時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

これで完璧!会社を退職する際に配るお菓子の選び方と注意点

      2017/03/21

これで完璧!会社を退職する際に配るお菓子の選び方と注意点

会社を退職することが決まったら、退職の挨拶をする時の為にお菓子を用意する事があると思います。

今回は会社を退職する際に配るお菓子の選び方と注意点を紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったり...

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが...

電話が苦手な男は多い?彼に嫌がられないためにできること

恋人同士であれば頻繁な電話というのも珍しくはありません。しか...

「課題が終わらない!」休むのはあり?仮病を使う前に考えること

しまった、課題を忘れてた・・・締め切りの前日になると不思議と...

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生...

電話が苦手な女子必見!暇電を断りたい時の上手い理由とは

女子の電話はとても長く、恋愛や日常のなんでもないような出来事...

手の震えの原因は?50代に多い手の震えの要因と対策

年齢を重ねると体にはいろいろな症状が出ることもあり...

通っている学校を辞めたい。両親に響く説得の仕方とは

高校や大学を辞めたいと考えている時、一番のネックと...

マンション管理会社へ苦情の連絡をする時のポイントはコレ!

マンションで住んでいると他の住人に対する苦情もあれ...

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする...

公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ!

公務員の試験を受けることを決意した時から、必死に勉...

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去...

一人でスナック経営を成功させるためのポイント教えます

スナックを一人で経営していくことになったら、成功させるために...

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、し...

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎ...

部活の友達や仲間と対立!部活が嫌いになりそうな時の対処方法

中学・高校生、そして大学生の一部の人にとって、学校の部活動は...

過呼吸になった時に救急車を呼ぶ前にできる事はコレ!

過呼吸になると自分で思うように呼吸ができなくなるので、軽いパ...

スポンサーリンク


何故会社の退職時にお菓子を配るの?

当然のことではありますが、お菓子を配る行為という意味あいにおいては、職場の人達にお菓子を味わってもらうことを優先するということがある訳ではありません。

そもそも、手っ取り早くたくさんの人に退職の挨拶をするための、いわば、代替行為であるのです。

まったく何も渡すものを用意せずに挨拶だけをするとなると、どこかぎこちなくなったりもしたり、あまり好きではない人ともだらだら話さなければいけなかったりとやっかいです。

ですが、ここでお菓子を配るという代替行為があれば、「今までありがとうございました」と自然に言葉を出してお菓子を渡す、といったような流れで簡単に退職の挨拶を多くの人にすることができます。

何故、退職する自分が手間をかけてお菓子を購入する必要があるのかという方もおられるかもしれません。

しかし、ここは一度お菓子を手にとって無駄なく必要最小限の時間でできる挨拶回りをしてみることをおすすめします。

退職の挨拶で配るお菓子を選ぶ際の注意点

一口にお菓子とは言え、どんなものを買えば良いのかは悩んでしまうところでしょう。

しかし、本当はそんな必要はまったくもってありませんので、どうかご心配はなさらないでください。

先にも述べましたが、重要なことは「ありがとう」という気持ちを伝えることなのです。

そのためにわざわざ高級な品を買わなくても、なんら差し支えすることなどはありません。

しがしながら、以下の3点は注意したいところでしょう。

その1.渡しやすいかどうか
その2.職場内で口にできるものかどうか
その3.持ち帰れるようなサイズ・重さかどうか

付け加えてさらに言うのならば、「生鮮食品」、「ホールサイズのケーキなどにみられるように、わざわざカットして分けなければならないものや口にする際に気遣うもの」、「匂いを強く放つもの」などは止めたておいた方がよいでしょう。 「長い期間もつもの」、「一つ一つ別々に包装されているもの」を選ぶようにしましょう。

お菓子は手頃な値段で職場の人の好みを考える

職場の人の嗜好を考える

クッキーや和菓子が好きなど甘党の人もいれば、反対に、甘い物は好まない辛党の人もいます。

甘い物はあまり好まない人が多いと知っていながら、何も考えずただ甘い物を渡すと、せっかくの感謝の気持ちもも逆に鬱陶しがられるだけになってしまいます。

職場の人が少なければ、それぞれの嗜好に合わせて準備するのもありですが、職場の人が多いと、それぞれの嗜好を合わせようとすると、お菓子を選ぶがいつまでたっても終わりません。

そんな時には、おせんべいやおかきがお勧めです。

クッキーや和菓子などは、人の好みはそれぞれですが、日本では、ほとんどの人はおせんべいが好きだと言われています。

おせんべいやおかきですと、仕事中でもほんの合間の手軽なおやつや、くちなおしにもなりますので、全ての人に受け入れられることは保証します。

手ごろな値段のものにする

お菓子の価格もピンからキリまであります。

有名で高級お菓子などはいただくと喜ぶかもしれませんが、逆に迷惑をかけてしまう場合もあります。

会社を退職する際に渡すお菓子は、誕生日や記念日の祝い事のような相手に喜ばれる為のものではなく、退職の際にこれまでの感謝を表す為の品です。

費用をかけてでも丁重にもてなしたいならばそれも良いですが、お菓子にそんな費用はかけられない、という方は、費用はいくらまでなら大丈夫なのかを決め、その費用に合わせて職場の人数分に足るお菓子を選びましょう。

退職の時に配るお菓子の定番

お菓子の定番といえばなにを思い浮かべるでしょうか。

・クッキー→大切な場面に活躍してくれる洋菓子です。

誰にも喜ばれる味はもちろん、日持ちも良くおすすめです。

・サブレ →同じく皆んなに喜ばれるギフトの洋菓子です。

食感がさっくりとしていてバターの風味があり、季節によって様々な味わいも楽しめます。

・ラスク →パンの端切れを焼いた洋菓子で、ガーリック味などもあります。

二度焼きしているためカリッとした食感があります。

・マドレーヌ→ フランス発祥の貝殻の形をしたバターをたっぷり使った焼き菓子で、女性に喜ばれるでしょう。

・お煎餅→ 日本の米を原料にし、日持ちもよく、お中元やお歳暮のほか、お礼やお祝い事、大切な方へのギフトやお返しはもちろん、手土産としてもいわずもがなの定番です。

・ケーキ(焼き菓子)→プレゼントにおすすめのギフトの大本命です。

昔からお礼、お返しのギフトにも重宝され、会社や職場の女性・男性問わず一目置かれる

会社の退職時にお菓子を渡す人の範囲

「お世話になった人」と「渡したい人」に渡す

お菓子を渡す相手は、「お世話になった人」に加えて「渡したい人」です。

第一に、日頃から一緒に働いていた同部署の人たちを基本に考えましょう。

続いて、会社の大きさなどを考慮して細かく考えていってください。

20人程度までの規模の会社なら全員に

20人くらいまでの会社や、規模が大きくても2〜3人しかいない支社に勤めているような場合は、職場全ての人に渡した方が良いでしょう。

人によって渡す、渡さないが出てしまうと気まずいですし、「仲が良くなかったのか?」などとあらぬ方向へ勘ぐられてしまう恐れもあります。

規模が大きい会社では自分の所属していた部署と他の部署の渡したい人に

規模が大きい会社に勤めてきた人の場合は、自分の所属部署宛てとし、その部署内で一緒に頑張ってきた仲間全員と、他の部署で渡したい人に渡しましょう。

他の部署の人にも、以下の2つのケースが考えられます。

1.他の部署でよくお世話になった人の場合

たとえば一緒のチームで仕事をしていた人や経理を担当してくれていた人、移動する以前の部署の上司などです。

お菓子を渡しつつこれまでの感謝を述べて挨拶しましょう。

2.私生活も含めて仲が良かった人の場合

日頃一緒に昼食に出ていた他の部署の同僚などには、他の人と同様のお菓子を渡すのではなく、何か他のプレゼントを贈ってもよいかもしれません。

感謝の気持ちの意味合いなので、礼儀をわきまえ、あまり堅苦しく考えないようにしましょう。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ