時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

20代で結婚する人必見!結婚までの貯金についてのまとめ

      2017/02/24

20代で結婚する人必見!結婚までの貯金についてのまとめ

晩婚化が騒がれる中、20代で結婚を決める男女も多くいますが、貯金はいくらぐらいしているのでしょうか?

今回は結婚までに貯めておきたい金額や女性が結婚相手に求める貯金額など、貯金についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったり...

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが...

電話が苦手な男は多い?彼に嫌がられないためにできること

恋人同士であれば頻繁な電話というのも珍しくはありません。しか...

「課題が終わらない!」休むのはあり?仮病を使う前に考えること

しまった、課題を忘れてた・・・締め切りの前日になると不思議と...

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生...

電話が苦手な女子必見!暇電を断りたい時の上手い理由とは

女子の電話はとても長く、恋愛や日常のなんでもないような出来事...

手の震えの原因は?50代に多い手の震えの要因と対策

年齢を重ねると体にはいろいろな症状が出ることもあり...

通っている学校を辞めたい。両親に響く説得の仕方とは

高校や大学を辞めたいと考えている時、一番のネックと...

マンション管理会社へ苦情の連絡をする時のポイントはコレ!

マンションで住んでいると他の住人に対する苦情もあれ...

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする...

公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ!

公務員の試験を受けることを決意した時から、必死に勉...

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去...

一人でスナック経営を成功させるためのポイント教えます

スナックを一人で経営していくことになったら、成功させるために...

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、し...

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎ...

部活の友達や仲間と対立!部活が嫌いになりそうな時の対処方法

中学・高校生、そして大学生の一部の人にとって、学校の部活動は...

過呼吸になった時に救急車を呼ぶ前にできる事はコレ!

過呼吸になると自分で思うように呼吸ができなくなるので、軽いパ...

妹の妊娠報告で素直に喜べない時の心理と気持ちの切り替え方

妹から妊娠報告を受けた時には素直に喜ぶ自分と、先を越されてし...

受動喫煙の影響は?喫煙でどれくらいの人に迷惑をかけるのか

受動喫煙による影響を心配する人は多いですが、喫煙し...

食後に運動すると吐き気がする!気になる症状の理由と改善法

食事をしてからすぐに運動をしようとすると吐き気を催...

スポンサーリンク


女性は結婚相手に年収や安定を求めている

あなたは結婚相手に何を求めていますか?
人によってはいろいろな答えがかえってきそうですね。

そんな中でもある一定の傾向があるようです。

その傾向をみてみましょう。

まず結婚相手に何を求めているのかを男性に聞いてみると、女性に「外見の美しさやセクシーさ」などを求めている、ということです。

男性は本能的には性欲に突き動かされながら人生を生きている側面もあります。

よってこの本能的な欲望を満たしてくれるような美しく、セクシーな女性を求める傾向にあるわけです。

では女性はどうでしょうか。

女性は男性に対して「年収や安定職」を求めています。

女性は愛されたい、大切にされたい、子供が大切だ、そんな気持ちが男性よりも強いことが多いのです。

また、妊娠や出産時などには自分が働けないということもあるので、男性の年収や安定的な職種を求める傾向があるわけですね。

このように男女では結婚相手に対して求めているものに大きな違いがあるようです。

結婚相手に求める年収額

年収は、そりゃ多いなら多いに越したことありませんよね!
もしかしたら「大好きだから、稼いでなくたっていいの」そんな女性もいるかもしれません。

または「今は少なくても職業的に伸びしろが大きそうだ」とかそんな将来を見据えた見方をしている女性もいるかもしれませんね。

実際には20代の未婚女性が旦那候補に求める年収額はどれくらいでしょうか。

早速アンケートの結果を見ていきましょう。

収入は問わない派が全体の1割強で11.6%。

それ以外は300万円未満は5.1%、300万円以上〜400万円未満が26.3%、400万円以上〜500万円未満が26.3%、500万円以上〜600万円未満が17.7%、600万円以上〜700万円未満が5.1%、700万円以上〜800万円未満が4.5%、800万円以上〜900万円未満が1.5%、900万円以上〜1,000万円未満が0.0%、1,000万円以上〜1,500万円未満が0.5%、1,500万円以上が1.5%という結果になりました。

一番最多となった年収額ゾーンは300万円以上〜400万円未満、400万円以上〜500万円未満が同率で、合わせると半数を超える結果となりました。

女性の結婚時の貯金額

結婚時に1番お金がかかるのは挙式や披露宴、新婚旅行などの料金と言われています。

挙式や披露宴だけでも全国平均で300万円以上というデータも!
今回は女性に、「結婚するときの貯金はいくらありましたか?」とアンケート。

結婚時のカップルの貯金額を紐解いていきましょう。

貯金ゼロの方もいれば、多い方では700万円という回答もありました。

1人あたり150万円以内の方が最多で、平均してみるとだいたい1人100万円ほどという結果に。

カップルの総額で見ても、全体の3分の2が250万円以下、3分の1は250万円以上という結果になりました。

結婚式費用の全国平均に達していないカップルも意外と多いということがわかりました。

ちなみに、総貯金額250万円以下で結婚式をしたカップルは、ほとんどが双方の親の援助があったとのこと。

いろいろと制約もでてきてしまいそうですが、事前に親の意向(援助してくれるのか)なども確認しておくのがよいかもしれませんね。

多くの女性は結婚相手の貯金額を重要視している

お金って生きていく中で必要不可欠。

興味関心のない人はいたとしても、結局は、お金がなくては生活できませんよね。

「貯金がゼロな人はちょっと計画性がなさそう」とか、「頼りにならなそう」とか、そんな声も聞こえてきます。

実際問題、貯金がない人はお金の使い方にも問題がある可能性もあるため、結婚後にもめるケースもちらほら。

女性に「結婚相手の男性の貯金額は、結婚を決める際に重要なポイントだと思いますか?」と質問してみたところ、重要だと答えた人が大多数でした。

実にその数72%。

理由としては「結婚となれば何かとお金もかかるし、ある程度は必要!それに、夫婦間の金銭感覚のズレは致命傷になりかねない」だったり、「結婚準備や結婚生活にある程度のお金は必要だし、結婚前に貯金できる人なら結婚後もためていけると思うから」など、結婚生活を始める上で少しでもあった方がよいと考える人が圧倒的でした。

理由からみて、貯金の金額がすべてではなく、結婚相手の金銭感覚を知る上での大切なものさしとしてみている人も多数いることがわかりました。

女性が結婚相手に求める貯金額

女性に、結婚相手に求める貯金額を尋ねてみると、「年齢が高くなればなるほどに、結婚相手に求める貯金額も高くなる」という傾向がありました。

実際に具体的にはいくらぐらい貯金をしているのが理想的なのでしょうか?
女性に聞いた「結婚相手に求める貯金額は?」の結果を見てみましょう。

50万円未満・・・1.5%
50万円〜100万円未満・・・7.8%
100万円〜300万円未満・・・30.4%
300万円〜500万円未満・・・37.2%
500万円〜1000万円未満・・・18.3%
1000万円以上・・・4.8%
という結果になりました。

300万円以上と答えた女性が全体の60%を超える結果となり、基本的にはある程度のまとまった金額を貯金できている男性を求めているということがわかります。

50万円未満と答えた人の中には、「2人で貯めればよい」とか「これから貯めればいい」という建設的な意見も聞かれました。

50万円〜100万円未満と答えた人の中には、「最低限生活出来ればいい」とか「自分があまり貯めれてないから。

笑」という意見があります。

100万円〜300万円未満と答えた人の中には、「自分もそれぐらいしかないから」とか「そこそこ堅実」という意見がありました。

お互い様、という意見も多いようです。

300万円〜500万円未満と答えた人の中には、「結婚資金にしたいから」とか「貯金をしてる人だと安心できる」といった意見が。

やはり300万円以上となると意見も変わってくるようですね。

500万円〜1000万円未満と答えた人の中には、「専業主婦になりたいから」とか「安定した生活をしたいから」と頼りたい女性の気持ちが出てきています。

「1000万円以上」と答えた人の中には、「金持ちがいい」や「あたりまえ」などという意見がありました。

関連記事はこちら

 - 結婚

ページ
上部へ