時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

20代で結婚する人必見!結婚までの貯金についてのまとめ

      2017/02/24

20代で結婚する人必見!結婚までの貯金についてのまとめ

晩婚化が騒がれる中、20代で結婚を決める男女も多くいますが、貯金はいくらぐらいしているのでしょうか?

今回は結婚までに貯めておきたい金額や女性が結婚相手に求める貯金額など、貯金についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

自然消滅で別れるのは嫌!彼氏を最低だと思った時の対処法

せっかく好きになって付き合ったのに、別れが近づいてきた時には...

子供の頭痛はどこが痛む?おでこが痛む原因と対処方法

子供が頭痛すると言われると親としてはドキッとします。頭痛とい...

幼馴染に彼氏ができた!嫉妬する心理と心を抑えるための方法

昔からよく一緒にいた幼馴染に彼氏ができてしまうと、なぜか彼氏...

派遣の仕事は楽過ぎる?仕事が暇な時にやっておきたい事

派遣の仕事はいろいろありますが、会社によっては楽な仕事をする...

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

スポンサーリンク


女性は結婚相手に年収や安定を求めている

あなたは結婚相手に何を求めていますか?
人によってはいろいろな答えがかえってきそうですね。

そんな中でもある一定の傾向があるようです。

その傾向をみてみましょう。

まず結婚相手に何を求めているのかを男性に聞いてみると、女性に「外見の美しさやセクシーさ」などを求めている、ということです。

男性は本能的には性欲に突き動かされながら人生を生きている側面もあります。

よってこの本能的な欲望を満たしてくれるような美しく、セクシーな女性を求める傾向にあるわけです。

では女性はどうでしょうか。

女性は男性に対して「年収や安定職」を求めています。

女性は愛されたい、大切にされたい、子供が大切だ、そんな気持ちが男性よりも強いことが多いのです。

また、妊娠や出産時などには自分が働けないということもあるので、男性の年収や安定的な職種を求める傾向があるわけですね。

このように男女では結婚相手に対して求めているものに大きな違いがあるようです。

結婚相手に求める年収額

年収は、そりゃ多いなら多いに越したことありませんよね!
もしかしたら「大好きだから、稼いでなくたっていいの」そんな女性もいるかもしれません。

または「今は少なくても職業的に伸びしろが大きそうだ」とかそんな将来を見据えた見方をしている女性もいるかもしれませんね。

実際には20代の未婚女性が旦那候補に求める年収額はどれくらいでしょうか。

早速アンケートの結果を見ていきましょう。

収入は問わない派が全体の1割強で11.6%。

それ以外は300万円未満は5.1%、300万円以上〜400万円未満が26.3%、400万円以上〜500万円未満が26.3%、500万円以上〜600万円未満が17.7%、600万円以上〜700万円未満が5.1%、700万円以上〜800万円未満が4.5%、800万円以上〜900万円未満が1.5%、900万円以上〜1,000万円未満が0.0%、1,000万円以上〜1,500万円未満が0.5%、1,500万円以上が1.5%という結果になりました。

一番最多となった年収額ゾーンは300万円以上〜400万円未満、400万円以上〜500万円未満が同率で、合わせると半数を超える結果となりました。

女性の結婚時の貯金額

結婚時に1番お金がかかるのは挙式や披露宴、新婚旅行などの料金と言われています。

挙式や披露宴だけでも全国平均で300万円以上というデータも!
今回は女性に、「結婚するときの貯金はいくらありましたか?」とアンケート。

結婚時のカップルの貯金額を紐解いていきましょう。

貯金ゼロの方もいれば、多い方では700万円という回答もありました。

1人あたり150万円以内の方が最多で、平均してみるとだいたい1人100万円ほどという結果に。

カップルの総額で見ても、全体の3分の2が250万円以下、3分の1は250万円以上という結果になりました。

結婚式費用の全国平均に達していないカップルも意外と多いということがわかりました。

ちなみに、総貯金額250万円以下で結婚式をしたカップルは、ほとんどが双方の親の援助があったとのこと。

いろいろと制約もでてきてしまいそうですが、事前に親の意向(援助してくれるのか)なども確認しておくのがよいかもしれませんね。

多くの女性は結婚相手の貯金額を重要視している

お金って生きていく中で必要不可欠。

興味関心のない人はいたとしても、結局は、お金がなくては生活できませんよね。

「貯金がゼロな人はちょっと計画性がなさそう」とか、「頼りにならなそう」とか、そんな声も聞こえてきます。

実際問題、貯金がない人はお金の使い方にも問題がある可能性もあるため、結婚後にもめるケースもちらほら。

女性に「結婚相手の男性の貯金額は、結婚を決める際に重要なポイントだと思いますか?」と質問してみたところ、重要だと答えた人が大多数でした。

実にその数72%。

理由としては「結婚となれば何かとお金もかかるし、ある程度は必要!それに、夫婦間の金銭感覚のズレは致命傷になりかねない」だったり、「結婚準備や結婚生活にある程度のお金は必要だし、結婚前に貯金できる人なら結婚後もためていけると思うから」など、結婚生活を始める上で少しでもあった方がよいと考える人が圧倒的でした。

理由からみて、貯金の金額がすべてではなく、結婚相手の金銭感覚を知る上での大切なものさしとしてみている人も多数いることがわかりました。

女性が結婚相手に求める貯金額

女性に、結婚相手に求める貯金額を尋ねてみると、「年齢が高くなればなるほどに、結婚相手に求める貯金額も高くなる」という傾向がありました。

実際に具体的にはいくらぐらい貯金をしているのが理想的なのでしょうか?
女性に聞いた「結婚相手に求める貯金額は?」の結果を見てみましょう。

50万円未満・・・1.5%
50万円〜100万円未満・・・7.8%
100万円〜300万円未満・・・30.4%
300万円〜500万円未満・・・37.2%
500万円〜1000万円未満・・・18.3%
1000万円以上・・・4.8%
という結果になりました。

300万円以上と答えた女性が全体の60%を超える結果となり、基本的にはある程度のまとまった金額を貯金できている男性を求めているということがわかります。

50万円未満と答えた人の中には、「2人で貯めればよい」とか「これから貯めればいい」という建設的な意見も聞かれました。

50万円〜100万円未満と答えた人の中には、「最低限生活出来ればいい」とか「自分があまり貯めれてないから。

笑」という意見があります。

100万円〜300万円未満と答えた人の中には、「自分もそれぐらいしかないから」とか「そこそこ堅実」という意見がありました。

お互い様、という意見も多いようです。

300万円〜500万円未満と答えた人の中には、「結婚資金にしたいから」とか「貯金をしてる人だと安心できる」といった意見が。

やはり300万円以上となると意見も変わってくるようですね。

500万円〜1000万円未満と答えた人の中には、「専業主婦になりたいから」とか「安定した生活をしたいから」と頼りたい女性の気持ちが出てきています。

「1000万円以上」と答えた人の中には、「金持ちがいい」や「あたりまえ」などという意見がありました。

関連記事はこちら

 - 結婚

ページ
上部へ