時事ネタ斬

時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

2017.5.29

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。

例えば、人の出入りが激しい職場や、個人プレーが推奨される職種、社員同士の馴れ合いを良しとしない社風――理由は様々ですが、そんな人との繋がりが薄い職場にやりがいを感じられない、と感じていませんか?

もし、あなたが入った会社が、そんな職場だった時、どのように立ち回ればいいのでしょうか?

人間関係が希薄な職場 そもそも同僚と交流を図る必要はない?

何故、その職場の人間関係が希薄なのか、その理由をまず考えてみましょう。

  • 社風自体がドライ
  • ほとんどが派遣社員・契約社員などのため
  • 職種的に個人間の付き合いがない(周囲は皆ライバル)
  • 就業中、私語が許されない場所だから
  • プライベートな付き合いをそもそも禁じられている

…と、様々な理由があります。

ですから、学生時代に友人や仲間達と楽しく過ごしてきた、そうした人が人間関係が希薄な会社に入った時は、そのギャップに悩み、寂しさを感じてしまうのも無理はないのかもしれません。

ただ…もしもあなたが、まるでドラマのような、社員同士の関係が濃密な――まるで大学時代の仲間が集まって楽しく仕事をしている職場を探しているのだとしたら、それは考え違いをしている可能性がとても高い、と言わざるを得ません。

何故なら、そもそも会社(企業)というものは、会社のために利益を上げて、その見返りとして賃金や補償などを得る、という、とてもドライな場所であるからです。

人間関係が希薄な職場こそ、やりがいを感じている人もいる

例えばコールセンターのような、人員は沢山いるけれど、それぞれは別の派遣会社の社員であるような職場、加えて休憩時間もまちまちなら、出退勤の時間も異なる、仕事中の私語は不可。

そんな職場なら、まず間違いなく、人間関係は希薄になります。

他者とコミュニケーションを密に取りたい人ならば、そうした職場を物足りないと感じるどころか、居づらい、楽しさが見いだせないために辛く思うでしょう。

しかし、コミュニケーションを必要としていない人にとっては、他人に鑑賞されず、自分の仕事に集中できるそうした職場こそ、やりがいのある場所だと感じます。

もともと、自分が入社する前からそのような、ドライな環境だった場合には、残念ながらあなたの憧れるような”アットホームな会社”には、どう頑張ってもならないと思ったほうがいいでしょう。

むしろ、楽しくやろうと持ちかけられることや、個人的なことを聞かれること、そうしたことが不快に感じる人が集まっている可能性が高いので、徒労に終わるどころか、あなたが避けられてしまう可能性があります。

人間関係が希薄・濃厚どちらの職場にも、それぞれ長所短所がある

逆に、人間関係が濃厚な職場ならば楽か、というと、実はそうではありません。

求職情報に書いてある通りの「アットホームな」「社員同士の交流が盛ん」、そうした職場であっても、いざ入社してみると、仲がいいように振る舞ってはいるけれど、表面上だけの付き合いだった…という例は、それこそいくらでもあります。

そして、本当にアットホームな会社でも、今度は逆に社員同士の交流が密になりすぎて、私生活や、昔からの友人との付き合い方にすら口出しをされることすらあります。

毎週末、会社の人との飲み会や遊びに付き合うことになり、気が付けば同僚以外の人との縁が切れてしまっていた、という事もあるほどです。

更に言えば、社員同士の結びつきが強すぎて、他の価値観を持っている人間が浮いてしまう・馴染めない社員はとことん相手にされないという危険性があることも、忘れてはいけません。

むしろ、一旦”異分子”だと認識されてしまうと、どんどん孤立してしまい、本業であるはずの仕事にすら支障が出る可能性だって否定出来ないのです。

どうしても職場の人間関係に馴染めない時はどうすべき?

こうして両方のケースを見てみると、あなたが「ちょうどいい」と感じる人間関係の”密度”を持った会社を見つけることは、相当難しいことが分かるかと思います。

人間関係が希薄か、濃密か――どちらの職場を辛いと思うか、楽だと思うかは、その人次第になってきます。

しかし、どちらが良い、悪いという問題でもありません。

単に、その人自身の性質や好みの問題でしかなく、結局は働きやすい人がその職場に残り、居心地が悪いと思う人は、ある程度の経験を積んだ後に転職するか、自分自身も割り切ってしまうか、どちらかになるでしょう。

社員同士の馴れ合いを禁止し、周囲の同僚は全てライバル――そうした超実力社会の会社は、業績が良くとも、孤独さから離職を考える人は少なくないですし、逆の馴れ合いが過ぎる会社でも、私情ばかりが優先され、気が付けば経営悪化という自体に陥ることも、珍しくありません。

職場の人間関係に完璧を求めず、私生活でバランスをとろう

程よい人間関係を職場に求めることは間違っているのか。

この答えは、多分、誰も明確に出すことは出来ません。

何故なら、人間は、他者とコミュニケーションを取ることで満足感を得る生き物であると同時に、高い自尊心を持っている、そもそもの矛盾を抱えているからです。

ただ、もし職場の人間関係が、自分の求める密度でなかったとしても、逆に私生活で上手くバランスを取り、働き続けている人のほうが大多数であるのは確かです。

会社で得られない仲間意識を、学生時代の友人達と遊んだり、新しい出会いを求める時には社会人サークルに参加してみたり、休日には一人のんびり、誰にも邪魔されないリラックスタイムに当てたりと、人それぞれの方法で、職場の人間関係で溜まったストレスを発散しています。

自分らしさが発揮できる、自分の求めるような職場でなくても、決してそこで悲観せず、自分なりの働き方と心地よい人間関係を構築出来るよう、考え方を変えていきましょう。

 - 仕事