時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

医療と福祉の連携?医療福祉連携士の役割と資格の取得方法

      2017/03/21

医療と福祉の連携?医療福祉連携士の役割と資格の取得方法

みなさんは医療福祉連携士という資格があることをご存知ですか?

今回は医療福祉連携士の役割と資格の取得方法を紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

幼馴染に彼氏ができた!嫉妬する心理と心を抑えるための方法

昔からよく一緒にいた幼馴染に彼氏ができてしまうと、なぜか彼氏...

派遣の仕事は楽過ぎる?仕事が暇な時にやっておきたい事

派遣の仕事はいろいろありますが、会社によっては楽な仕事をする...

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

スポンサーリンク


そもそも医療福祉連携士とは

医療福祉連携士という資格は医療、福祉分野においてエキスパートとして2011年に日本の医療のマネジメント学会がスタートさせた認定の資格なのです。

この資格をとるには医療福祉連携士認定の試験を受けるにあたって日本医療マネジメントが主催する学会の講習を受けることが必要となります。

役割としては、病院を退院した患者さんが医療と介護が必要のサービスを住み慣れた地域や自宅で暮らしながら受けられるサービスです。

高齢者の人ほど住み慣れた土地や自宅をと希望する人が多い中このサービスはとても便利で安心して治療に専念ができるという利点があります。

介護をしていく上で資格は必要ですが、医療との連携がうまく取れないと介護をしていくことにも不安が生じる時があります。

医療や福祉機能を効率にすることで国民の医療や福祉を広く資することで、看護師やソーシャルワーカーやケアマネージャーを対象に取得を薦め資格を取ることによって意識の持ち方も変わってきます。

日本医療マネジメント学会って?

マネジメント学会と言うのは、クリティカルパス研究会を基盤として設立したものです。

このクリティカルパスは1998年の6月より有志の医療関係者が集まりクリティカルパスを中心にしてマネジメントのノウハウやツールを研究し開発を目的に作られました。

活動内容は、1999年6月に初めて全国の研究交流フォーラムをつくば市で開催しその後更に拡大を目的に学会を移行することが研究会の理事会及び総会にて決定さてました。

このクリティカルパスの研究会は学会の下で研究会という形で活動をすることになりました。

補足としてマネジメントというのは、日本の学会の研究団体の1つで、医療マネジメント手法と開発の復旧をする機構です。

研究会では自分たちがどう患者さんに接すればいいのかを討論しており常に相手を思いやる気持ちでいることがよくわかります。

患者さんの目をしっかり見たり話しかけたりな優しさを伝えるケア技法を学ぶことで人間らしくあり続けたいと願う患者さんを支えるためにもこの活動をしています。

事務局は熊本県熊本市にあり特定非営利活動法人です。

医療福祉連携士という資格ができた背景

なぜこの資格ができたのか、ソーシャルワーカーがいればいいのでは?と思う人もいますが、昔はそれでも良かったのですが近年は福祉の相談室が単独では出来なくなってきたのです。

業務の量が増えて来て医師、看護、事務など多種類の仕事をみんなで協力して働かないと業務をこなすことが困難になってきたのです。

地域との連携を別にし、MSWはただ純粋に福祉の相談だけをしている病院は少なく退院後や転院をする時の調整だけやってきただけですと地域医療福祉連携の流れに吞み込まれてしまいつつあります。

全国や地方にJHMの学術集会がありその他にもクリティカルパシセミナーなども開催さている学会で、その中でも医療福祉連携士という講習会ではクリスティカルパスの演習なども組まれています。

医療と福祉の連携を進めることで、地域との連携を構築ができ患者さんとの共通ツールとしていくことを目指しているのです。

今JHMが掲げている目標としては地域との急性期医療機関から自宅での支援が途切れないようにサービスの効率を提供しています。

いかに患者さんにとって快適で最適な連携した医療を受けられるようにするための、医療福祉コーディネートなのです。

この認定を創設することが、医療との連携を実りのあるものにしていきたいという思いに尽きるのです。

医療福祉連携士の資格の役割

この資格は、病院と在宅での医療をしている間の中に入って取り持つという役割をもっていますが、国家資格ではなく診療報酬もなく多くは、ボランティアという形で活動をしています。

このような肩書だけを持っている人は、全国に約200人いるそうですが、資格をとるためにはいろいろな研究を受けなければならないのです。

いろんな現場でその現場に合った活動をしていますが、その中には医者や看護師、社会福祉士のような資格を持っている人も多いのです。

医者の現実をよく知っているその方が患者さんの思いを叶えてあげられるようなコンシュルジュのようなことができるこの方こそ医療福祉連携士と言えます。

この方と似たような職種についているトータルヘルスプランナーと呼ばれている方も、医療と介護を統合していく役割を持っています。

この方以外にもプロデューサーという肩書を持っている方がいるクリニックでも医療と介護の連携には、片方だではなく両者を統合する機能を持っている専門職の需要があるというのです。

連携ができない地域で一番困るのは患者さんで、退院をしたもの自宅や地域に帰っても不安になるばかりです。

そのために連携士という職業をあることを学びました。

医療福祉連携士の資格の取得方法

この資格を取るための第一条件として、講習を受けられるのは医療福祉に関心を持っている方であれば、どなたでも受講はでき試験を受けることが規定されています。

その他の条件として①医療福祉連携士の受講資格は②学会の会員で③医療福祉連携講習会を終了した人のいずれかの条件を満たせば試験を受けることができます。

また地域の医療連携室もしくは地域包括支援センターなどで2年以上医療福祉連携に関して実務経験をした者や講習会を終了してから実務経験が2年を経過してなく5年以内に見込みがある場合に限りではない。

この資格の認定は、医療福祉連携士として実務経験が2年経過した後に行われます。

また学会が認定している医療系および福祉系の国家資格や国家資格に準ずる資格をもっている者とする。

医療系の国家資格とは、医師、看護師、歯科医師、薬剤師、助産師、准看護師、理学療法士、介護福祉士、社会福祉士、臨床検査技師などです。

その他の資格は、学会が認めている国家資格に準ずるしかくなどを終了もしく研究を行い修士もしくは博士の学位を取得している者などがあります。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ