時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

悩みのつきない胃腸炎。発熱・腰痛を伴う、つらさを改善したい!

   

悩みのつきない胃腸炎。発熱・腰痛を伴う、つらさを改善したい!

『あ…』

『また、いつもの…』

それは…

突然やってきたり、こっそりじわじわきたり、えっ?まさかこの状況で?!という時だったり、だいたい月1の決まった時であったりと、さまざまな場面やタイミングで顔を出します。

腹痛。

おそらく、あらゆる老若男女が『おなかの問題』を経験していて続行中の人がほとんどです。

胃なのか、腸なのか、胃腸炎なのか、痛む箇所は『おなか』です。

なかには熱や腰痛を伴う症状もあります。

とってもつらい胃腸炎を『体質だから』と受け入れて、そのままにしている人が大勢います。

できれば改善してみませんか。

胃腸炎や熱、腰痛を紐解いていきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

幼馴染に彼氏ができた!嫉妬する心理と心を抑えるための方法

昔からよく一緒にいた幼馴染に彼氏ができてしまうと、なぜか彼氏...

派遣の仕事は楽過ぎる?仕事が暇な時にやっておきたい事

派遣の仕事はいろいろありますが、会社によっては楽な仕事をする...

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

スポンサーリンク


胃腸炎の熱・腰痛の原因はコレだった!

お腹が痛い時、どのような痛みを感じますか?
しくしくと、キリキリと、ぐーーっと、など、腹痛にもいろいろな表現があります。

腹痛は大抵、胃や腸が原因のことが多いです。

胃の主な働きは、摂取した飲食物を収め、消火し、次の臓器に運ぶ、という流れです。
腸の主な働きは、消化・吸収し、不要なものを出す、という流れです。

極簡単にいえば、それらの働き中になんらかのトラブルが起こり、痛みとなって感じる状況が腹痛であり、胃腸炎です。
食べ過ぎや飲み過ぎ、不摂生な食生活など摂取した飲食物が痛みの原因だと明らかであれば処置の方法も見つかりやすいです。

発熱や腰痛を伴う場合もあります。
熱を伴う胃腸炎はウィルス性の胃腸炎だと診断されること多く、2〜3日ほどで症状は軽くなります。
ノロウィルスがこのタイプです。
胃腸を守るため、かがめてしまう体制になってしまい腰痛になってしまう人もいます。
主に冬場の胃腸炎は腰痛を伴うことが多いのは寒さも一因です。

一時的な処置としては、市販の胃腸薬の服用です。
広告なども多く、親しみがあるので抵抗無く服用される人も多いです。
ドラッグストアなどで手軽に購入することができますからね。

一方、お腹が痛むため内視鏡で検査をしても異常が見つからない場合もあります。
それは、ストレスが原因とされるストレス性胃腸炎、神経性胃腸炎などです。
この痛みも多くの人が経験していますよね。

心身はつながっていて、心の影響を最も受けやすい身体の臓器が胃腸なのです。

胃腸炎からくる熱と腰痛の関係

ところで、熱が出た時はどのような対処をされていますか?
熱が出てしまうと下げよう下げようとして冷やすことがあります。
もちろん、それが適切な処置ならいいのですが、おもむろに冷やしてしまうと実は間違っている場合もありますので注意しておきたいところです。

身体が熱を発するには原因があります。
体内にウィルスを摂り込んでしまった時です。
ウィルスは胃腸を刺激します。
ウィルスは熱に弱いので、除去しようと身体が温まり熱を発しているのです。
身体は頑張っていたのですね。
残念なことに間違って冷やしてしまうとウィルスが除去されないまま、体内に残ったままになってしまうことがあるのです。

次に、腰痛ですが、こちらも経験されている人が多いですよね。
ヘルニアなど、原因が分かっているといいのですが、実は腰痛は胃腸炎が原因のこともあります。
胃腸炎になると内臓が弱くなり支えている筋肉なども弱ってきます。
その弱った肉の圧力が腰の負担となり、腰痛を引き起こします。

また、腸内で起こる便秘にも腰痛の原因があります。
便秘になると身体の血液循環が悪くなり、便秘の腸はますます調子が悪くなります。
腸に近い腰に負担がかかり、腰痛になることがあります。

このように胃腸炎と熱と腰痛は原因の大本は同じであることがあるのです。

男の胃腸炎・女の胃腸炎・熱から腰痛まで

一般的に胃腸炎、いわゆる『お腹が痛い』症状は男性は下痢が多く、女性は便秘が多いです。
コマーシャルなどでも下痢に効く薬は男性芸能人、便秘薬は女性芸能人が起用されていることが多いのも象徴として考えられます。

発熱や腰痛も原因があります。

熱の原因は風邪や胃腸炎が多いです。
男性の方が熱に弱いと言われますが、これは女性が女性ホルモンの関係で熱の変化が頻繁にあるのに対し、男性は変化が少ないためです。
発熱の直接の原因は男女差はほとんどありません。

腰痛の原因は85%が不明だと診断されることが実は多いです。
腰は身体の中心に位置しますのであらゆる臓器や筋肉と密接な関係があります。
男性も女性もヘルニアなど骨や細胞に異常がある症状や加齢からくる痛みは共通しています。

ただし、女性の方が腰痛になりやすい原因が沢山あります。
女性特有の生理や妊娠・出産、卵巣や子宮で起こる病気の場合など全て腰痛になります。
病気とは子宮筋腫や子宮内膜症、子宮頚管炎卵巣のう腫などです。
生理痛もあまりに重い症状は病気が疑われます。

また、男性にも女性にも当てはまることですが、腰が痛いから腰に原因があるわけではない場合もあります。
胃腸炎やその他の病気を疑うことも必要なのですね。

オトナのストレス=子供の胃腸炎

子供の胃腸炎は感染症胃腸炎が多く、風邪と共に外界からもらってくる原因が多く考えられます。
冬に特に多いので気をつけたいですね。
帰宅したら手洗いうがい、環境を清潔に整える、栄養に気をつけ不規則な生活を送らない、など分かりきったようなことですが、やはり予防には不可欠な事柄です。

これは大人も同じことですよね。
ただ、大人は仕事などの都合もありますし、なにかと弊害があるのも否めません。

大人の胃腸炎の原因はストレスも多くあります。

過度の仕事や人付き合い、社会とのかかわりの中で本当に多くのストレスと遭遇します。
その中で胃腸を壊し、発熱や腰痛も伴ってしまいますと、身体的な苦痛まで伴います。
するとますます精神的に病んでしまいます。
そのような大人と一緒にいる子供はどうでしょうか?
大人よりもストレスを感じ取ってしまうかもしれません。

もはやストレスは大人だけの問題ではありません。
子供も、それこそ赤ちゃんもストレスを感じると胃腸炎を引き起こしてしまうのです。

物事を感じ取ってしまいやすくストレスをかかえてしまう人は他人を気遣い愚痴を吐くことが難しい人が多いです。
子供でも親に気遣い、悩み事を相談し難い環境を作りがちです。
そうならないように、大人がまずストレスを溜めないようできるといいですね。

少しでもやわらげたい…胃腸炎よ、サラバ!

胃腸炎はとてもつらいものです。
身近な胃腸の病気である下痢や便秘は主に腸内に問題が起こっている症状です。

大きな原因は、飲食物の摂取の食習慣、体質、ストレスです。

食習慣とストレスは密接な関係があります。
食習慣が悪く胃腸炎を抱えることになると身体的な痛みからくるストレスが発生します。
そのストレスでまた胃腸炎を悪化し、悪化した身体的な痛みがまたストレスになる…という悪循環になってしまいます。
これは、恐ろしいことですよね…。

そして、体質についてですが、なんと体質を改善することは可能なのです。
下痢・便秘をしやすい体質なので薬を日常服用する人は薬の摂取過多で胃腸炎を引き起こしている場合がありますので一度、服用をやめて生活してみると体質が改善されることがあります。

便秘の人が下剤を使用している場合、例えば旅行先など一時的に使うのはいいのですが、常用していると臓器が本来の役割を機能しにくくなるので、ますます悪くなります。

具体的には、下剤は腸を動かす力を弱める効果があります。
この弱める効果をずっと投薬に頼っていると腸が自力で弱めることが出来なくなってしまうのです。
そうするとますます便秘になってしまうのです。

日常的に服用しているものをスパッと止めるには少し勇気が必要ですが試していただきたい方法です。

この記事のまとめ

・胃腸炎の原因は摂取物やストレスであり、熱や腰痛を伴う症状もある。
・ウィルスを除去するため発熱する。胃腸炎や便秘が腰痛の一因。
・胃腸炎、熱、腰痛において男女の特徴がある。
・子供の胃腸炎を考える。
・食習慣とストレスの悪循環。体質は変えられる方法。

人間の身体は色んな症状を引き起こします。
それには何かの原因があります。
長い付き合いになる自分の身体。
そんな身体の声に耳を傾けて、じっくりと労わってあげることも大切ですね。

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ