいてきた時には...

子供の頭痛はどこが痛む?おでこが痛む原因と対処方法

子供が頭痛すると言われると親としてはドキッとします。頭痛とい...

幼馴染に彼氏ができた!嫉妬する心理と心を抑えるための方法

昔からよく一緒にいた幼馴染に彼氏ができてしまうと、なぜか彼氏...

派遣の仕事は楽過ぎる?仕事が暇な時にやっておきたい事

派遣の仕事はいろいろありますが、会社によっては楽な仕事をする...

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

スポンサーリンク


上司の嫌味に反撃するには、まず自分のことから

今日のビジネス界で生き残り、後れを取らずにいるのは特に難しいことではありません。キャリアを高めたいなら、どんなことに遭遇しようと生き残れるように、身体的にも感情的にも自分を鍛える必要があります。

嫌味な上司のもとで働くのは決して簡単なことではありませんが、仕事を失いたくないなら、適切かつ効果的な方法で対処することを学ぶことが非常に重要です。最初は簡単ではないでしょうが、時間がたつにつれて慣れるくるはずです。

職場では、常にプロとして行動することが非常に重要であり、幼稚なやり方で行動した瞬間、周りの尊敬は消えていきます。人に真剣に取り合ってもらえるように、常に少しいかめしいくらいでいて、多少嫌味を言われたからといって動じてはなりません。このような複雑な状況にうまく対処できるようになるためには、まず自分の自尊心を磨くことが最も重要です。

嫌味な上司に反撃する前に、まず敵を分析すること

あなたの上司が絶えず嫌味な行動を取っている場合は、それがあなただけに向けられているのか、それとも他の人にも向けられているのかを考える必要があります。常にあなただけに向けられているなら、その理由を考えてみる必要があります。他の人にも同じことをしているなら、あなたが何か相手をいらだたせるようなことをしたせいではないと分かります。問題の上司が自分だけに嫌悪感を持っているかどうかを確認するには、目を離さずに観察するだけです。

異なる人々は、全て異なる方法で扱われる必要があり、扱いやすい人もいれば、対照的に複雑な性質を持つ人もいます。あなたの上司が嫌味な人間であることに気がついたら、何がその人を嫌味にさせているのかに注目する必要がありますが、真似をしてはいけません。他の人がそうだからといって、自分までそうなる必要はありません。あなたに対する妬みから来ている嫌味なら、気にしないことが一番ですし、むしろ喜んでください。

嫌味な上司に反撃する方法を考えるとき、その嫌味がどれくらいきついのか少し時間をかけて考えなければなりません。もし多少ユーモラスな嫌味なら、あまり考えすぎず、できれば笑い飛ばしてください。しかし苦々しいだけでなく、とても傷つけられる嫌味なら、おとなしく見過ごすべきではありません。おとなしく、穏やかに行動した瞬間、あなたは間違いなく相手に利用されるようになります。

嫌味な上司に反撃する第一歩は無視すること

時には嫌味に対処するさまざまな方法を試みるよりも、あなたにできる最良のことは単純にそれを無視することです。

あなたが幼稚なことを気にする人間ではないとわかれば、いずれ相手もつまらなくなって嫌味を言うのをやめてしまいます。沈黙は金、この方法は、嫌味な人に対処するのに最も効果的であると分かっています。たいていはこれでうまくいくはずですから、最初から不必要に攻撃的な態度に出て、周囲の人を敵に回すリスクを冒すことはありません。

嫌味はしばしばその言っていることと反対のことを意図していますから、嫌味に言葉通り反応するのではなく、その本当の意図に答えるようにすれば、上司の言ったことに傷つかずにすみます。嫌味をまともに取ると、相手のコミュニケーションの取り方に乗ってしまうことになります。

嫌味な上司を相手にするときは、自分も同じような調子で答えるのではなく、プロフェッショナルなスタンスを維持してください。

常に嫌味な上司は、その行動のせいですでに人事部から目を付けられているかもしれません。嫌味を通じて従業員を脅迫したり、屈辱を与えたり、職場で恐怖を引き起こしたりする上司は、会社にとって大きな法的リスクになりかねません。プロに徹して、不適切なコミュニケーションや行動で上司に反応することを避けてください。

反撃もやり過ぎは禁物、限度をわきまえて

時々、無視戦術が通用せず、あなたの沈黙を弱さと勘違いし、あなたの善良さにつけ込む人がいます。もし沈黙からヒントを得ることを拒否する人がいたら、相手のやり方で反撃に転じる時です。

嫌味なことを言ったりしたりするのがそもそも苦手だという人は、誰か詳しい人に相談して、やり方を教わる必要がありますが、しかし本当に嫌味な人間になってしまうことがないように気をつけてください。

反撃のために、時には相手と同じように行動するのはよい考えですが、それは相手の嫌味があまりにきつすぎない場合だけです。もし相手の嫌味があまりにきつすぎると思ったら、そこまでやり過ぎないようにします。

その人が邪悪な意図を持っているなら、遅かれ早かれその人は罰を受けます。一度そのレベルに落ちてしまうと、自分も堕落した人間になってしまいますから、気をつけてそこまで落ちないようにして、常に自尊心を保ってください。

笑い飛ばすのが最善、でも限度を超えたときは

可能な限り嫌味を笑い飛ばすようにしていれば、いずれ相手はあなたが嫌味をまともに取り合わないのだと気づいて、行動を改めるはずです。そうした嫌味はいついかなる時も受け入れられないのだと静かに伝える、問題解決のための非常に賢い方法です。

ある程度、人は下らないないことも我慢できるものですが、ある一線を超えると、もうこれ以上の緊張に耐えられないと感じるようになります。ですから嫌味が嫌がらせのレベルの達したら、人事部に苦情を申し立てることを躊躇すべきではありません。自分で問題に対処しようとするのではなく、状況に最もよく対処できる人達に解決を委ねるべきです。罪のある人に罰を受けさせるために、躊躇せずに報告して下さい。

危機に対処する他のすべての方法が失敗したなら、辞表を提出することをためらわないで下さい。どういう立場の社員であっても、誰もがふさわしい敬意を払われなければならず、誰もあなたに意地悪で嫌味な話し方をする権利はありません。

単に上司が嫌味な人間だからといって、即辞表を提出して他の仕事を探すべきということにはなりません。しかしもうこれ以上は耐えられないと思ったら、転職を検討してもいいでしょう。あらゆる時点で、自分にとって最もよいと考えることをしてください。何より自分にとって何が最善かを知っているのは、あなた自身なのですから。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ