時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

医療と福祉の連携?医療福祉連携士の役割と資格の取得方法

      2017/03/21

医療と福祉の連携?医療福祉連携士の役割と資格の取得方法

みなさんは医療福祉連携士という資格があることをご存知ですか?

今回は医療福祉連携士の役割と資格の取得方法を紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

胃痛と吐き気があり更に背中の痛みも!原因と対処法

胃痛だけでも辛いのに、吐き気もあるうえに背中の痛みもあったり...

パニック障害になりやすい人が尿意を感じやすい理由を解説

パニック障害になりやすい人ほど尿意を感じやすいと言われますが...

電話が苦手な男は多い?彼に嫌がられないためにできること

恋人同士であれば頻繁な電話というのも珍しくはありません。しか...

「課題が終わらない!」休むのはあり?仮病を使う前に考えること

しまった、課題を忘れてた・・・締め切りの前日になると不思議と...

高校の勉強について行けずつらい思いをしている時の対処法

頑張って努力を重ね、合格して手に入れた憧れの進学校での高校生...

電話が苦手な女子必見!暇電を断りたい時の上手い理由とは

女子の電話はとても長く、恋愛や日常のなんでもないような出来事...

手の震えの原因は?50代に多い手の震えの要因と対策

年齢を重ねると体にはいろいろな症状が出ることもあり...

通っている学校を辞めたい。両親に響く説得の仕方とは

高校や大学を辞めたいと考えている時、一番のネックと...

マンション管理会社へ苦情の連絡をする時のポイントはコレ!

マンションで住んでいると他の住人に対する苦情もあれ...

社会保険の加入手続きの条件と手続きまでの期間とは

会社に入社をした人材に対して社会保険の手続きをする...

公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ!

公務員の試験を受けることを決意した時から、必死に勉...

司法試験の受験資格は前科があっても大丈夫なのかを解説!

将来司法試験を受けることを決意した時に、自分が過去...

一人でスナック経営を成功させるためのポイント教えます

スナックを一人で経営していくことになったら、成功させるために...

赤ちゃんの爪切りを失敗させないための工夫や方法をご紹介

赤ちゃんの成長は体と同じように爪や髪の毛も成長が早いので、し...

股関節が痛い!急にくる激痛の原因と対処法とは

股関節に激痛が走りひどい場合だと歩行困難になるこの症状は、ぎ...

部活の友達や仲間と対立!部活が嫌いになりそうな時の対処方法

中学・高校生、そして大学生の一部の人にとって、学校の部活動は...

過呼吸になった時に救急車を呼ぶ前にできる事はコレ!

過呼吸になると自分で思うように呼吸ができなくなるので、軽いパ...

妹の妊娠報告で素直に喜べない時の心理と気持ちの切り替え方

妹から妊娠報告を受けた時には素直に喜ぶ自分と、先を越されてし...

スポンサーリンク


そもそも医療福祉連携士とは

医療福祉連携士という資格は医療、福祉分野においてエキスパートとして2011年に日本の医療のマネジメント学会がスタートさせた認定の資格なのです。

この資格をとるには医療福祉連携士認定の試験を受けるにあたって日本医療マネジメントが主催する学会の講習を受けることが必要となります。

役割としては、病院を退院した患者さんが医療と介護が必要のサービスを住み慣れた地域や自宅で暮らしながら受けられるサービスです。

高齢者の人ほど住み慣れた土地や自宅をと希望する人が多い中このサービスはとても便利で安心して治療に専念ができるという利点があります。

介護をしていく上で資格は必要ですが、医療との連携がうまく取れないと介護をしていくことにも不安が生じる時があります。

医療や福祉機能を効率にすることで国民の医療や福祉を広く資することで、看護師やソーシャルワーカーやケアマネージャーを対象に取得を薦め資格を取ることによって意識の持ち方も変わってきます。

日本医療マネジメント学会って?

マネジメント学会と言うのは、クリティカルパス研究会を基盤として設立したものです。

このクリティカルパスは1998年の6月より有志の医療関係者が集まりクリティカルパスを中心にしてマネジメントのノウハウやツールを研究し開発を目的に作られました。

活動内容は、1999年6月に初めて全国の研究交流フォーラムをつくば市で開催しその後更に拡大を目的に学会を移行することが研究会の理事会及び総会にて決定さてました。

このクリティカルパスの研究会は学会の下で研究会という形で活動をすることになりました。

補足としてマネジメントというのは、日本の学会の研究団体の1つで、医療マネジメント手法と開発の復旧をする機構です。

研究会では自分たちがどう患者さんに接すればいいのかを討論しており常に相手を思いやる気持ちでいることがよくわかります。

患者さんの目をしっかり見たり話しかけたりな優しさを伝えるケア技法を学ぶことで人間らしくあり続けたいと願う患者さんを支えるためにもこの活動をしています。

事務局は熊本県熊本市にあり特定非営利活動法人です。

医療福祉連携士という資格ができた背景

なぜこの資格ができたのか、ソーシャルワーカーがいればいいのでは?と思う人もいますが、昔はそれでも良かったのですが近年は福祉の相談室が単独では出来なくなってきたのです。

業務の量が増えて来て医師、看護、事務など多種類の仕事をみんなで協力して働かないと業務をこなすことが困難になってきたのです。

地域との連携を別にし、MSWはただ純粋に福祉の相談だけをしている病院は少なく退院後や転院をする時の調整だけやってきただけですと地域医療福祉連携の流れに吞み込まれてしまいつつあります。

全国や地方にJHMの学術集会がありその他にもクリティカルパシセミナーなども開催さている学会で、その中でも医療福祉連携士という講習会ではクリスティカルパスの演習なども組まれています。

医療と福祉の連携を進めることで、地域との連携を構築ができ患者さんとの共通ツールとしていくことを目指しているのです。

今JHMが掲げている目標としては地域との急性期医療機関から自宅での支援が途切れないようにサービスの効率を提供しています。

いかに患者さんにとって快適で最適な連携した医療を受けられるようにするための、医療福祉コーディネートなのです。

この認定を創設することが、医療との連携を実りのあるものにしていきたいという思いに尽きるのです。

医療福祉連携士の資格の役割

この資格は、病院と在宅での医療をしている間の中に入って取り持つという役割をもっていますが、国家資格ではなく診療報酬もなく多くは、ボランティアという形で活動をしています。

このような肩書だけを持っている人は、全国に約200人いるそうですが、資格をとるためにはいろいろな研究を受けなければならないのです。

いろんな現場でその現場に合った活動をしていますが、その中には医者や看護師、社会福祉士のような資格を持っている人も多いのです。

医者の現実をよく知っているその方が患者さんの思いを叶えてあげられるようなコンシュルジュのようなことができるこの方こそ医療福祉連携士と言えます。

この方と似たような職種についているトータルヘルスプランナーと呼ばれている方も、医療と介護を統合していく役割を持っています。

この方以外にもプロデューサーという肩書を持っている方がいるクリニックでも医療と介護の連携には、片方だではなく両者を統合する機能を持っている専門職の需要があるというのです。

連携ができない地域で一番困るのは患者さんで、退院をしたもの自宅や地域に帰っても不安になるばかりです。

そのために連携士という職業をあることを学びました。

医療福祉連携士の資格の取得方法

この資格を取るための第一条件として、講習を受けられるのは医療福祉に関心を持っている方であれば、どなたでも受講はでき試験を受けることが規定されています。

その他の条件として①医療福祉連携士の受講資格は②学会の会員で③医療福祉連携講習会を終了した人のいずれかの条件を満たせば試験を受けることができます。

また地域の医療連携室もしくは地域包括支援センターなどで2年以上医療福祉連携に関して実務経験をした者や講習会を終了してから実務経験が2年を経過してなく5年以内に見込みがある場合に限りではない。

この資格の認定は、医療福祉連携士として実務経験が2年経過した後に行われます。

また学会が認定している医療系および福祉系の国家資格や国家資格に準ずる資格をもっている者とする。

医療系の国家資格とは、医師、看護師、歯科医師、薬剤師、助産師、准看護師、理学療法士、介護福祉士、社会福祉士、臨床検査技師などです。

その他の資格は、学会が認めている国家資格に準ずるしかくなどを終了もしく研究を行い修士もしくは博士の学位を取得している者などがあります。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ