時事ネタ斬

時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

2017.2.18

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊かで様々なキャラクターのスタンプがリリースされていますよね。

LINEのスタンプは有料のものと無料のものがありますが、課金をしたことがない・わざわざ課金するほどではないという人は無料スタンプしか使わないということも多いはず。

有料のスタンプは購入して誰かにプレゼントすることもできますが、普段買わない側からすると、くれる人の心理が不思議だったりしませんか?

LINEの有料スタンプをくれる人ってどんな人?

トーク画面にいきなり表示される“プレゼントが届きました”というメッセージ。タップしてみると中身は有料スタンプ。なんでいきなり・・・?

わざわざお金がかかるのに、スタンプをプレゼントされて不思議に思ったことはありませんか?

自分で使うために購入するならまだしもお金を払って人にプレゼント、しかも手にとって受け渡しできるものではなくアプリ内でのプレゼント。実際に存在しないネットの世界のものに課金をすること自体慣れていないという人もいますよね。

ポケットに入っていたお菓子をひとつあげたり、飲み物を買いに来たついでにひとつ差し入れしたりするのとはちょっと異なります。

「なんでこの人は自分に有料スタンプをくれたのか?」そのスタンプをくれた人は自分とどういった関係なのでしょうか。

日頃から仲の良い友人であれば、このスタンプが面白いから・好きそうだからというなんとなくの理由でも納得できます。しかしあまり親しくない人からのプレゼントだと、何を思って送ってきたのか気になりますよね。

おねだりしていたら家族がプレゼントしてくれたり、離れた場所にいる知り合いから誕生日に届いたりすることもありそうですが、くれる相手によって受取り手の感覚は大きく変わります。

有料スタンプをくれる人はLINEにいくら払ってるの?

誰かにプレゼントを選ぶとき、相手の好みを考えるのと同じくらい悩むのが値段です。

高すぎるものをあげると相手が気にしてしまいそうだし、かといって安すぎるものは嫌がられそう。自分と相手の関係性によって相場も変わるものですが、LINEスタンプは100円から200円ほどと比較的な安価なもの。

この飴あげる、というよりは高いけれどランチを奢るよりは安い、なんとも微妙なところですね。

値段だけを見ればそこまで気にするほどではありませんが、自分が欲しいものを買いに来たついでに買うわけではありませんし、たまたま会ったからあげるわけでもありません。あえてそのスタンプを購入し、あなたのアカウントを選択して送っているのです。

その値段が高いと感じるか安いと感じるかはその人にしか分かりませんが、少なくともあなたに好意を寄せていることは間違いなさそう。

嫌いに人に送りつけるものなんてチェーンメール(今もあるのだろうか)くらいではないでしょうか。

しかしここでいう好意とは必ずしも恋愛に結びつくわけではなく、友人間の好意や先輩後輩間の慕っている好意も含みます。一方的に勘違いして暴走してしまうのも恥ずかしいですし、もしもそれが気になる相手からなのであればここは慎重にいくのが吉。

LINEの有料スタンプをくれる人の考え

何も考えずになんとなくくれたのかもしれませんし、もしかしたら何か考えがあるのかもしれません。

スタンプをくれた人の考えがそこまで気になるあなたは、きっとその人のことが気になっているのでしょう。どんな小さなプレゼントでも、気になる人から貰えばとっても嬉しいはず。

ちょっとした“ありがとう”や“おめでとう”に添えて送ってくれるなんて、これは脈ありと捉えてもおかしくはありませんよね。

しかしLINEのスタンプをくれようとしているのは知り合いだけではありません。有料スタンプで釣るという詐欺が横行しているのです。

タイムラインや電話番号から自動的に追加されたりと近づき方は様々、有料スタンプをプレゼントするのでいくつかの指示に従って欲しいというようなやり取りから始まります。

中には稀に本当にプレゼントしてくれる場合もありますが、残念ながらほとんどが詐欺であり、メールマガジンを購読させたりアプリをダウンロードさせたりとアフィリエイト目的で行っているアカウントばかりです。

知っている人であればまだしも、顔をあわせるわけでなくとも知らない人からのプレゼントには注意したほうが良さそうです。

特に子供はこういった類に引っかかってしまうことも多いので、日頃から知らないアカウントは無視するように言っておきましょう。

有料スタンプをもらったら自分もお返しすべき?複雑化するLINEマナー

怪しいアカウントではなく、知り合いから有料スタンプをプレゼントされた時は自分もお返しするのがマナーなのでしょうか。

貰ったままでいるのはなんだか気がひける・・・いやいや決してそんな風に悩む必要はありません。

自分から欲しいと言ったわけでもなく、相手の意思で悪く言えば勝手に送られてきたも同然ですから、そこまで気にする必要はないでしょう。

しかしtwitterやFacebookなどのSNSをはじめとし、コミュニケーションツールとして欠かせない存在になっているLINEも、利用者が増えれば増えるほどマナーとは言えないようなマナーも誕生してきます。

例えばtwitterは自分思ったことやあったことを短文でつぶやきにして投稿しますが、フォローしたりフォローされたりする機能がありますよね。

気になる人のつぶやきや好きな人のつぶやきを見やすくするためであり、逆に自分のつぶやきが気になっている人からフォローされるという仕組み。

なので必ずしもフォローとフォロワーは一致しなくて当たり前なはずなのに、フォローしてくれた相手をフォローし返さないことで文句を言う人もいます。

LINEの特徴といえばトーク画面に表示される“既読”という文字、これに悩まされる人も多いのが現状です。

既読をつけたのに返事がこない、既読無視はマナー違反!誰が決めたのかわかりませんが、そんなことまで?と思うような不思議なマナーが蔓延しているのです。

課金せずに有料スタンプを手に入れるには

煩わしい決まりごとがたくさんあっても、やっぱりLINEは便利で手軽なのでやめられません。

スタンプひとつで簡潔にやり取りできたりしますが、できればあまりお金をかけずに楽しみたいもの。有料スタンプを課金せずにダウンロードするにはどのような方法があるのでしょうか。

フリーコインを貯める

有料スタンプを手に入れるにはアフィリエイト目的のアカウントなどを除いて課金するか、フリーコインを貯めるかの二択になります。フリーコインはその名の通り無料で貯めることができ、課金したコインとほぼ同じように使えます。

動画を見る、漫画を読む

テレビCMと同じ程度の動画を見たり、漫画のお試し版を読むことでフリーコインが貯まります。一件につき1?2コインと相場は低めですが、少しずつ根気よくコツコツと貯めていきましょう。

イベントに参加する

指定された期間にいくつか動画を見たりすることで、ボーナスとして多めにフリーコインがもらえる事があります。

通常よりも早く貯めることができるので、見逃さないように小まめにチェックしておきましょう。

商品を購入する

一番手っ取り早くフリーコインが貯まるのはこちらですが、フリーコイン欲しさに欲しくもない商品を購入するのは結果的に損してしまうことも。

あくまで欲しかった商品が見つかった時、気になっていたものがあった時にLINEのページを経由して購入することでフリーコインが付与されます。

この記事のまとめ

  • 課金に抵抗がない人であれば珍しくもないこと。
  • お返しはしなくてもマナー違反ではない。
  • 知らない人からのプレゼントは詐欺の可能性も。
  • 怪しい話に乗らずとも、自分でも無料でゲットできる。

無料スタンプでも十分楽しめるようにはなっていますが、やはりバリエーションの豊富さや人気のキャラクターがある有料スタンプは魅力的ですよね。

もらう・課金する・フリーコインを貯めるといくつか方法はありますが、詐欺には引っかからないようにきちんと見極めていきましょう。

 - コミュニケーション