時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

   

読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」「本を読むのが早い人は羨ましい」忙しい現代社会で、こんな風に思っている人もいるのではないでしょうか?

最近ではタブレットで本が読めたり、単行本の表紙が漫画絵になっていたり、大人だけでなく若者も手に取りやすくなっています。でも、タブレットだと酔ってしまったり、表紙に惹かれて買ってみたものの、活字に慣れていなかったり…

そんな方達のために、本の内容も楽しみながら早く読める裏技をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

派遣の仕事は楽過ぎる?仕事が暇な時にやっておきたい事

派遣の仕事はいろいろありますが、会社によっては楽な仕事をする...

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

スポンサーリンク


本を読むスピードが早い人

同じ本を読んでいても、全然読み終わるスピードが違う。本を読むのが早い人は、目を動かすのが早いの?飛ばして読んでるの?と疑問に思いますよね。本を読むスピードが早いとは《文字から意味を直接変換できる》んです!

文字から意味を直接変換するとは、どういうことなのでしょうか?例えば『アイスクリーム』という文字を見ると、『アイスクリーム』と読みながらアイスクリームをイメージしていますよね。「なんだ、簡単じゃん」と思うかもしれませんが、本の中の言葉全てを直接変換するとなると難しいと思います。

文字を読みながら動画のようにストーリーが進んでいるわけですから、普通の人のように文字を目で追って頭で音読し、理解してからイメージするという、段階を追った作業が無い分普通の人よりも早く本が読めるわけです。

本の中には、情景がイメージできるよう事細かに描写されていますが、あまり日常生活の中で使われない言い回しだったりするので、イメージするのに時間がかかることもあるのではないでしょうか。やはり、文字を直接変換することができるのはすごい能力ですよね!

本を読むスピードが早い人と遅い人の違い

文字から意味を直接変換する以外には、どんな違いがあるのでしょうか?

本を読むのが遅い人の特徴は以下のような事があげられます。

1.頭の中で音読してしまう

学生時代の国語の授業で音読をさせられませんでしたか?子供の頃は、読み間違っていないかの確認で音読をしていますが、大人になってからも音読する癖が付いてしまっていると、目から直接読み取っている人よりも遅くなってしまいます。

2.本は読むものだという概念

内容を理解しようと文字を読んでしまい、なかなかストーリーが頭に入らないことで、本を読むのが遅くなる原因の一つです。肩の力を抜いて、頭を柔らかくして本に浸ってみましょう。

3.内容を記憶しようとする

せっかく読むのだからと内容を記憶しようとして、同じ文章を何度も読み返したりしていませんか?見開いたページを機械的に目にいれる作業を繰り返すと、自然にストーリーが入り早く読むことができます。

4.早く読もうとする

早く読もうと考えていることが、早く読むことを邪魔します。早く読むことを意識し、内容が入らずまた読み返す…それでは本末転倒になってしまいますので、その意識を捨てて本に集中しましょう。

本を読むことが頭の中で行うことなので、感覚的な話になってしまい抽象的で難しいかもしれません。例えば、『おはよう』という文字を書く時に、『お・は・よ・う』という文字を頭の中にイメージしてから書きますか?手が書いていませんか?本を頭の中で音読するということは、『お・は・よ・う』と頭の中で書いてから、手で書いているという感じです。

本を読むスピードが早い人の本の選び方

本を読むのが早い人は、読み方だけでなく本の選び方から違うんです。はずれない本の選び方をご紹介します。

1.口コミを参考にする

口コミ数の多いものが参考になるかと思います。ネタバレしてしまう口コミもあるのでそこだけ注意。

2.ベストセラーから選ぶ

「ベストセラーだったけどつまらなかった」なんてことは当たり前。これを繰り返して、自分の好みのジャンルがわかってきますよ!

3.好きな作者の本を選ぶ

好みのジャンルがわかってきたら、ある程度作者も決まってきます。興味のあるジャンル・作者の世界観がわかってくると、本を早く読めるようになってきますよ。

4.あらすじを見る

本選びが苦手な人の「表紙が素敵だったから」「タイトルがかっこよかったから」こんな動機で本を選ぶと、残念な結果になることも…。あらすじをある程度読むことで、自分に興味がある内容かがわかります。

本を選ぶところから、本を早く読む方法があったんですね。いかに自分に合った本を探せるかがポイントです。興味がないことって、頭には入ってこないし、続きを読もうという意欲が湧いてこないので、本を読むスピードという以前に、1冊読み終わることができないということに繋がってしまいますよね。素敵な1冊に出会えれば、次々に読みたい本が出てきます。

簡単に本を読む速度を上げる方法

《速読》という特殊な方法を使わなくても、今より早く本を読める方法をご紹介します。

1.自分に必要な本を読む

例えば、犬の飼育に困っているのに、猫の飼育本を読んでも頭に入ってきませんよね?それと同じで、自分の興味が持てる内容の本を読ん選びましょう。意欲がわかないと読むスピードも、自然と遅くなってしまいます。

今の自分に何が必要なのか、どんな悩みがあるのか、興味がある本を探してみてください。

2.内容を覚えようとしない

ビジネス本に多いのですが、本に書いてある全ての内容を覚えようとして、なかなか読み進めないパターンです。まずは一通り読み終えてから、大切な部分だけを繰り返し読み返せば知識となります。

3.読まずに見て理解する

頭の中で音読するのではなく、目で見る!それだけで実は理解できるんです。人間は一つ一つの文の字の順序を入れ替えても、文章の意味を汲み取ることができるので、全ての文字を読む必要はないんです。音読の癖が付いてしまっていると少し難しいかもしれませんが、本を読むことに慣れてくると、読むべき単語が浮いてくる感覚がわかると思います。

4.つまらない箇所は飛ばして読む

本の内容の中には、同じ情景の繰り返しが何度もある文章だったり、内容が平坦でつまらなかった場合、無理にその部分を読まずに飛ばしましょう!「飛ばして内容がわかるの?!」と思うかもしれませんが、その数行を読まないだけで内容がわからなくなることはありません。

それに、飛ばしてわからなくなるような大事な部分を「つまらない」と感じたのならば、それはあなたにとって「つまらない本」だったわけです。つまらない本を読み続けるよりは、自分の興味が持てる本を読みましょう。

特殊な方法を使わなくても、これらのポイントを抑えれば慣れることで早く読めるようになります!

本をたくさん読むと人生が変わる

日本は先進国でも本を読む人が少ない国。日本人成人の平均の読書スピードは分速500〜600文字程度ですが、エリート大学の合格者は分速1500〜2000文字程度読むことができるんです。ただ単に読書スピードに差があるだけでなく、時間にして3倍もの差があるということは、以下のことにも差が出てくると言えます。

  • 人生で読める本の数の差
  • 学習時間の差
  • 理解力の差
  • 社会に出た時に処理できる仕事の差

この違いが処理できる仕事の量であり、出世の違いです。その能力が収入の差へと繋がっていると言えますね。

本を読むことで脳が刺激され、コミュニケーション能力や、想像力、企画力、言語力などを司る大脳各部を働かせることができます。今からでも遅くありません!脳のトレーニングだと思って本を読んでみましょう。

まとめ

  • 本を読むのが早い人は文字を直接変換している。
  • 本を読むのが遅い人は頭の中で音読している。
  • 自分の興味にあった本を選ぶ
  • 速読などの特殊な方法を使わなくても本を早く読めるようになる。
  • 本を読むスピードで人生にも差が出る

いかがでしたか?特別な方法を勉強しなくても、本を読むスピードは早くなります。本を読むことで、脳にも人生にも刺激になる事が多いので、読まない手はないですよね。

「人生を変える1冊」なんて大げさなことは考えずに、純粋に本を楽しめればOK!本を楽しむ事が本を読むスピードに繋がっていますよ♪今からでも遅くないので、隙間の時間を見つけて人生を豊かにしてくださいね。

関連記事はこちら

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ