時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

コンビニのサラダには害が有る?

      2017/03/21

コンビニのサラダには害が有る?

コンビニでは、現在、様々なお弁当やサラダ、お惣菜が開発・販売されていますよね!

便利で、利用する方も多いのではないでしょうか?

でも、加工品でありながら生で食するサラダは大丈夫なんでしょうか?人体に何か害はないの?

調べてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

幼馴染に彼氏ができた!嫉妬する心理と心を抑えるための方法

昔からよく一緒にいた幼馴染に彼氏ができてしまうと、なぜか彼氏...

派遣の仕事は楽過ぎる?仕事が暇な時にやっておきたい事

派遣の仕事はいろいろありますが、会社によっては楽な仕事をする...

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

スポンサーリンク


コンビニなどで売られているパックサラダの「長持ち」に潜む害とは?

コンビニやスーパーで売られているパックサラダは手軽に野菜が食べられ、一人暮らしの人などには便利です。

しかし、実はパックサラダには消毒薬と防腐剤が大量に使われているのです。

何故そんなものが使われているのかと言いますと、ただ野菜をカットしただけでは、すぐに赤黒く変色し、しなびてしまうからです。

そこでパックサラダの工場ではカットした野菜を、PH調整剤と亜硝酸ナトリウムなどが溶けた大きな水槽に浸します。

こうすることで、野菜は2・3日くらいは変色したり、しなびたりしなくなります。

ですから、パックサラダは生野菜であるにも関わらず、消費期限が長いのです。

しかしながら、パックサラダに使う生野菜が持つ栄養素には、水に溶けやすいビタミン類がたくさん含まれています。

それを薬剤が入った水の中に入れると、そのビタミン類が水に溶けてなくなってしまうのです。

問題はそれだけではありません。

虫などが混入する事態を避けるため、パックサラダ向けに栽培している野菜には、標準よりも多くの農薬が散布されています。

本当は虫がいるぐらいが安全なのですが、見た目を優先して、農薬が残留している野菜が使われているのです。

安全性に疑問があるのは、野菜だけではありません。

ドレッシングにも多くの食品添加物が使われています。

こちらはある意味、野菜よりも恐ろしいです。

というのも、二次原料に含まれる食品添加物がどのくらいなのかが、全くわからないのです。

つまり、全体の食品添加物の使用量がわからない、ということになります。

野菜不足や栄養など、健康面を気にしてパックサラダを買う人は決して少なくありません。

しかし実際のところ、パックサラダに十分な栄養素は含まれていませんし、健康に良いとは言い難いものなのです。

Q:コンビニのサラダは添加物が多いのでしょうか?

コンビニのサラダには、色が変わったり、しなびてしまわないように、防腐剤と漂白剤が使われています。

まず、防腐剤は一般に、「PH調整剤」という名前で原材料一覧に記載されています。

PHを一定に保つことで、微生物の繁殖を抑える効果もあり、サラダの日持ちを良くするのを助ける役割があります。

しかし、「PH調整剤」という名前の物質はありません。

これは、クエン酸、クエン酸三ナトリウム、炭酸ナトリウム、リン酸などの総称です。

しかも、原材料一覧にはPH調整剤と書くだけで、何がどれぐらい使われているのか、内訳の公開は義務付けられていません。

PH調整剤として使われる添加物の全てが危ない訳ではありませんが、何がどのくらい使われているのかが、全くわからないというのは恐ろしいものです。

次に漂白剤は、「亜硫酸ナトリウム」という添加物が使われています。

二酸化硫黄、亜硫酸と書いてあることもあります。

さらに、以下のような物質も亜硫酸ナトリウムと表記して良いことになっています。

  • 亜硫酸Na
  • 次亜硫酸Na
  • ピロ亜硫酸Na
  • ピロ亜硫酸K

つまり、亜硫酸ナトリウムと書いてあっても、内訳は何であるのかわかりません。

しかも亜硫酸ナトリウムは、身体に有害な物質です。

胃腸炎や肝臓障害などを起こす可能性があります。

特に胃弱の人は、注意した方が良いでしょう。

このようにコンビニのサラダには、身体に悪影響を与える可能性のある添加物が使われています。

健康を気遣って、サラダなどの野菜類を買っているのに、何とも皮肉ですね。

添加物は入っていますが、全てが悪いものとは限りません

添加物と聞くと、悪いイメージがあるかもしれません。

しかし、全部が悪いものではないのです。

例えば、豆腐の凝固剤に使うにがりや、酸化防止剤のビタミンCなども、食品添加物です。

食品添加物には化学的に合成して作ったものと、自然由来の素材から作った天然のものがあります。

しかし、合成と天然のどちらが良いのかは、一概には言えません。

天然の食品添加物なら安全そうに思えますが、これにも毒性を持つものがあります。

例えば梅の実は天然素材ですが、そのまま食べると毒です。

天然なら安全とは、必ずしも言い切れないのです。

合成食品添加物の代表的なものとしては、グルタミン酸ナトリウムがあります。

これはコンビニの弁当や総菜はもちろん、スナック菓子や冷凍食品など、ありとあらゆるものに入っているので、ご存じの方も多いと思います。

グルタミン酸ナトリウムについては、安全性について賛否両論の様々な意見があり、確かな結論は出ていません。

ただ、グルタミン酸ナトリウムには一定の量に達すると、それ以上量を増やしても味が変わらなくなる特性があります。

塩なら量が増えると、「塩辛い」と感じて食べられなくなりますが、グルタミン酸ナトリウムは味が変わらないので、気付かないうちに多量に食べてしまうこともあります。

このため、飲食店などでは過剰に使ってしまう傾向があり、知らぬ間に多量に食べてしまうのです。

また、グルタミン酸ナトリウムを使うと、従来の天然だしに比べ、はっきりした味になります。

この味に味覚が慣れてしまうと、天然だしの繊細な味がわからなくなる可能性があると言われています。

色々と不安要素がありますが、だからといって、グルタミン酸ナトリウムを摂るのを止めるのは、至難の業でしょう。

グルタミン酸ナトリウムは非常に多くの食品に使われていますので、突き詰めると食べられるものがほとんどなくなってしまいます。

ですから、無理なく自分のできる範囲で、「これは自分には不要だな」と思ったら、避けてみる程度から始めてみるのが良いのではないでしょうか。

コンビニサラダは害があるという声ばかりじゃない!?コンビニサラダでしっかり栄養を摂るという考え方!!

色々な種類の野菜を食べる

健康のために野菜を食べよう、とコンビニでサラダを手にする人は多いと思います。

しかし、選び方にもポイントがあります。

例えば、千切りキャベツにポン酢をかけて食べるという人もいるでしょう。

キャベツは栄養豊富な野菜ですが、これでは1種類の野菜しか摂れず、栄養が偏りがちです。

なるべくなら、色々な種類の野菜が入ったサラダを選んだ方が、様々な栄養を摂ることができます。

コンビニによっては、1日の野菜摂取目標量の半分を摂れるサラダもあります。

上手く活用して、野菜をしっかり摂りましょう。

大きくカットしてある野菜は栄養豊富

野菜を大きくカットすると、当たり前ですが、切り口が広くなります。

すると、空気に触れる箇所が大きくなり、鮮度が落ちやすく、変色したりしなびたりします。

栄養も流出しやすくなります。

コンビニのサラダが細かくカットしてあるものが多いのは、このような理由があるからです。

しかし、千切りキャベツのような野菜が細かくカットされているものより、大きくカットされたものの方が栄養価は高くなります。

そういう意味では、ミニトマトをそのまま食べるのもおすすめです。

栄養価は野菜ごとに異なる

野菜の種類ごとに含まれる栄養は異なります。

だから、複数の野菜を食べる必要があるのです。

コンビニでサラダを買う時は、自分にどんなビタミンが足りていないのか、どんな野菜を食べればそれを補えるのか、といったことを考えて買うと、さらに効果的です。

以下に、栄養素ごとの野菜の種類を簡単に書いておきます。

ビタミンA→緑黄色野菜(にんじん、かぼちゃなどの色の濃い野菜)
ビタミンC、食物繊維→淡色野菜(キャベツなどの色の薄い野菜)
食物繊維→ごぼう、れんこんなどの根菜類

サラダは賞味期限を見て買う

コンビニのサラダを買う時は、賞味期限が新しいものを選ぶようにしましょう。

そうすれば、加工されてから日が浅いですから、つまり新鮮で栄養価も高くなります。

コンビニを含め、外食産業で販売されるサラダの害に関する現状とは?

飲食店の料理やスーパーの出来合いの総菜、コンビニや仕出しの弁当などに、サラダや付け合わせに様々な野菜が使われています。

しかし、これらの野菜はきちんと洗ってあるのでしょうか?

通常、特に断りがなければ、使う野菜には農薬が使われています。

その方がコストも安価で済みます。

そして、その野菜を洗って、カットして使う訳です。

しかし、実際のところは飲食店も多くのお客をさばくのに忙しいので、そんなに丁寧に洗う暇がないのだとか。

全国チェーンのファミリーレストランでは、あらかじめ工場で加工された野菜を使っているところもあります。

でも、この野菜もざっと洗ってあるだけなのかもしれません。

残留農薬の量も、結構すごい数値が出そうな気がします。

生野菜に限らず、加熱して食べる野菜も怪しいです。

そんなことが公になったら、大騒ぎになって、お客も離れてしまうのでしょう。

しかし、そういう不安要素について、表ざたになることは稀です。

暗黙の了解で、言わないことにしているのではないでしょうか。

農薬がたっぷりかかった野菜というのは、野菜本来の味が損なわれており、美味しくありません。

子供が苦いから嫌と言って、食べない野菜のいくつかは農薬が原因かもしれません。

しかし、キャベツなどを無農薬で育てると、青虫が食べて穴だらけにされます。

そうすると、見かけが悪いので商品価値がなくなってしまうのです。

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ