時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

生涯独身を貫きそうな女性は、仕事の能力が高い!?

      2017/03/21

生涯独身を貫きそうな女性は、仕事の能力が高い!?

年々晩婚化が進み、あえて結婚を選択しない人達も増えてきているようです。

そこで今回は独身女性たちの本音に迫りました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

スポンサーリンク


独身女性の割合

50歳までに結婚したことがない「生涯未婚率」が、男性20.1%、女性10.6%と過去最高であることについて、どのように思うか聞いてみました。

女性で一番多い答えは、「結婚は人生の選択肢のひとつなので、結婚を望まない人が増えてきたからでしょう」というものでした。次に、「雇用・労働環境がよくないからでしょう。」「結婚・出産しても女性が働くことができる環境が十分でないからでしょう。」という答えでした。

非正規雇用がどんどん増えていくため、若者の生活を不安定にさせる源は政府施策でしょう。

生涯未婚率は、50歳時点の未婚率です。

2010年の国勢調査で20代前半だった世代が50歳になる25年後には、今の倍の生涯未婚者がいるでしょう。

NHKの《少子化白書 晩婚・晩産化進む》は「生涯未婚という人の割合は、平成22年には男女ともに過去最高で、一生結婚するつもりがない「非婚化」も増えている」と指摘しました。内閣府は「若い世代は雇用が不安定なので、経済的な理由のために結婚に踏み切れない人が増えているのでは」と分析しています。

独身でもいい理由

1.彼氏と結婚を前提に付き合っていたのですが、結婚の直前に彼氏に振られました。

愛していて信じていた彼の浮気が発覚したのです。

このような辛い経験が何度かあったので、男性への不信感が高まってしまいました。

そして、「こんな辛い思いをするぐらいなら結婚しないほうがいい」と結婚を諦めてしまうパターンです。

2.「仕事が楽しくて、とても会社にも期待されているので頑張りたい」という状況の場合、女性は、「男性に興味がない」というわけではありません。

むしろ、いつも彼氏がいてモテる女性もたくさんいます。

しかし結婚よりも仕事を優先してしまうようです。

3.一般的な女性は、「一人は寂しい」と思うので、恋活に励みます。

しかし中には、『一人でいることが好き』『一人でいるのが楽』というような理由で、『彼氏なんていらない』という女性もいます。

4.一度は結婚をしたのですが、離婚をしたことで、『自分は結婚生活に向いていない』ことがわかりました。

生涯独身で働くなら、この仕事!

先ほど、国家公務員の人事について、ご紹介しました。

公務員なら、官僚の世界以外では、男性と女性の出世や給料は、ほとんど同じくらいだと言ってもよいと思います。

特に、地方公務員の場合は、同期入社の男性職員と女性職員の給料は、だいたい同じくらいになっています。

毎年、給与が減ってきているところはありますが、平均して、年収600万円〜750万円くらいをキープしている自治体が多いです。

さらに、退職金についても、大きな変動などがなければ、2500万円くらいの退職金を、受け取ることができるでしょう。

お給料も退職金もとても良いので、女性にとっては、とても恵まれている職場だと言えますね。

特に、生涯独身で働く場合は、一人でも安心して生活していけます。

40歳代前後の女性の場合、年収700万円くらいの収入がある女性は、あまりいないと思います。

また、他の職業としては、看護師、介護士なども、生涯独身で働くのにおすすめの職業だと思います。

独身のメリットとデメリット

時代は変わったので、独身を貫く人も多くなってきました。

独身であることのメリットとデメリットはなんでしょう?

独女に、そのあたりについて聞いてみました。

「独身だと自由で自己責任なので、自分で選んだ人生を送れます。デメリットは、子供が持ちにくいことですね。」

「メリットは、自由の時間とお金です。デメリットは老後の不安と、たまに感じる淋しさです。」

「自分のペースで、お金・時間・体調を管理できるのがメリットです。デメリットは、心の拠り所がないことです。」

メリットは、自分のお金を自分のために使う自由、好きなときに好きなことができる自由、趣味に時間とお金をかけることができる自由、などのようですね。

煩わしい家族のしがらみに振り回されることもありません。

しかし、「自由」とセットなのが「孤独」です。

「介護の仕事で、たくさんの高齢者を見てきました。一人で老後を楽しむ人もいますが、兄弟や子供がいない人は面倒を見てくれる人がいなくて孤独でした。結婚してもいいと思う人がいれば、した方がいいと思います。」

また、結婚=女性の負担が増えるという声もあります。

「今の時代、男性だけの給料では結婚・妊娠のために退職できません。しかし、家事や妊娠、子育ては女性中心になるので、女性の負担だけが増えます。そして自由も減るので、独身の方が負担が少ないです。」

独身女性はかわいそう?

「かわいそう」と言う前に、私のがんばってきたことを認めてほしいと思います。

寂しくてつらいし、頼れる男性もいないですが、女手一つでやってきたことを褒めてほしいのです。

特に、家族や友達には、頼れる相手がいないことを、「がんばってるね」と認めてほしいのです。

長く働いていると、たくさんの人との出会いがありました。

そして、いろいろな生き方があることを知りました。

自分らしく生きている人は、とてもイキイキとしています。

「誰と結婚をいつするのか?ずっと結婚はしないのか?」というようなことは、自分で決めるものです。

自分の信じた道を進んで、「これが私の幸せ」と思えるのなら、仕事でも結婚でも趣味でも、自分が幸せで楽しいと感じることを選べば、「自分の人生」を歩め

可哀相な未婚女性とは、憧れの未婚女性の対極を浮かべればいいでしょう。

「いつもイライラしている」未婚女性は、男性からみても女性からみても怖いです。

40歳前後では、体調の変化で妙にイライラして、周りにキツくあたる女性が増えます。

周りには、「いい年で独身だからイライラしている」とイジワルを言う人もいます。

また、結婚に焦っていて、未婚の自分を恥じている女性もいます。

そのような女性は、顔にも行動にも焦りが出ています。

未婚である自分の人生を愛さなければ、自分もかわいそうだし、周りからもかわいそうに思われます。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ