時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

カルシウムの吸収率が高くなる時間帯と効果的な摂り方まとめ

      2017/02/24

カルシウムの吸収率が高くなる時間帯と効果的な摂り方まとめ

カルシウムは骨などの主成分であり、生きていくうえでも大切な栄養素です。

今回はカルシウムの吸収率が高くなる時間帯と効果的な摂り方についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

給料が振り込まれてない!?退職後の給料に関する問題やその解決策

給料日というのは、働いた以上毎月決まった日にかならやってくる...

自然消滅で別れるのは嫌!彼氏を最低だと思った時の対処法

せっかく好きになって付き合ったのに、別れが近づいてきた時には...

子供の頭痛はどこが痛む?おでこが痛む原因と対処方法

子供が頭痛すると言われると親としてはドキッとします。頭痛とい...

幼馴染に彼氏ができた!嫉妬する心理と心を抑えるための方法

昔からよく一緒にいた幼馴染に彼氏ができてしまうと、なぜか彼氏...

派遣の仕事は楽過ぎる?仕事が暇な時にやっておきたい事

派遣の仕事はいろいろありますが、会社によっては楽な仕事をする...

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

スポンサーリンク


カルシウムの特徴

カルシウムは、骨や歯を作るための栄養素ですね。

成長期に牛乳などでカルシウムを摂取すると身長が伸び、骨折しにくい丈夫な骨になります。

カルシウムを摂取することで骨粗鬆症の予防にもなります。

これは多くの人が知っている「カルシウムの特徴」ですが、実はそれだけではありません。

5大栄養素のひとつである「ミネラル(無機質)」にカルシウムは含まれ、
生命活動の中心的役割を果たしています。

カルシウムは骨にしっかり貯蔵されています。

貯蔵されることで長い間カルシウムを摂取しなくても体内の濃度を保ちます。

保つために骨を溶かす場合もあるのでなるべく不足しないようにすることが大事ですが、不足した場合は骨や貯蓄で濃度を保ってくれます。

「カルシウム=骨と歯」と言われるようにカルシウムの99%は骨と歯に存在します。

残りの1%は血液中や筋肉などに存在します。

血液にカルシウムと言われると不思議に思いますが、神経の情報伝達や血液の凝固、酵素を活性化させるために働いてくれます。

また、カルシウムには情緒を安定させる効果や高血圧を抑える効果などもあります。

カルシウム不足になると、骨粗鬆症のリスクが上がるだけじゃなく、虫歯になりやすくなります。

情緒も不安定になるのでイライラしやすくなったり抑うつ感を招く場合があります。

日本人に最も不足している栄養素なので、気にして摂ることをお勧めします。

カルシウムは不足しやすい

成人のカルシウム目標量は、600mgです。

年齢別の目標量は、30〜49歳は650mg、50〜69歳は650〜700mg、70歳以上も650〜700mgです。

年齢が高くなるとカルシウム不足なりやすいので摂取量が増えてきます。

厚生労働省が平成15年に発表した国民健康・栄養調査結果によれば、
日本人(成人)の1日当たりの摂取量は約510mgと目標量に及ばない結果でした。

このような結果になったのは、体内に吸収されにくいのが原因だとされています。

一番吸収率が高い牛乳や乳製品は約50%、小魚で30%、野菜類で15%しか体内に吸収されません。

その為に摂ったつもりでも不足してしまうのです。

カルシウムは99%が骨や歯に関わっています。

その為不足すると、骨や歯が脆くなり骨折や虫歯、骨粗鬆症のリスクが高くなります。

残りの1%は神経の伝達や血中、筋肉に関わっているので、不足すると情緒は不安定になりイライラしやすくなったり落ち込みやすくなります。

高血圧症や動脈硬化、心筋梗塞のリスクが高くなります。

一番身近に不足を感じるのは怪我した時だと思います。

出血時に血が止まりにくくなるので、イライラや止血しにくい場合はカルシウムが不足しているかもしれません。

吸収率が上がるのは就寝時

牛乳は朝食時や給食で出てくる印象があると思いますが、夜飲むことをお勧めします。

その理由は、カルシウムの吸収率が上がるのが寝ている間だからです。

カルシウムはほとんどが骨や歯に蓄えられ、血液中にカルシウムが蓄えられるのはほんの少しです。

ほんの少しのカルシウムですが、筋肉や神経、血液量の調整、血液を固めるなど重要な働きをしています。

重要な働きをするために血液中のカルシウムの濃度は一定なのですが、夜や不足した時に減少しやすくなります。

減少してしまうと骨に貯蓄されたカルシウムが溶けて血液中のカルシウムになり濃度を保とうとします。

夜に濃度が減少してしまったときに骨のカルシウムが移動しないように予防することが大切なのです。

カルシウムの吸収率や夜に減少することを考えると夕方から夜の間に摂取するのが良いと思います。

特に、寝る1時間半前〜3時間半前がカルシウムを摂取するのに一番良い時間なので、就寝前の歯磨き前にコップ一杯の牛乳を飲むことをお勧めします。

目的に合わせて摂取時間を変える

濃度が下がり不足しやすいのが夜なので基本的には就寝1時間前に飲むことが理想なのですが、
目的によっては時間を変えた方が効果的な場合があります。

目的によって時間を変えた方が良いというのは「時間栄養学」の観点からなのですが、
時間栄養学の良いところは1日の摂取量に加えて「食べるタイミング」を考慮した新しい栄養学と言う事です。

「ただ摂ればいい」だけじゃなく、自分に良い効果を発揮してくれる時間を知ることで続けやすいのが良いところですね。

カルシウムが摂りやすい牛乳や乳製品の場合のタイミングはこのようになります。

・朝
朝食時に牛乳を飲むと胃腸の働きが活発になるので便秘の解消・予防に繋がります。

・昼
その日に必要なカルシウムの補給したい人には昼に牛乳を飲みましょう。

また、昼間にカルシウムを摂取することで筋肉活動に影響しトレーニング効果を上げることができます。

・夕方
トレーニング前に牛乳を飲むことで、様々な栄養素を摂りいれることができます。

その結果、持久力アップに繋がるのでダイエットで走りに行く人にもお勧めです。

丈夫な骨を作るには夕食時に飲むのが合理的です。

・夜
寝る前の牛乳は、血液中のカルシウム濃度が下がった時に骨の貯蓄を使うことを予防するほかに、安眠効果があります。

不足しやすい栄養素なので、目的別に小まめに飲むのといいかもしれませんね。

カルシウムの吸収率を上げる方法

カルシウムの吸収率は骨のゴールデンタイムなど時間をきにすることで上げることが出来ます。

しかしカルシウムの体内吸収率は、吸収率が高い牛乳や乳製品でも約50%と少ないので摂取する時間を気にするだけでは安心できない可能性があります。

日本人はカルシウム不足の方が多いので
50%以上のカルシウムが無駄になるのは勿体ないので
時間だけじゃなく、航路強く吸収するサポートをしてくれる栄養素を
カルシウムと一緒に摂ることをお勧めします。

・活性型ビタミンD
尿として排出されるカルシウムをもう一度吸収するように働きかけてくれます。

活性化ビタミンDは食事やサプリメントでは取り入れることは出来ません。

肝臓と腎臓がビタミンDを活性化ビタミンDに変換してくれるので日光に当たり皮膚から生成させたりビタミンDを増やすことが必要です。

・マグネシウム
マグネシウムは疲労回復などカルシウムとは違う効果を持ちますが、マグネシウムも99%は骨や歯で残り1%は血液中に存在するなどカルシウムと似ている栄養素です。

マグネシウムも不足しやすい栄養素なのでカルシウムと一緒に摂ることができると一石二鳥です。

効率のいい割合ですが、カルシウム2割・マグネシウム1割で摂取することが理想的です。

栄養バランスは相性が複雑だったり目標量などの計算が難しい印象が強いですが、イラスト付きで読みやすい参考書も多いので
一度手に取ってみるのもいいかもしれません。

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ