時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

二の腕の痛みは筋肉痛じゃなかった!筋肉痛以外で考えられる原因

      2017/02/24

二の腕の痛みは筋肉痛じゃなかった!筋肉痛以外で考えられる原因

二の腕の筋肉痛がなかなか治らなくて困ってるという人はいませんか?

もしかしたら、その痛みは筋肉痛じゃないかもしれませんよ。

今回は筋肉痛以外で考えられる二の腕の痛みの原因をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

幼馴染に彼氏ができた!嫉妬する心理と心を抑えるための方法

昔からよく一緒にいた幼馴染に彼氏ができてしまうと、なぜか彼氏...

派遣の仕事は楽過ぎる?仕事が暇な時にやっておきたい事

派遣の仕事はいろいろありますが、会社によっては楽な仕事をする...

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

スポンサーリンク


肩より上に腕を上げると二の腕が痛む

上着を着るにも、頭の高さ上にモノを置くにも、肩より上に腕を上げる機会というのは、日常によくあります。

後頭部に腕を回せるか一度試してください。

また、背中に手を回す事が出来ますか?

もし出来ないとすると、肩関節周囲炎(いわゆる五十肩)の可能性があります.

肩関節の中や周囲の腱が痛んでいる、あるいは関節を包んでいる膜が痛んでいる可能性があります.

自然に治る事もありますが、そのままにしておくと、日常生活に支障が出ますよね。

下手すると関節が癒着してしまう事もあるのです。

あまり痛みが痛い時は、病院に受診しましょう。

急性の痛みであれば、三角巾やアームバンドなどで一時的に腕を動かさないようにします。

消炎鎮痛剤が処方される事もあるので、その場合は服用しましょう。

急性の痛みが終わったら、徐々に動かしてみましょう。

専門医の指導の上、リハビリをするのがオススメです。

また、痛みが強い関節には暖かくすると動かしやすくなるので、入浴も有効です。

筋肉痛状態から修復中にカルシウムが付着した事による痛み

二の腕が痛むのは五十肩が理由とは限りません。

例えば、ある女性ですが、二の腕が痛むので病院に受診しました。

初めの診断は「腱鞘炎」です。

腱鞘炎というのは使いすぎによる疲労みたいなものです。

しかし残念ながらこの女性は重いものを持ったり、腕を酷使する仕事はしていなかったのです。

でも痛みの感じからよく似ていたそうです。

そのため医者はレントゲンにて診断をする事にしました。

そこで原因が判明します。

先生曰く「あー筋肉にカルシウムが付着していますね。

」 との事。

カルシウムって骨の成分では?と疑問を覚えると思います。

つまり、筋肉に傷が入り(筋肉痛状態)に修復しようとする際になんらかの理由でカルシウムが付着することがあるそうなのです。

筋肉を固めている状態だから伸したり曲げたりすると無理矢理筋肉を動かすことになり、かなり痛いそうです。

人によっては、夜眠れないぐらい痛みがひどい事もあるのです。

件の女性は軽傷だったので、幸いにもそこまでの痛みはなかったそうですが、体の異常には早めの受診が肝心です。

神経痛は筋肉痛と違って原因も特長も様々

筋肉痛は筋肉をひどく酷使すると、筋肉が修復するために痛みを伴います。

若い人は翌日ぐらいには来ますが、年を取るとどんどんその痛みを感じる日数が開いてきて、筋肉を酷使してから数日たって、体が痛みだし「何この痛み?」とびっくりするなんて事ありますよね。

筋肉痛はほとんどの場合、自然に治癒します。

しかし神経痛は違います。

神経痛は、末梢神経が何らかの刺激やストレスなどにより炎症を起こして生じる痛みで、ビリビリとした痛みが特徴です。

また、筋肉痛と違ってしびれも伴うことも多いようで、時には堪え難い激痛となることもあります。

筋肉痛は痛み始めると、治癒するまではずっと痛みますが、神経痛は痛みが数秒から数分間と短時間で治まります。

そのため放置してしまう人が多いのですが、これはいけません。

何故なら神経痛は症状が進むと骨が変形し、体が曲がってしまうという大変なことにもなりかねないのです。

身に覚えのない痛みが続く場合は、まずは医師に相談しましょう。

軽症であれば薬物治療や生活改善などでよくなるケースもあります。

二の腕の使い過ぎが原因で炎症を起こす事もある

肩から腕にかけての筋肉というのは、とても複雑な工程を経て動きます。

それなりに体を鍛えている人であれば、「力こぶ」が出来る部分、ここを上腕二頭筋と呼ばれます。

二頭筋と言う名称の通り、2つの筋肉で構成されています。

一つ目は長頭筋と言います。

肩甲骨(肩甲骨関節上結節)につながっていますが、そこを起点として腕に達するまでにとても複雑な経路を経ています。

二つ目は短頭筋です。

腕を使いすぎて痛むのはこの二つのうち長頭筋が炎症を起こす事を、上腕二頭筋長頭腱炎と言います。

この長頭筋は、肩の関節の中を通って外側に出てくるのですが、その際に結節間溝という骨にある「へこみ」を通る形になります。

上腕二頭筋長頭筋の腱がこの「へこみ」を通っていることから、二の腕を使いすぎると、骨との摩擦などによって炎症を起こす場合があります。

とくに職業で恒常的にこの辺りの筋肉を使う事がある人は、注意が必要です。

こういった炎症は癖になると、中々完治が難しく、日常的に注意しながら使わないといけなくなります。

原因不明で二の腕等に痛みがでる線維筋痛症

どこか体に異常が出れば、病院に行きます。

しかし、せっかく病院へ行っても検査では異常が見つからないという事があります。

つまり、原因不明なのです。

「線維筋痛症」は二の腕だけでなく、全身の広い範囲にわたって痛みを感じる病気です。

似たような症状ではリウマチ性疾患があります。

リウマチ性疾患は関節や周囲の骨、筋肉などが痛むのが特徴ですが、リウマチと比べて、関節の腫れや変形はないため、似てはいますがリウマチではありません。

「線維筋痛症」はあまり名前の知られていない病気のため理解されないことも多いですが、「詐病」や「怠け病」などではありません。

ただ哀しい事にそういった目でみられてしまう事が時としてあるのです。

幸いな事に命に関わる病気ではありませんが、痛みのために日常生活や社会生活に支障が出るほどになることもあります。

また精神的疾患を伴う事もあります。

治療は薬物治療やリハビリ、ライスタイルの見直し心理療法などがあります。

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ