時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

二の腕の痛みは筋肉痛じゃなかった!筋肉痛以外で考えられる原因

      2017/02/24

二の腕の痛みは筋肉痛じゃなかった!筋肉痛以外で考えられる原因

二の腕の筋肉痛がなかなか治らなくて困ってるという人はいませんか?

もしかしたら、その痛みは筋肉痛じゃないかもしれませんよ。

今回は筋肉痛以外で考えられる二の腕の痛みの原因をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

双極性障害は薬が効かない?双極性障害のおける投薬治療の問題点

双極性障害で薬が効かない事が多いと言われています。 も...

アルコール依存症を改善するには?家族が見捨てるメリットとは

アルコール依存症はお酒を飲む人が陥ると抜け出すのに...

IH炊飯器の電磁波による危険性とうまく付き合う方法をご紹介

最近よく耳にする電磁波の影響ですが、IHの炊飯器の電磁波が強...

お腹が出てるのが気になる!硬いお腹の正体と対策方法

普段からお腹が出てることを気にしていますが、触って...

自転車の防犯登録が義務化されていることのメリットを解説

自転車を購入した時に必ず防犯登録を勧められますが、実際には義...

NHKの集金は夜中にも来るの?夜間に集金する理由とは

夜中に訪問者が来たと思ったらNHKの集金に来てびっくりした経...

年金は学生でも払う義務がある!未納を回避するための方法とは

年金は20歳以上になると支払い義務が発生しますが、学生でも当...

食後に左脇腹の痛みが強い場合は要注意!それは受診が必要かも!

左脇腹の痛みを食後に感じる事ありませんか? その内治ま...

咳が止まらない時はどうする?薬効かない時の対処法をご紹介

急に咳が出て止まらない時もありますが、薬を飲めば大抵は治って...

お茶の飲み過ぎは病気を招く!?取り入れると危険な”量”とは

お茶は本来体に良いもの。糖分のたっぷり含まれたジュースを飲む...

お腹のマッサージで”ヘンな音”が!?お腹の音の正体はコレ!

痩身効果を期待して、便秘解消、老廃物対策・・などの理由で、お...

タバコの匂い消しに役立つ方法とは?髪の匂いの消し方と対処法

タバコの匂いはすぐに髪や服についてしまいますが、タバコの匂い...

睡眠と音楽との関係とは?質の高い睡眠に効果的な音楽との関係性

質の高い睡眠と音楽とは関りがあり、非常に効果が高い...

親子関係を切るには?関係を断つ前に考えておくべきこととは

親子でもどうしても仲が悪くて縁を切りたいと思うこと...

看護学校に入学するには?社会人が合格するための勉強方法

社会人になってからも看護の仕事をしたい人にとって、...

タバコの副流煙による頭痛の原因と対処法をご紹介

タバコを吸うことによって本人には害があることは分か...

肺炎で入院した人のお見舞いをする時に知っておくべきルール

入院した人のお見舞いではいろいろ気をつけるべきことがあります...

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

スポンサーリンク


肩より上に腕を上げると二の腕が痛む

上着を着るにも、頭の高さ上にモノを置くにも、肩より上に腕を上げる機会というのは、日常によくあります。

後頭部に腕を回せるか一度試してください。

また、背中に手を回す事が出来ますか?

もし出来ないとすると、肩関節周囲炎(いわゆる五十肩)の可能性があります.

肩関節の中や周囲の腱が痛んでいる、あるいは関節を包んでいる膜が痛んでいる可能性があります.

自然に治る事もありますが、そのままにしておくと、日常生活に支障が出ますよね。

下手すると関節が癒着してしまう事もあるのです。

あまり痛みが痛い時は、病院に受診しましょう。

急性の痛みであれば、三角巾やアームバンドなどで一時的に腕を動かさないようにします。

消炎鎮痛剤が処方される事もあるので、その場合は服用しましょう。

急性の痛みが終わったら、徐々に動かしてみましょう。

専門医の指導の上、リハビリをするのがオススメです。

また、痛みが強い関節には暖かくすると動かしやすくなるので、入浴も有効です。

筋肉痛状態から修復中にカルシウムが付着した事による痛み

二の腕が痛むのは五十肩が理由とは限りません。

例えば、ある女性ですが、二の腕が痛むので病院に受診しました。

初めの診断は「腱鞘炎」です。

腱鞘炎というのは使いすぎによる疲労みたいなものです。

しかし残念ながらこの女性は重いものを持ったり、腕を酷使する仕事はしていなかったのです。

でも痛みの感じからよく似ていたそうです。

そのため医者はレントゲンにて診断をする事にしました。

そこで原因が判明します。

先生曰く「あー筋肉にカルシウムが付着していますね。

」 との事。

カルシウムって骨の成分では?と疑問を覚えると思います。

つまり、筋肉に傷が入り(筋肉痛状態)に修復しようとする際になんらかの理由でカルシウムが付着することがあるそうなのです。

筋肉を固めている状態だから伸したり曲げたりすると無理矢理筋肉を動かすことになり、かなり痛いそうです。

人によっては、夜眠れないぐらい痛みがひどい事もあるのです。

件の女性は軽傷だったので、幸いにもそこまでの痛みはなかったそうですが、体の異常には早めの受診が肝心です。

神経痛は筋肉痛と違って原因も特長も様々

筋肉痛は筋肉をひどく酷使すると、筋肉が修復するために痛みを伴います。

若い人は翌日ぐらいには来ますが、年を取るとどんどんその痛みを感じる日数が開いてきて、筋肉を酷使してから数日たって、体が痛みだし「何この痛み?」とびっくりするなんて事ありますよね。

筋肉痛はほとんどの場合、自然に治癒します。

しかし神経痛は違います。

神経痛は、末梢神経が何らかの刺激やストレスなどにより炎症を起こして生じる痛みで、ビリビリとした痛みが特徴です。

また、筋肉痛と違ってしびれも伴うことも多いようで、時には堪え難い激痛となることもあります。

筋肉痛は痛み始めると、治癒するまではずっと痛みますが、神経痛は痛みが数秒から数分間と短時間で治まります。

そのため放置してしまう人が多いのですが、これはいけません。

何故なら神経痛は症状が進むと骨が変形し、体が曲がってしまうという大変なことにもなりかねないのです。

身に覚えのない痛みが続く場合は、まずは医師に相談しましょう。

軽症であれば薬物治療や生活改善などでよくなるケースもあります。

二の腕の使い過ぎが原因で炎症を起こす事もある

肩から腕にかけての筋肉というのは、とても複雑な工程を経て動きます。

それなりに体を鍛えている人であれば、「力こぶ」が出来る部分、ここを上腕二頭筋と呼ばれます。

二頭筋と言う名称の通り、2つの筋肉で構成されています。

一つ目は長頭筋と言います。

肩甲骨(肩甲骨関節上結節)につながっていますが、そこを起点として腕に達するまでにとても複雑な経路を経ています。

二つ目は短頭筋です。

腕を使いすぎて痛むのはこの二つのうち長頭筋が炎症を起こす事を、上腕二頭筋長頭腱炎と言います。

この長頭筋は、肩の関節の中を通って外側に出てくるのですが、その際に結節間溝という骨にある「へこみ」を通る形になります。

上腕二頭筋長頭筋の腱がこの「へこみ」を通っていることから、二の腕を使いすぎると、骨との摩擦などによって炎症を起こす場合があります。

とくに職業で恒常的にこの辺りの筋肉を使う事がある人は、注意が必要です。

こういった炎症は癖になると、中々完治が難しく、日常的に注意しながら使わないといけなくなります。

原因不明で二の腕等に痛みがでる線維筋痛症

どこか体に異常が出れば、病院に行きます。

しかし、せっかく病院へ行っても検査では異常が見つからないという事があります。

つまり、原因不明なのです。

「線維筋痛症」は二の腕だけでなく、全身の広い範囲にわたって痛みを感じる病気です。

似たような症状ではリウマチ性疾患があります。

リウマチ性疾患は関節や周囲の骨、筋肉などが痛むのが特徴ですが、リウマチと比べて、関節の腫れや変形はないため、似てはいますがリウマチではありません。

「線維筋痛症」はあまり名前の知られていない病気のため理解されないことも多いですが、「詐病」や「怠け病」などではありません。

ただ哀しい事にそういった目でみられてしまう事が時としてあるのです。

幸いな事に命に関わる病気ではありませんが、痛みのために日常生活や社会生活に支障が出るほどになることもあります。

また精神的疾患を伴う事もあります。

治療は薬物治療やリハビリ、ライスタイルの見直し心理療法などがあります。

関連記事はこちら

 - 健康

ページ
上部へ