時事ネタ斬

時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

新人社員の研修がつらいと感じる理由と乗り越えるメリット

2016.7.11

厳しい就職活動を乗り越えて、社会人デビューを果たしたのはいいものの、新入社員の研修がつらいからもう辞めたい・・・そんな風に考えたことがある人はいますか?

今回は新人社員の研修がつらいと感じる理由と乗り越えるメリットを紹介します。

新入社員の研修がつらいと感じる理由

新入社員として会社に入社して初めに待ち受けているのは研修です。

自分が所属する会社の業務内容や社会人としての一般常識や自覚など、覚えなくてはいけないことがたくさんあります。

ついこの前まで学生だったからと言っても、社会人になった以上はいつまでも学生の時と同じ気持ちでいるわけにはいきません。

ですが、肩書が学生から社会人に変わった途端に、社会人としての自覚が芽生えて業務をきちんとこなすことなどできないわけです。

そこで、新入社員がきちんと社会人として、そして会社の一員として行動ができるようにするために研修を行うというわけです。

会社の一員として行動をするということは、自分の言動や行動に責任が生じます。

学生の時のように甘い気持ちでちょっとくらいミスしたり後回しにしたりしたら、多くの人に迷惑をかける結果になり大変なことになります。

そうならないようにするためにも、甘えは許さず徹底してルールやマナーを指導されます。

社会人としての厳しさを学ぶ場だからこそつらいと感じるのです。

そのつらさを乗り越えることが新入社員の第一歩なのです。

つらい研修をすることで会社が新入社員を試している

新入社員になったという事は、そこに至るまでの就職活動で幾多のつらく苦しい道のりを乗り越えて入社までこぎつけたという人も多い事でしょう。

しかし、就職活動の成功はゴールではなく社会人としてのスタートでしかありません。

社会ではいろいろな困難や苦難が降りかかる事もあります。

全ての業務がそうであるわけではありませんが、簡単にこなせるものもあれば、つらく厳しいものもあるのです。

会社は、新入社員がそんなつらく厳しい局面に立たされた時に、つらいからと言ってすぐに逃げ出したりせずに、困難に立ち向かってきちんと頑張ることができるのかを判断する上で、あえて社会での本番を模倣した練習を研修でおこなうからつらいという事があります。

つまり、研修のつらさで逃げ出すようでは社会ではやっていけませんし、会社としても簡単に音を上げるような新入社員に仕事を任せることはできません。

これから仕事をこなしていくためには、新入社員研修でつらい思いをしても頑張ることが重要だという事です。

理不尽な理由でつらいと感じることもある

日本の社会はまだまだ縦社会の傾向が強いです。

多くの会社は実力主義というよりも年功序列であることが多いでしょう。

そのため、中には明らかに意味のないようなつらいだけの研修や理不尽な要求にこたえなきゃいけない場面に出くわしてつらいと感じる場面もあると思います。

どんなに上から目線で理不尽な要求をされていると感じても、腹を立てたりすることなく黙って話を聞かなくてはいけません。

「ふざけるな!」と言ってやりたい気持ちもわからなくはないですが、それをしてしまったらその時点であなたのその会社での生活は終わりとなってしまうからです。

日本の会社で新入社員になるという事は、そういった理不尽さにさらされてしまう可能性もあるという事を理科しておいた方がいいでしょう。

とは言え、あまりにも意味のない研修内容であったり、無理難題を吹っ掛けるような会社だったりした場合は、グッと耐え忍ぶよりも思い切って別の会社に転職することを考えるのもひとつの手であるという事は頭の隅に入れておきましょう。

新入社員研修がつらいと感じる原因の一端は自分にあるかもしれない

新人社員研修がつらいと感じるのは、もしかしたら研修内容などではなく、自分自身の行動や考え方が原因になっている可能性があります。

最近の学生や新社会人には、目上の人と会話をしたり指導を受けるような経験をあまりしていないという人も多く、自分から積極的に話しかけていくことが苦手だという人も多く存在します。

特にスマホなどの電子機器の発達から、直接のやり取りよりもメールやチャットでコミュニケーションを取ったり、わからないことは自分で検索して調べたりすることができるため、集団で行動する機会が減少しているのです。

そのため、困ったり悩んだりした時に上司や指導係の先輩などに聞けばすぐに解決するかもしれないことでも、「怒られてしまったらどうしよう」というようにマイナスイメージを持ってしまい、躊躇してしまうのです。

しかし、研修で消極的になって周りの顔色ばかり窺っていても、何もいいことはありません。

何が何だか理解しないまま研修がどんどん進んでしまえば、つらさはどんどん増すばかりです。

研修期間中は社会のルールを学べる貴重な時間ですから、変に委縮して時間を無駄にしてつらい思いをしない為にも、自分から積極的に参加していけるようにしましょう。

つらさを乗り越えることで成長できる

新入社員研修の期間中はつらく厳しい時間が長く続くことでしょう。

研修が続いている間は自分が何でこんなことをしてるんだろうとか、ホントにこんなことをしてて何か意味があるのか、もうつらいから辞めたいなどと悩むこともあるかもしれません。

しかし、会社に所属する一員としての自覚や社会の厳しさを目の当たりにしながらも、そんなつらい研修を乗り越えたことで、あなたは今までの学生気分だったころから大きく成長し、今後の社会人としての生活をしていくうえでその成長を実感することができるでしょう。

研修をしないで社会に出ることは、右も左もわからない、言葉も通じないような場所で何も持たされずいきなり放り出されてしまうようなものです。

新入社員が研修を通して社会に出ても一人前としてやっていく為の基礎を身に着ける為に、あえて厳しくつらい課題を与えていると考え、どんなにつらいと感じても簡単に逃げ出したりはせず、自分の成長のために前を見て頑張りましょう。

 - 仕事