時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

犬の出産は何歳からOK?年齢や交配の基礎知識

   

犬の出産は何歳からOK?年齢や交配の基礎知識

犬は人類の永遠の友達といいます。

犬好きの人には「子供は大きくなるとお帰りもいってくれなくなるけど、犬はいつでもお出迎えしてくれる」なんて言う人もいるくらいです。

そんな大切なパートナーの犬ですが、出産や交配についてご存知でしょうか?

もし愛犬の可愛い子犬が欲しければ知っていてほしい交配の基礎知識について解説いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

双極性障害は薬が効かない?双極性障害のおける投薬治療の問題点

双極性障害で薬が効かない事が多いと言われています。 も...

アルコール依存症を改善するには?家族が見捨てるメリットとは

アルコール依存症はお酒を飲む人が陥ると抜け出すのに...

IH炊飯器の電磁波による危険性とうまく付き合う方法をご紹介

最近よく耳にする電磁波の影響ですが、IHの炊飯器の電磁波が強...

お腹が出てるのが気になる!硬いお腹の正体と対策方法

普段からお腹が出てることを気にしていますが、触って...

自転車の防犯登録が義務化されていることのメリットを解説

自転車を購入した時に必ず防犯登録を勧められますが、実際には義...

NHKの集金は夜中にも来るの?夜間に集金する理由とは

夜中に訪問者が来たと思ったらNHKの集金に来てびっくりした経...

年金は学生でも払う義務がある!未納を回避するための方法とは

年金は20歳以上になると支払い義務が発生しますが、学生でも当...

食後に左脇腹の痛みが強い場合は要注意!それは受診が必要かも!

左脇腹の痛みを食後に感じる事ありませんか? その内治ま...

咳が止まらない時はどうする?薬効かない時の対処法をご紹介

急に咳が出て止まらない時もありますが、薬を飲めば大抵は治って...

お茶の飲み過ぎは病気を招く!?取り入れると危険な”量”とは

お茶は本来体に良いもの。糖分のたっぷり含まれたジュースを飲む...

お腹のマッサージで”ヘンな音”が!?お腹の音の正体はコレ!

痩身効果を期待して、便秘解消、老廃物対策・・などの理由で、お...

タバコの匂い消しに役立つ方法とは?髪の匂いの消し方と対処法

タバコの匂いはすぐに髪や服についてしまいますが、タバコの匂い...

睡眠と音楽との関係とは?質の高い睡眠に効果的な音楽との関係性

質の高い睡眠と音楽とは関りがあり、非常に効果が高い...

親子関係を切るには?関係を断つ前に考えておくべきこととは

親子でもどうしても仲が悪くて縁を切りたいと思うこと...

看護学校に入学するには?社会人が合格するための勉強方法

社会人になってからも看護の仕事をしたい人にとって、...

タバコの副流煙による頭痛の原因と対処法をご紹介

タバコを吸うことによって本人には害があることは分か...

肺炎で入院した人のお見舞いをする時に知っておくべきルール

入院した人のお見舞いではいろいろ気をつけるべきことがあります...

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

スポンサーリンク


犬が出産可能な年齢の目安

下限は1歳半、上限は6歳までがいいとされています。1歳半から下の場合は、母体になる犬自体の成長が子犬に取られて疎外されてしまう事があるからです。上限については、ある意味人間と一緒です。高年齢出産はリスクが高いので、元気な子犬を望むのであれば、やはり母体がある程度若いうちがいいと思います。

もちろん人間も妊娠適齢期を過ぎてからも妊娠は可能ですから、犬もそこな同じです。場合によっては9歳、10歳まで可能という説もありますが、母体への影響も比例してたかくなります。出産は人間にとっても犬にとっても命がけの行為です。あまりリスクの高い出産は避けた方が無難です。

ちなみに、雄犬があまり大きいと、生まれてくる子も大きくなるのでママ犬がつらくなる傾向があるので、出産のリスクを下げ、母体への影響を少なくしたいのであれば、ママ犬よりも小さな雄犬がおオススメです。

また生まれた子犬はきちんと面倒が見られる事が前提となります。もしそういった環境がない場合は、安易に犬に出産させるべきではないと思います。

犬の交配から出産までの流れ

生後7ヶ月を過ぎると、雌犬に発情期がくるようになります。しかし前述したように、あまり若い時期の妊娠、出産は母体に影響があるので、避けるようにしましょう。

発情期は半年に1回、おおよそですが、冬の終わりから春にかけてに1回、夏の終わりから秋のはじめにかけてがもう1回といったところでしょうか?もちろん個体差がありますので、あくまで目安とお考えください。

雄犬は年中発情状態なので、雌犬が発情したタイミングで雄犬と合わせて上手く交配できれば妊娠します。

犬の妊娠期間は交配してからおおよそ58〜63日程度です。始めの21日間の妊娠初期にあたります。人間同様つわりの症状が見れることも。次の21日間が妊娠中期にあたり、この頃になるとおなかが目立つようになってきます。

そして最後の21日間は妊娠後期、おなかはもうパンパンです。この頃になると子犬を生むための産箱を用意してあげましょう。呼吸が荒くなり、落ち着きがなくなり、体温が低下して食欲がなくなれば、もしかしたら出産するかもしれません。大体60日ごろを目安に犬の行動を見守りましょう。

犬の交配や出産での注意点

交配に当たって大切なのは、相手となる種雄です。特定の相手が決まっている場合はともかく、もし特定の相手がいないのであれば、探さなくはいけません。

有料の場合は、ペットショップや行きつけの獣医などや所属している犬団体があればそこに相談してみましょう。

相手の選択は慎重に。前述した通りあまり体格差が大きいと、母体に負担が大きく難産となる可能性があるので種雄が雌犬より小柄である事が望ましいです。その他に相手の種雄の性格、遺伝的な問題、容姿なども重要なポイントになります。

種雄の飼い主とは、料金や生まれた場合の子犬の扱いについて色々と取り決めが必要です。また、子犬を血統登録するのであれば、交配証明も発行してもらう必要があるので忘れずに。

出産は犬も命がけです。難産になる確率は5%とさほど高くはないのですが、それでも難産の場合は、人間の補助がなければ、母子ともに命の危険が高いので、きちんと出産には立ち会いましょう。また、もしママ犬が生まれた子犬の面倒をみないのであれば、人間が代わって世話してあげる必要があります。

犬の年齢の目安と平均寿命

犬と人間は永遠に友達ですが、残念ながら寿命には大きな開きがあります。
特に小さい頃から家にいた犬というのは、ずっと一緒にいるものだと思いたくなりますが、実際のところ、子供がティーンエイジャーを迎える頃には寿命がきてしまいます。

犬はその大きさによっても年齢の目安や平均寿命が変わってきます。一般的に小型犬は6K
g未満、中型犬は18kg未満とされています。

小型犬と中型犬の平均寿命はおおよそ12年〜15年 16歳の犬は人間に換算するとおおよそ80歳とみていでしょう。ちなみに人間では60歳過ぎると「シニア世代」と言われますが、犬はもう少し早く7年(人間に換算すると50歳程度)でシニアとなります。

大型犬は36kg未満、超大型犬は36kg以上となります。平均寿命は小型犬や中型犬と比べても早く、8年〜10年程度です。10歳で人間に換算するとおおよそ76歳、もう少しで喜寿を迎えることとなります。大型犬と超大型犬は5年を過ぎれば立派なシニア世代となってしまいます。

犬の年齢と犬種による成長速度の特徴

犬の平均寿命をご覧いただいて、何故大型犬や超大型犬の方が寿命が短いのか疑問に思った方がいると思います。

これは成長速度の違いなのかもしれません。

大型犬や超大型犬の方が成熟するのが早いのです。例えば、生後1年たつと、大型犬、超大型犬は人間の年齢に換算すれば、17歳となります。しかし、小型犬、中型犬はおおよそ12歳になります。

生後3年で比較すると大型犬、超大型犬は28歳、小型犬、中型犬は26歳とその差が縮まりますが、生後6年では大型犬、超大型犬は48歳、小型犬、中型犬は40歳と再びその差は開いていきます。

人間同様いつまでも若い時と同じ運動量、食生活を送る事はできません。それぞれの犬の年齢に合わせた運動量、食事が大切となります。特にシニア犬となると、歯も前ほど丈夫ではないため、柔らかい食事が必要になったり、摂取カロリーにも気を遣う必要があります。

犬は人間の永遠の友達です。死ぬまで大切な愛犬なのです。是非犬にとってどんな事が一番いいのか気にかけていただければと思います。

関連記事はこちら

 - ペット

ページ
上部へ