時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

なぜ?敬語を使う男性の心理について迫る!

      2017/02/22

なぜ?敬語を使う男性の心理について迫る!

男性が敬語を使って話しかけるのはどういった心理なのでしょうか?

今回は敬語を使う男性の心理についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

給料が振り込まれてない!?退職後の給料に関する問題やその解決策

給料日というのは、働いた以上毎月決まった日にかならやってくる...

自然消滅で別れるのは嫌!彼氏を最低だと思った時の対処法

せっかく好きになって付き合ったのに、別れが近づいてきた時には...

子供の頭痛はどこが痛む?おでこが痛む原因と対処方法

子供が頭痛すると言われると親としてはドキッとします。頭痛とい...

幼馴染に彼氏ができた!嫉妬する心理と心を抑えるための方法

昔からよく一緒にいた幼馴染に彼氏ができてしまうと、なぜか彼氏...

派遣の仕事は楽過ぎる?仕事が暇な時にやっておきたい事

派遣の仕事はいろいろありますが、会社によっては楽な仕事をする...

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

スポンサーリンク


そもそも敬語って?

私たちは皆生活の中で、家族、友人、恋人、先輩、先生、同僚、上司、クライアント、色々な立場の人と対話しますが、それぞれの人ごとに違う言葉遣いをします。

お互いの人間関係で立場が違うからです。

年齢の上下、職場の地位の上下などの他にも、店の店員とお客のような立場もあります。

例え店員の方が年齢が上であっても、偉いのはお客さんの方ですね。

日本語にある敬語とは、そうした立場の違いを明確にするために存在する言葉です。

自分より立場が上の人を敬うために使う言葉や、逆に自分がへりくだる時に使う言葉、相手への敬意を示すために丁寧な言い方をする言葉などがあります。

敬語は堅苦しい言い方で、普段なかなか機会がなくて使い慣れていないし、ちゃんと使いこなせるか自信がないという人も多いと思いますが、互いの立場を明確にし、コミュニケーションをスムーズにするというとても重要な役割を持っています。

きちんと使いこなせるようにしておかなければなりません。

誰にでも敬語を使う

不必要に敬語を使う人の心理とはどのようなものなのでしょうか?見た目通りに丁寧に礼儀正しい人というわけではありません。

その本当の目的は自分の感情を表に出さない、他の人に悟られないようにすることです。

また人と必要以上に親しくなりたくないので、敬語を使って距離を置いている場合もあります。

本人が具体的にそう意識しているかは分かりませんが、深層心理にはそうしたものがあるのです。

普通敬語を使うのは公の場に出た時や目上の人と話をする時ですが、そのような場面ではないのに敬語を使う人がいたら、その人は心の中に激しい感情を抱いていると見て間違いありません。

喜びや悲しみを外に出すのはちょっと照れくさいという程度で、恥ずかしいことではありませんが、怒りや嫉妬心をストレートに表に出すのは子供じみていてみっともないことです。

そうした感情を押し殺そうとすると、どうしても必要以上に言葉が丁寧になるものです。

いつも敬語で話すという人は、自分の感情を誰にも見せたくないのです。

そうしなくてもいいものものまで押し殺している場合もあると思います。

恐らくそれはその人の性格的なものなのでしょう。

敬語は感情を隠すために使う

敬語を使うのは激しい感情を表に出さないための有効な手段です。

誰でもきっとそういうことをした経験があるのではないかと思います。

しかし普段から誰に対しても敬語で話をする人がいたとしましょう。

その人は果たして見た目通りの紳士なのでしょうか?必ずしもそうとは限りません。

もしかすると自分の中の激しい感情を隠すためのカモフラージュなのかも知れません。

本当は人をすぐに憎んで、いつも心の中に怒りが渦巻いていて、ちょっとたがが外れてしまえば暴言が口をついて出てくるような人間かも知れません。

また嫉妬心の塊のような人間で、恋人が他の男と話をしただけで浮気を疑ったり、会社で自分の同僚が自分より早く出世したことが妬ましくてならないかも知れません。

そうした感情を気取られないように、ある種の処世術として敬語をうまく利用しているだけかも知れないのです。

その人が本当はどんな人なのか、ちょっと見ただけでは分からないでしょう。

しかし長く付き合えば本性も見えてくるはずです。

恋愛中の敬語

目上の人や上司に敬語を使うのはもちろんですが、例え自分と同格の人でも、初めて知り合った時は丁寧な言葉遣いで話をします。

しかし付き合いも長くなってお互い親しくなれば、自然とくだけた話し方をするようになります。

自分ではもう十分親しくなったと思っても、相手がずっと最初の頃と同じような話し方をしていたら、それはちょっと不自然に感じるはずです。

そうした場合、自分が相手に感じているほど向こうは自分に好意を持っていないと考えた方がいいでしょう。

あなたと一定の距離を置きたいから、敬語を使っているのです。

親しくなった二人の間では、敬語など使わなくなるはずです。

いつまで経っても敬語のままなら、相手はこちらを受け入れる気がないのだと思うべきです。

自分にとって相手がどういう存在なのかにもよりますが、どうしても相手の好意を勝ち取りたいという気持ちや、特別な理由が無いなら、諦めた方がいいでしょう。

相手側は多少迷惑に感じているかも知れません。

シャイだから敬語をやめない

男性が好意を持つ女性に対していつまでもくだけた話し方が出来ないこともあります。

こういう場合は距離を置きたいのではなく、恥ずかしがり屋で弱気、勇気が無いのです。

よく初対面の女性なのに、なれなれしくタメ口をきいて図々しく体に触ってくる男がいます。

こういうデリカシーのかけらもないような男は困りものですが、シャイな男性というのはその正反対で、デリカシーがありすぎるのです。

遊び人よりはましですが、これはこれで困ったものです。

「まだ敬語でしゃべった方がいいだろうか」とか、「なれなれしいと思われたらまずいしな」などと余計なことを考え過ぎてしまっているのです。

何かと気にしすぎる男性は普通に話すタイミングがつかめず、いつまでも丁寧な話し方をしてしまうのです。

こういう男性に対しては女性としてはもどかしい思いをするかも知れません。

しかし相手が自分に好意を持っていると感じたなら、こちらの方から積極的に好意を示せば、向こうも安心してくれるかも知れません。

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ