時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

突然「学校に行きたくない」と言う小学校の子供への対応

   

突然「学校に行きたくない」と言う小学校の子供への対応

「学校に行きたくない…」子供が突然こんなことを言い出すと親としては、その対応方法に頭を悩ますでしょう。

まして小学校の子供だった場合、いじめか!などと心配になり、学校へ飛び込んでしまう場合も。

しかし、何もわからないうちに下手に動くと逆効果になる場合もあります。

ここでは登校拒否する子供の対応方法についてご説明いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

幼馴染に彼氏ができた!嫉妬する心理と心を抑えるための方法

昔からよく一緒にいた幼馴染に彼氏ができてしまうと、なぜか彼氏...

派遣の仕事は楽過ぎる?仕事が暇な時にやっておきたい事

派遣の仕事はいろいろありますが、会社によっては楽な仕事をする...

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

スポンサーリンク


学校に行きたくないと子供が言い出したら?

親がパニックにならないようにしましょう。子供の方が不安で一杯です。親が出来る事は、その気持ちを受け止めてあげる事です。

しかしどうすれば受け止められるのでしょうか?

私達はすぐに原因を求めがちです。

もしかしたら、子供が学校でいじめられているのかもしれない、先生が嫌いなのかもしれない、お友達ができなくて悩んでいるのかもしれない、母親と離れるのが不安なのかもしれない、確かに原因はあると思います。

しかし、それを認識しているか、それを言語化できるかというと、子供が低年齢であれば、あるほどそれは難しいのです。

また原因が全く違うところにあり、子供はただ聞かれたから、なんとなく表面的に嫌だと思ったことを口に出したというケースもあります。

子供の話は聞く必要はありますが、それを鵜呑みにするも危険です。また問い詰めることによって子供が余計萎縮する可能性もあります。

ここで大切なのは、子供が落ち着いて話せる環境を作ってあげることです。

小学校に行かせるべき?休ませるべき?

これもケースバイケースとなります。

例えば「学校には行きたくない」と嫌がった子でも、学校に行くとケロッとしてしまう子もいます。逆に、本当に一日中学校に行くのが嫌と考え続けているような子は対応を分ける必要があります。

親としては、子供に無理矢理学校に行かせるのも心配ですが、本人の希望を通したら、学校に全く行かなくなってしまったというのが不安でしかたないです。

しかしこれはこれが正解という対応方法はどこにもありません。子供がそれぞれ個性があるように、その子に合わせた対応が必要です。

もし原因が不明確のままであれば、一度登校に付き添うという方法があります。

もし子供が「母親と離れる不安」が原因だった場合、一緒に登校することで、落ち着く場合があります。集団登校の場合は、その班の後ろについて、子供が振り返れば確認できる位置にいます。

また合わせて学校での様子を担任に質問や相談してみましょう。最近の学校は割と柔軟性がありますので、子供が落ち着くまで参観を許可してくれる場合もあります。

学校に行きたくない原因を学校にすべて求めない

子供が「学校に行かない」と言い出した場合、その原因を学校の所為と考える親は少なくありません。しかしそうでない場合もたくさんあるのです。

もし子供が学校に行きたくないと言い出した場合、やはり一日の大半を過ごしている学校の先生には相談すべきだと思います。親が知らない何かを知っていることもあります。しかし原因は必ずしも学校にあるという見方は、子供の本当の悩みを見誤る可能性がありますので、気を付けましょう。本当の悩みは家庭内の出来ごとだったのに、子供がその不安を「登校拒否」と言う形で表現しただけという事はあるのです。

また先生をあまり過信するのも辞めるべきです。

例えば先生が「大丈夫ですよ、そのうち慣れます」と言った場合、先生の経験では多くの子供がそのうち慣れたのかもしれません。しかし、自分の子供が必ず慣れるとは限りません。先生の意見は尊重しながら、自分の子供はどういう風に対応すべきか、最終的には親が子供の様子を見て決断する必要があります。
また子供が何らかの形で発達障害を持っている子の場合は、特にそうです。

無理矢理小学校に行かせるのは逆効果になる事も

親世代にとって学校は毎日行くべきところであり、体の具合も悪くないのに休ませる事に対して拒否感情を覚える人もいると思います。

「一度休ませると、さぼり癖がつく」「嫌な事から逃げる子供になる」といった考えで、無理矢理子供を登校させると、それが逆効果になることもあります。

しかし休むことによって解決するかというと、そうでもありません。また休むことが長期化した場合、その時間の経過が今度は、学校に行くことを阻む原因になります。

だから、子供が学校に行きたくないと言った場合、その気持ちを否定するのではなく、お互いの落としどころを見つけて、子供に見通しを立てて上げます。

例えば、とりあえず学校に行って、どうしても帰りたいのであれば、早退してもいいとか、今日の給食メニューは好きな物があるから、給食は食べて帰ってきてもいいとか、何か具体的な目標を決めて、そこまでは頑張るという風にしてあげるのです。

特に漠然とした不安を抱えている子にはそれが有効な事があります。

親は常に子供の避難場所であるべき

子供が学校に行きたくないと言い出した時、子供なりに理由はあります。ただしそれを言語化できるかというと必ずしもそうでないとご説明いたしました。

もし子供に原因を聞くときは、出来れば抱きしめるなどのスキンシップをした上で、相手が話し出すのを待ちましょう。きっかけを作ってあげることも大切です。しかし、もし子供が話し出したら、例え判りにくい話でも、相づちぐらいで質問を挟むのを辞めましょう。
またカウンセリングの手法に、相手の言った事を繰り返すことで、相手の話しを理解を示すという方法があります。そういった方法を使ってもいいと思います。

大切なのは内容もさることながら、子供が自分の気持ちを受け止めてほしいと行動したことです。これを上手に受け止めることによって子供は不安を解消できることもあります。

どんな小さな子供も悩みがあります。それを一人で立ち向かうにはまだまだか弱いのですが、それでも自分には安全な場所があると判ることで、外の世界で自分を試す勇気にもなるのです。参考にしていただければ幸いです。                 

関連記事はこちら

 - 育児・子育て

ページ
上部へ