時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

犬の出産は何歳からOK?年齢や交配の基礎知識

   

犬の出産は何歳からOK?年齢や交配の基礎知識

犬は人類の永遠の友達といいます。

犬好きの人には「子供は大きくなるとお帰りもいってくれなくなるけど、犬はいつでもお出迎えしてくれる」なんて言う人もいるくらいです。

そんな大切なパートナーの犬ですが、出産や交配についてご存知でしょうか?

もし愛犬の可愛い子犬が欲しければ知っていてほしい交配の基礎知識について解説いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

スポンサーリンク


犬が出産可能な年齢の目安

下限は1歳半、上限は6歳までがいいとされています。1歳半から下の場合は、母体になる犬自体の成長が子犬に取られて疎外されてしまう事があるからです。上限については、ある意味人間と一緒です。高年齢出産はリスクが高いので、元気な子犬を望むのであれば、やはり母体がある程度若いうちがいいと思います。

もちろん人間も妊娠適齢期を過ぎてからも妊娠は可能ですから、犬もそこな同じです。場合によっては9歳、10歳まで可能という説もありますが、母体への影響も比例してたかくなります。出産は人間にとっても犬にとっても命がけの行為です。あまりリスクの高い出産は避けた方が無難です。

ちなみに、雄犬があまり大きいと、生まれてくる子も大きくなるのでママ犬がつらくなる傾向があるので、出産のリスクを下げ、母体への影響を少なくしたいのであれば、ママ犬よりも小さな雄犬がおオススメです。

また生まれた子犬はきちんと面倒が見られる事が前提となります。もしそういった環境がない場合は、安易に犬に出産させるべきではないと思います。

犬の交配から出産までの流れ

生後7ヶ月を過ぎると、雌犬に発情期がくるようになります。しかし前述したように、あまり若い時期の妊娠、出産は母体に影響があるので、避けるようにしましょう。

発情期は半年に1回、おおよそですが、冬の終わりから春にかけてに1回、夏の終わりから秋のはじめにかけてがもう1回といったところでしょうか?もちろん個体差がありますので、あくまで目安とお考えください。

雄犬は年中発情状態なので、雌犬が発情したタイミングで雄犬と合わせて上手く交配できれば妊娠します。

犬の妊娠期間は交配してからおおよそ58〜63日程度です。始めの21日間の妊娠初期にあたります。人間同様つわりの症状が見れることも。次の21日間が妊娠中期にあたり、この頃になるとおなかが目立つようになってきます。

そして最後の21日間は妊娠後期、おなかはもうパンパンです。この頃になると子犬を生むための産箱を用意してあげましょう。呼吸が荒くなり、落ち着きがなくなり、体温が低下して食欲がなくなれば、もしかしたら出産するかもしれません。大体60日ごろを目安に犬の行動を見守りましょう。

犬の交配や出産での注意点

交配に当たって大切なのは、相手となる種雄です。特定の相手が決まっている場合はともかく、もし特定の相手がいないのであれば、探さなくはいけません。

有料の場合は、ペットショップや行きつけの獣医などや所属している犬団体があればそこに相談してみましょう。

相手の選択は慎重に。前述した通りあまり体格差が大きいと、母体に負担が大きく難産となる可能性があるので種雄が雌犬より小柄である事が望ましいです。その他に相手の種雄の性格、遺伝的な問題、容姿なども重要なポイントになります。

種雄の飼い主とは、料金や生まれた場合の子犬の扱いについて色々と取り決めが必要です。また、子犬を血統登録するのであれば、交配証明も発行してもらう必要があるので忘れずに。

出産は犬も命がけです。難産になる確率は5%とさほど高くはないのですが、それでも難産の場合は、人間の補助がなければ、母子ともに命の危険が高いので、きちんと出産には立ち会いましょう。また、もしママ犬が生まれた子犬の面倒をみないのであれば、人間が代わって世話してあげる必要があります。

犬の年齢の目安と平均寿命

犬と人間は永遠に友達ですが、残念ながら寿命には大きな開きがあります。
特に小さい頃から家にいた犬というのは、ずっと一緒にいるものだと思いたくなりますが、実際のところ、子供がティーンエイジャーを迎える頃には寿命がきてしまいます。

犬はその大きさによっても年齢の目安や平均寿命が変わってきます。一般的に小型犬は6K
g未満、中型犬は18kg未満とされています。

小型犬と中型犬の平均寿命はおおよそ12年〜15年 16歳の犬は人間に換算するとおおよそ80歳とみていでしょう。ちなみに人間では60歳過ぎると「シニア世代」と言われますが、犬はもう少し早く7年(人間に換算すると50歳程度)でシニアとなります。

大型犬は36kg未満、超大型犬は36kg以上となります。平均寿命は小型犬や中型犬と比べても早く、8年〜10年程度です。10歳で人間に換算するとおおよそ76歳、もう少しで喜寿を迎えることとなります。大型犬と超大型犬は5年を過ぎれば立派なシニア世代となってしまいます。

犬の年齢と犬種による成長速度の特徴

犬の平均寿命をご覧いただいて、何故大型犬や超大型犬の方が寿命が短いのか疑問に思った方がいると思います。

これは成長速度の違いなのかもしれません。

大型犬や超大型犬の方が成熟するのが早いのです。例えば、生後1年たつと、大型犬、超大型犬は人間の年齢に換算すれば、17歳となります。しかし、小型犬、中型犬はおおよそ12歳になります。

生後3年で比較すると大型犬、超大型犬は28歳、小型犬、中型犬は26歳とその差が縮まりますが、生後6年では大型犬、超大型犬は48歳、小型犬、中型犬は40歳と再びその差は開いていきます。

人間同様いつまでも若い時と同じ運動量、食生活を送る事はできません。それぞれの犬の年齢に合わせた運動量、食事が大切となります。特にシニア犬となると、歯も前ほど丈夫ではないため、柔らかい食事が必要になったり、摂取カロリーにも気を遣う必要があります。

犬は人間の永遠の友達です。死ぬまで大切な愛犬なのです。是非犬にとってどんな事が一番いいのか気にかけていただければと思います。

関連記事はこちら

 - ペット

ページ
上部へ