時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

   

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促すお薬ですのです。

不妊治療での排卵誘発剤として多く使われるお薬ですが、排卵がないまま生理が来てしまう人や、自力で生理が来ない人、月経周期が長すぎる人など、月経の悩みにも使用されるお薬なんです。

月経の悩みは女性にとって大きな問題。そんな悩みを解決してくれるお薬ですが、副作用が心配ですよね?

どんな効果と副作用があるのかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

双極性障害は薬が効かない?双極性障害のおける投薬治療の問題点

双極性障害で薬が効かない事が多いと言われています。 も...

アルコール依存症を改善するには?家族が見捨てるメリットとは

アルコール依存症はお酒を飲む人が陥ると抜け出すのに...

IH炊飯器の電磁波による危険性とうまく付き合う方法をご紹介

最近よく耳にする電磁波の影響ですが、IHの炊飯器の電磁波が強...

お腹が出てるのが気になる!硬いお腹の正体と対策方法

普段からお腹が出てることを気にしていますが、触って...

自転車の防犯登録が義務化されていることのメリットを解説

自転車を購入した時に必ず防犯登録を勧められますが、実際には義...

NHKの集金は夜中にも来るの?夜間に集金する理由とは

夜中に訪問者が来たと思ったらNHKの集金に来てびっくりした経...

年金は学生でも払う義務がある!未納を回避するための方法とは

年金は20歳以上になると支払い義務が発生しますが、学生でも当...

食後に左脇腹の痛みが強い場合は要注意!それは受診が必要かも!

左脇腹の痛みを食後に感じる事ありませんか? その内治ま...

咳が止まらない時はどうする?薬効かない時の対処法をご紹介

急に咳が出て止まらない時もありますが、薬を飲めば大抵は治って...

お茶の飲み過ぎは病気を招く!?取り入れると危険な”量”とは

お茶は本来体に良いもの。糖分のたっぷり含まれたジュースを飲む...

お腹のマッサージで”ヘンな音”が!?お腹の音の正体はコレ!

痩身効果を期待して、便秘解消、老廃物対策・・などの理由で、お...

タバコの匂い消しに役立つ方法とは?髪の匂いの消し方と対処法

タバコの匂いはすぐに髪や服についてしまいますが、タバコの匂い...

睡眠と音楽との関係とは?質の高い睡眠に効果的な音楽との関係性

質の高い睡眠と音楽とは関りがあり、非常に効果が高い...

親子関係を切るには?関係を断つ前に考えておくべきこととは

親子でもどうしても仲が悪くて縁を切りたいと思うこと...

看護学校に入学するには?社会人が合格するための勉強方法

社会人になってからも看護の仕事をしたい人にとって、...

タバコの副流煙による頭痛の原因と対処法をご紹介

タバコを吸うことによって本人には害があることは分か...

肺炎で入院した人のお見舞いをする時に知っておくべきルール

入院した人のお見舞いではいろいろ気をつけるべきことがあります...

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

スポンサーリンク


クロミッドの副作用と生理痛の関係

クロミッドの副作用として生理痛のような痛みがあるようですが、まずはクロミッドがどのように排卵を誘発させるのかをご説明します。

クロミッドは直接卵巣にこうかがあるわけではなく、脳下垂体に作用し、LH(黄体刺激ホルモン)とFSH(卵胞刺激ホルモン)の分泌を促す作用があります。LHとFSHなどのホルモンは脳下垂体の前葉から分泌されるホルモンなので、クロミッドが脳下垂体に作用することで排卵を促してくれる仕組みになっています。

LH(黄体刺激ホルモン)とは

LHが排卵を誘発するホルモンで、LHが低下すると高プロラクチン血症、LHが増えすぎると多嚢胞性卵巣症候群などの症状が不妊につながることから使用されています。

SH(卵胞刺激ホルモン)とは

排卵の際にもっとも発達した卵胞の1つを選ぶ重要なホルモンで、FSHが低下すること高プロラクチン血症、増えすぎると性腺機能低下症になってしまいます。

LHとFSHは排卵をするにあたって重要な役割を持っています。ではなぜ生理痛のような痛みがおこるのでしょうか?次にご説明したいと思います。

クロミッドの副作用である生理痛のような痛みとは

排卵に必要なホルモンの分泌を刺激するクロミッドですが、身体に対する負担の少ない薬としてスタンダードな薬です。しかし、どんな薬にも副作用があり、それに反応してしまう人がいます。では、生理痛のような痛みとはどんな副作用なのでしょうか。

まず排卵痛をご存知でしょうか?クロミッドは、無排卵月経、無月経、稀発月経など、排卵がうまくいっていない場合に処方されるので、排卵痛を経験したことがない人が特に感じるようです。

排卵痛の原因として考えられるのは

  1. 黄体による卵巣の腫れ
  2. 排卵後は少し卵巣が腫れた状態なので、お腹が張ったり腹痛が起こったりします。

  3. 黄体ホルモンの影響
  4. 黄体ホルモンが排卵のために卵胞を大きくし、腸の動きが悪くなることで腹痛が起きやすくなります。

  5. 排卵による卵巣からの出血
  6. 排卵の時に卵胞が破裂し、卵胞内の水も一緒に出るのでその破裂の痛みが排卵痛として、強い腹痛を引き起こします。

    これらの排卵痛は生理痛と同じくらいの痛みを伴う場合や、排卵をしていても痛みを感じない人がいます。排卵痛の改善方法もご紹介したいと思います。

    衣服や運動で身体を温める

    冷えが原因で排卵痛が起こっている可能性があります。まずは身体を冷やさないこと!それから運動もすることで、血流の流れが良くなり身体を温めてくれます。冷え性で血流が滞っている場合、子宮にも血液が回っていません。運動して子宮も健康にしましょう。

    ホルモンバランスを整える食材を取り入れる

    女性にとってホルモンバランスの乱れは、月経に直接つながる問題です。ストレスもホルモンバランスを乱し血流を悪くしてしまうんです。そこで身体の中から温めてくれるショウガなどをうまく取り入れましょう。

    受診する

    痛みが不安な場合は受診しましょう。他の病気が見つかるかもしれませんし、ホルモンバランスが乱れているのなら、ホルモンバランスを整えてくれるお薬を処方してくれます。

    クロミッドの副作用で生理痛以外の副作用

    生理痛のような痛み以外にも、どんな副作用があるのかご紹介します。

    1.多胎のリスク

    排卵を促すために卵胞を刺激するので、排卵を促すほかに、複数の卵子を排卵させてしまう場合もあります。そのため自然妊娠の場合に比べると、多胎のリスクが3〜4%程度増加します。

    2.情緒不安定

    子宮はとても敏感な器官です。排卵日でホルモンの作用が切り替わるのですが、ストレスや不安感などから、ホルモンの切り替えがうまくできずに情緒不安定になったり、イライラしたりすることがあります。

    3.吐き気

    稀に起こる症状で、食欲不振や頭痛も発症する場合があります。あまりにも辛い場合は医師に相談し、別の薬や注射に変更してもらいましょう。

    4.頸管粘液の減少

    頸管粘液は排卵日付近になると多くなり、精子を卵子まで到達しやすくしてくれる作用がありますので、タイミング法で妊娠を目指している方には望ましくない症状です。

    5.子宮内膜が薄くなる

    長期で服用している場合にみられる症状で、妊娠するためには子宮内膜を厚くする必要があるので、一番心配な副作用と言ってもよいかもしれません。

    生理痛のような痛みも含め、我慢できない症状が出てしまった場合は、我慢せずに必ず医師に相談しましょう。クロミッドの他にも別の薬に変更してくれたり、別の薬を合わせて処方してくれるので、
    自分の身体に合った治療法を選びましょう。

    クロミッドの重篤な副作用

    クロミッドの服用で最も重篤な副作用とされているのが《OHSS(卵巣過剰刺激症候群)》です。クロミッドで卵胞が刺激されることにより、通常より多くの卵胞が育ちます。それにより卵巣が腫れ、腹水や胸水に水が溜まってしまう症状のことを言います。OHSSは症状のレベルがありますのでご紹介します。

    OHSSの症状

    • 軽症…卵巣の腫れは6cm程度で、お腹の張りで苦しい感覚です。生理が来ることで自然と治まります。
    • 中等症…卵巣の腫れは8cm程度で、お腹の張りの他に、吐き気、嘔吐の症状があります。この場合は受診し、投薬などの処置が必要です。
    • 重症…卵巣の腫れは12cm以上で、呼吸困難を引き起こし危険な場合がありますので、入院して治療することになります。

    OHSSの自覚症状

    • 1日で1kg以上増えた
    • 尿量が少なくなった
    • 頭痛、手のしびれ
    • 痛みどめが必要なほどの腹痛
    • 激しい腹痛が急に起こる
    • 呼吸が苦しい

    このなかのひとつでも当てはまる場合は、OHSSの可能性があります。

    OHSSになりやすい人

    • 35歳以下
    • 痩せ型
    • PCOS(多嚢性卵巣症候群)
    • OHSSになったことがある
    • 妊娠が成立しhCGが大量に分泌されたとき

    OHSSになったら…と思うと怖いですが、クロミッドの副作用としてはかなり稀なケースですので、あまり心配せずにもしものために頭に入れておくといいかと思います。

    クロミッドの排卵日はいつ?

    タイミング法や人工授精での妊娠を目指す場合、妊娠の可能性が高い排卵日は気になりますよね。クロミッドの飲み方や排卵のタイミングを調べてみました。

    クロミッドは排卵に向けて卵胞を刺激するので、生理が始まった日を1日目(D1)と数え、生理3〜5日目(D3〜D5)から服用します。個々の排卵状態によって1日の量が違いますが、だいたい1日1〜3錠を5日間服用します。服用が終わってから7〜10日で排卵が起こりますが、生理周期によって個人差がありますので、病院で卵胞の大きさを確認してもらうと確実ですね。

    平均的な生理周期で数えると、D3から5日間飲み始めた場合、D7で服用が終わり、D14で排卵が起こります。妊娠には排卵に合わせたタイミングが重要となります。精子の寿命は2〜3日(元気な精子の場合1週間)ですが、卵子の寿命は排卵してから24時間ととても短いんです。妊娠のゴールデンタイムは排卵前の2日と排卵日当日、つまり、平均的な生理周期の場合D12〜D14が妊娠しやすいわけです。

    しかし、腹痛以外の副作用でご紹介したように、継続して飲むことで頸管粘液が減少したり、子宮内膜が薄くなる副作用があります。飲み続けることで妊娠しづらくなってしまう場合もありますので注意してください。

    まとめ

    • クロミッドは脳下垂体からホルモンの分泌を促す
    • 生理痛のような痛みは排卵痛の可能性がある
    • 腹痛以外の副作用には、妊娠しづらくなるデメリットもある
    • 重篤な副作用であるOHSSはごく稀なケース
    • クロミッド服用後、7〜10日で排卵する

    副作用だけ見てしまうと不安になってしまいますが、副作用のない薬は存在しません。長期の使用ではなく、不妊治療の間だけ、排卵の状態を整えるだけなど期間を決めて使用することで、頸管粘液の減少や、子宮内膜が薄くなってしまう症状は減少します。

    また、医師も副作用は重々承知の上で処方しています。副作用よりも今の状態を改善するほうが良いと考えた処方かと思いますので
    、不安な場合は必ず相談し安心して治療できるようにしましょう。

    1c66e82b47b7fa2db90a00217c298cf8_s

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ