時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

肩甲骨のストレッチが水泳に重要な理由と効果的なやり方

   

肩甲骨のストレッチが水泳に重要な理由と効果的なやり方

肩甲骨というのは、背中にある骨という認識をしている人が多いですが、肩こりに悩む人、痩せたいと思う人にとって注目の部位です。

肩甲骨をほぐすことによって、色々とした効果がある事が判ってきました。

今回は肩甲骨と水泳の関係、そして、効果的なストレッチ方法についてご説明いたします。

肩甲骨の可動域を広げて、肩こりとおさらばして、水泳を上達させましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

スポンサーリンク


水泳には肩甲骨のストレッチとトレーニングが重要

水泳というのは全身運動です。前に進むには腕の動きと、足の動きが重要です。腕の動きといっても、ただ腕を前に動かしているだけではちっとも早くなりません。上半身を使って力強く水をかなければいけないのです

そこで重要となってくるのが肩甲骨です。肩甲骨というのは、肩を上下させたり、腕を大きく回すのに重要な役目を担っています。そしてこの肩甲骨周りの筋肉というのは、普段の生活で中々使われる事がすくないため、多くの人はここがかちかちに固まってしまい、肩甲骨本来の働きをさせることができないのです。

また肩甲骨周りの筋肉が固くなると、どんどん可動域が狭くなります。そして動かしにくいから、また動かさないようになり、その結果、血行が悪くなり肩こりになってしまいます。つまり悪循環です。

といっていきなり水泳で、肩甲骨を酷使すると、肩を痛めたりする事もありますので、まずはストレッチで固くなった筋肉をほぐす事がとても重要なのです。

肩甲骨を柔らかくするのに効果的なストレッチ

肩甲骨周りが固くなると、肩こりになるというご説明をいたしましたが、弊害はこれだけではありません。まず背中が固くなっているので、自然と猫背になってしまいます。猫背になると、顎が下に引っ張られて、顔にたるみが出てきます。

つまり肩甲骨が固くなると美容の大敵となるわけです。

そこで効果的なストレッチをご紹介いたします。

まずはいつでもどこでも簡単に隙間時間でできるストレッチからご説明いたします。まず両足を肩幅程度開いてください。つま先は外向きです。そして、重要なのは決して呼吸を止めないことです。息を吸いながら、両腕を頭の上であわせます。今度は息を吐きながら手のひらは外側に向けて、ゆっくりおろしてきます。大体胸の位置までおろしたら肩甲骨を中央に寄せるイメージを意識しながら腕をストップします。このまま10秒程度そのままで。これで1セットです。これを10セット行います。

効果的な時間帯は朝起きた時と夜寝る前なので、1日2回10セットずつ行いましょう。

肩甲骨の可動域を広げるのに効果的なトレーニング

背筋を伸ばしてください。そして二の腕を脇腹につけて、肘を曲げて、手のひらを正面へ。脇腹に手をくっつけたまま、小さく万歳をするようなポーズです。手はその状態で、腕ではなく肩を後ろに動かします。そうすると、肩甲骨が中央によって行くような感覚があると思います。常にこの肩甲骨を動かすことを意識するのがポイントです。やり始めは中々感じにくいかもしれませんが、徐々にほぐれてくれば、肩甲骨が動いている事が感じられるようになります。

ただし、これも無理に動かそうとすると、肩や関節を痛めるので、ゆっくり無理のない範囲で行うことが大切です。

ストレッチもトレーニングもそうですが、出来れば専門の人にやり方を教わるのが一番です。というのもちょっとした動きの違いで効果が絶大に違ってきます。例えば、本来床についていなければいけない部分が、少し浮いただけでも、意味のない動きになるどころか、体に悪影響を及ぼすこともあるので注意が必要です。

水泳に必要な肩甲骨の動きを意識した陸上トレーニング

両手の力を抜きます。そして腕でなく肩を上に動かします。腕は飾りだとおもってください。肩の筋肉で上に引き上げて、15秒ほどそのままにして、ゆっくりとおろします。肩の力を抜くと自然に落ちるのですが、急に落とさないのがポイントです。これを2〜3回繰り返します。今度は前後に動かします。動かすのはあくまで肩の筋肉です。そして、合わせて肩甲骨を動かすように意識しましょう。

次は、逆に胸を張っていきます。背中の肩甲骨が中央に寄せるイメージです。これも数回繰り返します。

そうしたら今度はタオルを準備してください。タオルの端と端をもって、体の前で持ったタオルをゆっくりと頭の上を通して、背中へと移動させます。肘は曲げないようにしましょう。しかし痛むがあるようなら、無理をせず、始めは少し曲がっていても問題ありません。この動きの間、決して息は止めずに。呼吸することを意識しましょう。1セット10回を目安にしてください。

慣れてきたら、徐々にタオルを持つ位置を変えていきます。両手の間隔が狭いほど効果がありますが、無理は禁物です。

その他の水泳に役立つストレッチ

上半身の動きも大切ですが、下半身の働きも重要です。股関節やお尻が柔らかくなると、バタ足が力強くなりますので是非お試しください。

方法は、まず手を後ろにつきます。左足の膝よりも高い位置に右足をおきます。足が4の字を描くような感じです。右ひざは曲がるところまで曲げます。そうすると自然に左のお尻が伸びるので、そこを押しながら3〜4回さすってください。次に、右膝を再びまげて10秒ストレッチをします。これを左右行ってください。

もう一つご紹介いたします。

まず右足を前に出して、片膝をつきます。よく映画でみるプロポーズと同じ姿勢と思ってください。そして、その姿勢で右足の前の方に体重を移動すると、左足の付け根がのびます。その伸びた付け根を軽く押して3〜4回擦ります。そして、その姿勢のまま10秒維持します。これを左右繰り返します。

さて如何でしたでしょうか?水泳というのは全身運動といわれる所以がご理解いただけたかと思います。体のいろんな筋肉を使う事により、水泳の動きが出来るようになるわけです。特に体のストレッチは、徐々に効果が現れるので達成感もありオススメです。是非お試しください。

関連記事はこちら

 - スポーツ

ページ
上部へ