時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

   

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人たちが多くいます。

ひとくちに派遣といっても1日だけの単発から、正社員と変わらない仕事量をこなす長期まで様々ですが、より多くの人材を確保するために派遣会社によって特色があります。

その中でも近頃賛否両論あるのが派遣会社が“面接に同行します”というもの。

心強く感じる反面、面接をする企業からするとどんな印象なのか気になりますよね。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

自然消滅で別れるのは嫌!彼氏を最低だと思った時の対処法

せっかく好きになって付き合ったのに、別れが近づいてきた時には...

子供の頭痛はどこが痛む?おでこが痛む原因と対処方法

子供が頭痛すると言われると親としてはドキッとします。頭痛とい...

幼馴染に彼氏ができた!嫉妬する心理と心を抑えるための方法

昔からよく一緒にいた幼馴染に彼氏ができてしまうと、なぜか彼氏...

派遣の仕事は楽過ぎる?仕事が暇な時にやっておきたい事

派遣の仕事はいろいろありますが、会社によっては楽な仕事をする...

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

スポンサーリンク


派遣の面接に同行?それってどういうこと?

そもそも派遣先の企業は面接というものを禁止され ており、面談や顔合わせといったふうに呼び方が違います。

これは派遣法で定められているもので、派遣先の企業が面接の合否によって労働者を選べないようになっている仕組みなのです。

なぜこのような仕組みなのかというと、派遣を紹介する会社に登録し、さらに派遣先の企業と面接をするのであれば、派遣を紹介する会社の存在意義がなくなります。

採用される保証もないのに、わざわざ間に入って利益を得るだけの無意味な立ち位置になってしまうため、このような制度になっているのです。

そして派遣の面談や顔合わせにはもう一つ“同行”という特徴があります。

アルバイトの面接や通常の就職活動ではまずないと思いますが、派遣先にどのような人材を送り込むかで派遣会社の“質”を問われることにもなり、一緒に同行して顔合わせをすることで「紹介して恥ずかしくない人ですよ」「自信を持ってこの方をご紹介できますよ」という意味を持ちます。

あくまで面接ではなく面談で、派遣先の企業の社風や労働環境、希望する労働条件に適しているのかを話し合い、問題がなければそのまま採用という流れになる場合がほとんどです。

事前に派遣先へ派遣を希望している労働者の情報を開示し、働くことを前提といて面談を行いますが、面談までいった=必ずしも採用ではないという点には注意が必要です。

実際に派遣会社へ面接の同行を拒否することはできるの?

しかしいくら言い方を変えても、100%の採用が保障されていない状態では、こちらからすれば面接となんら変わりがないようにも思えます。

自分の足で仕事を探し面接までこぎつけたらなまだしも、派遣会社に登録してそこから紹介された企業へ足を運ぶのであれば、あまり自分の印象は良くないのでは・・・と考えてしまうことはありませんか?

顔合わせ・面談の場には一人で行くわけではなく、派遣登録をした会社の人間が自分を売り込んでくれるわけです。

一見手軽なようにも感じますが、それでも面接くらいは自分一人で頑張りたいという人も多いはず。

では派遣会社の同行を断ることはできるのか?

残念ながらほとんどの場合却下されるのが現実なようです。

もしも何か失礼なことをしてしまったり問題ある行動をとってしまった場合、派遣先の企業から矛先を向けられるのは派遣会社です。

例えばあなたの友人の女性が彼氏が欲しいから誰か紹介してほしいと頼んできて、あなたがある男性を紹介したとします。しかしその男性が実は暴力的な人で女性が何かしら被害にあったとしたら、実際に悪いのは男性でも、その男性を紹介したあなたも非難されるでしょう。

人間関係は常に信頼の上で成り立っています。

一人で行きたい気持ちがあれば事前に必ず相談をし、断られたら無理を言わずに派遣会社のルールに従ってください。

同行されて訪問した派遣先で行われる面接の内容とは

どんな企業の面接を受ける時も、頻出の質問などは事前にリサーチしておきたいですよね。

面接ではないのでこの場の受け答えで合否が決まるというものではありませんが、スムーズにやりとりできるに越したことはありません。

一般的に企業との面談で話す内容とは次のようなものがあげられます。

  • 事前に提出してある経歴などを踏まえた上で簡単な自己紹介
  • 企業内の見学を行い、希望する部署ややってみたい仕事
  • 就業時間や拘束時間に関する就業規則の確認
  • 希望する勤務期間が企業側の希望と合っているか

などです。

就職活動で散々聞かれるであろう「学生時代の印象に残っているエピソード」「自分の長所と短所の説明」「将来のビジョン」などという質問は基本的に無いと考えてよさそうです。

学生を採用するというのは、社会経験のある大人を採用するよりも賭けだったりします。

なぜならまだアルバイトやインターン程度でしか働くということをしたことがなく、「将来のビジョン」や「この仕事を通して今後のなりたい自分」というのは現実を知らないままの絵空事でもあるからです。

では何を基準に選考するのか、それは学生生活の中での活躍や成績、面接での受け答えから人柄を想像するしかありません。

しかし派遣会社に登録して、即戦力としてどうですか?と売り出されているわけですから、うまく答えようとするのではなく、きちんと聞かれたことに対して返答する・言葉のキャッチボールができていれば問題ありません。

一人でも二人でも変わらない!面接で緊張してしまう時の対処法

同行して自分のフォローをしてくれる人がいるだけで多少心強いものの、実際は緊張してしまってうまく話せなくなるのでは・・・と不安に思う人も多いはず。

そんな時に実践してみたい緊張をほぐす方法をいくつかご紹介していきます。

早めの就寝を心がける

まず面談を行う前日、もうすでに落ち着かない状態になっている場合もありますが、睡眠は身体にとって非常に重要なことです。

ぐるぐると悩み続けて夜中まで起きていて寝坊でもしたら元も子もありませんから、できるだけ早めの就寝を心がけましょう。

そうすることで早く目が覚めれば、しっかりと頭が起きた状態で足を運ぶことができます。

朝食をしっかりと摂る

これも頭の動きを活発にするために欠かせません。また一日のエネルギー源として朝食は重要な役割を果たします。

面談が終わってもそのまま企業の見学に入ったりと、一日中気を張って過ごすかもしれないので、朝のうちにしっかりとエネルギーを補給しておきましょう。

声に出して話す

こう聞かれたこう答える、そんな内容を最低限頭の中で組み立ててから向かうと思いますが、家を出る前に今一度声に出して文章を読み上げてみましょう。

実際に話すのと頭の中で読み上げるのとでは全く異なることなのです。

笑顔を意識する

ではいざ企業の人事部を前にしたとき、言葉がでなくとも表情がよければ印象は変わってきます。

緊張で焦りだすとみるみる強張り、そのような状態はマイナスポイントとして受け取られがちです。

せめて最初の挨拶や相槌を打つ時だけでも笑顔を意識してみると、次第に緊張もマシになってくるはずです。

面接に同行、これが非常識にならない社会への変化

派遣の紹介には同行が当たり前と聞いて、初めは違和感を感じた方も多いのではないでしょうか。

しかしこれには派遣という働き方が急速に増えていく中で、質の悪い派遣会社も多く誕生したという背景があります。

派遣社員というとアルバイトやパートより聞こえはいいかもしれませんが、その実態はあまり大差ない場合がほとんど。それは雇用する側だけでなく働く側の意識にも言えることです。

派遣会社が苦労してその人に会った仕事を見つけてきて契約を結んだのに、連絡もなく急にいなくなってしまったり、反対に派遣というだけで企業から適当な扱いを受けて長続きしなかったり、派遣会社自体がほとんど機能してくれていなかったり。

3つの立場がお互いにきちんと責任感を持っていなければ成り立たないのにも関わらず、適当な対応をすることが多いために“派遣”というイメージの悪化に繋がったように思います。

付き添われて紹介されるというと、それってどうなの?と思うかもしれませんが、これが派遣という働き方をする上でのベストなやり方なのかもしれません。

大企業を除けば業績悪化でリストラや事業縮小なんてニュースも珍しくありません。一昔前では考えられないほど非正規雇用の人々が溢れています。

働き手が安心して勤めるために生まれた派遣ならではのシステムではないでしょうか。

この記事のまとめ

  • 面接ではなくあくまで“面談”ということを忘れない。
  • きちんとした文章を暗記するのではなく、スムーズな会話のやり取りを心がける。
  • 派遣会社に禁止されている場合は一人で派遣先へ訪問しない。
  • 同行があるかないかで、優良企業を見分ける一つの判断材料にもなる。

近年急速に増えている派遣という働き方で、その分トラブルも絶えず発生しています。

まずは優良な派遣会社を選ぶために、その会社の特色や制度について理解を深めていく必要がありますね。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ