時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

要注意!精神が不安定になっている時の症状は心のSOSのサイン

      2017/02/21

要注意!精神が不安定になっている時の症状は心のSOSのサイン

ストレスが多い現代社会では、精神が不安定になって、仕事が手につかなくなると言うことも、よくある話です。

そんな時は、無理をせずにゆっくり休むことが肝心です。

まずは、自分の状態を正確に把握し、適切な治療を受けることが一番の対処法なのです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

スポンサーリンク


好意を持っている相手には無意識に視線を向ける

精神が不安定になりますと、様々な症状が出てきます。

それらの症状の多くは、一般的な病気の症状とは少々異なります。

ここでは、いくつか症状をご紹介しますので、当てはまる方は要注意です。

・眠りが浅く、夜中や朝方に目が覚めてしまい、常に寝不足状態となります。

・とにかく憂鬱だという状態が続きます。

・仕事だけでなく、掃除、洗濯、炊事といった日常的なことにも全く手がつかず生活が荒れます。

・朝会社に行こうとすると、体が動かない、吐き気や頭痛が起きますが、会社が休めるとわかると少し落ち着きます。

・仕事の事やプライベートな事について、ある種の手詰まり感があり、逃げ場がなくどうしようもないという感情に襲われます。

・過去にあった嫌なことや、自分ではどうすることもできないことについて繰り返し悩みます。

それが元で悲しくなったり、怒ったりします。

・人の視線を強く意識して赤面したり手が震えたりします。

・理由もなく涙が出ます。

いつの間にか近くにいる

精神が不安定になって症状が出ている時には、人に相談すると良いでしょう。

また、不安に思っていること、嫌なこと、怒っていることなど、その時に考えていることを紙に書き出すのも効果的です。

紙に書き出すと頭の中が整理されるため、良い結果になることが多いです。

これらの他に、悩む時間を決めておくと良いです。

精神が不安定な時は、心配事や嫌なことを考え始めると終わり無く考え続けます。

そのため、負の感情が蓄積されます。

このようなことを避けるため、悩むのは人に相談する時と紙に書き出す時、または、今から30分悩んだらゲームをするなど、悩む時間を決めて、その時間以外は他のことで気を紛らわせましょう。

相談する相手は、家族や恋人、友人が良いでしょう。

ただし、聞き役に回ってくれる相手を選ぶことが大事です。

もし、そのような相手が居ない場合は、カウンセラーの先生に相談することをお勧めします。

カウンセラーの先生は聞き役にもってこいです。

何度か相談して信頼関係ができれば、更に色々な事を話しやすくなり好循環です。

一人称や言葉遣いが変わる

不安で頭が一杯になった時、多くの方は不安をなんとか消そうとして悩むでしょう。

しかし、不安を消そうとして悩むと更に不安が増長されることが多いです。

そこで、不安を消そうとは思わず、いつもやっていることに集中するようにします。

例えば、仕事を持っている方であれば、仕事に没頭してより高い成果を求めることも良いでしょう。

普段家事をこなしている方であれば、いつも以上に手の込んだ料理に挑戦するなどしてみると良いでしょう。

読書や趣味に没頭するのも良いです。

いずれの場合でも、悩み以外のことに没頭することで悩まないようにします。

また、身体的に安静を心がけることも大事です。

緊張すれば深呼吸をして落ち着きます。

張り詰めている時は水を飲んで体を落ち着けます。

寝る前にパソコンやスマホの画面を長く見続けると安眠の妨げになりますので、そうしたことは控えるようにします。

このように、心と体を落ち着かせて安静な日々を送ることで、不安を忘れられるでしょう。

ボディタッチが増える

自分を責める自責の念は精神を不安定にします。

その逆で、どんな小さなことでも自分を褒めることができれば精神は安定する傾向にあります。

精神の安定に努めて日々を送られれば、安定した人生となるでしょう。

人は、こうしたことの他に、不安定な事柄に対して強く不安を覚える傾向にあります。

例えば、仕事のことや家庭のこと、お金の問題など、今の状態からある程度先の想像はできても確実なことは一つもありません。

そのため、人は皆、色々考えすぎてストレスをかかえることになります。

更に言えば、人は最悪の事態を想定しやすいものです。

そのため、考えれば考えるほど最悪の事態を考え続けます。

経験上、最悪の事態ばかり起こり続けることは稀で、良いことも起こっているのですが、得てして、悪い事態ばかりに目がいってしまいます。

こうした思考を逆手に取り、努めて良い結果も考えるようにしましょう。

休日にのんびりして体を休めるのも良いですが、良い事を積極的に考えて心のリフレッシュもしたいものですね。

手足の動き

精神が不安定になって症状が出てきたと思ったら、リラックスしましょう。

リラックスするのに効果的なのは、深呼吸することです。

ストレッチをするのも良いでしょう。

他には、悩みを友人に話すとスッキリします。

電話でもランチでもいいので友人に話を聞いてもらいましょう。

湯船にゆっくり浸かるのも良いですね。

体が十分に温まると頭もリラックスできます。

ヨガや瞑想でリラックスするのも良いです。

慣れるのに多少の時間がかかりますが、心を落ち着ける手段としてはおすすめです。

これらの事は、特に難しいことではないと思います。

ご自宅でできることが多いですし、多くの費用を必要としません。

大事なのは、少しでも早く精神が不安定になっているという症状に気づくことです。

ストレスの小さなうちにこれらの対策をすることで、大きなストレスになる前に解消できます。

こうしたことの積み重ねが、精神を安定させ、平穏な生活を送るための大きな助けになります。

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ