時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

医療と福祉の連携?医療福祉連携士の役割と資格の取得方法

      2017/03/21

医療と福祉の連携?医療福祉連携士の役割と資格の取得方法

みなさんは医療福祉連携士という資格があることをご存知ですか?

今回は医療福祉連携士の役割と資格の取得方法を紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

双極性障害は薬が効かない?双極性障害のおける投薬治療の問題点

双極性障害で薬が効かない事が多いと言われています。 も...

アルコール依存症を改善するには?家族が見捨てるメリットとは

アルコール依存症はお酒を飲む人が陥ると抜け出すのに...

IH炊飯器の電磁波による危険性とうまく付き合う方法をご紹介

最近よく耳にする電磁波の影響ですが、IHの炊飯器の電磁波が強...

お腹が出てるのが気になる!硬いお腹の正体と対策方法

普段からお腹が出てることを気にしていますが、触って...

自転車の防犯登録が義務化されていることのメリットを解説

自転車を購入した時に必ず防犯登録を勧められますが、実際には義...

NHKの集金は夜中にも来るの?夜間に集金する理由とは

夜中に訪問者が来たと思ったらNHKの集金に来てびっくりした経...

年金は学生でも払う義務がある!未納を回避するための方法とは

年金は20歳以上になると支払い義務が発生しますが、学生でも当...

食後に左脇腹の痛みが強い場合は要注意!それは受診が必要かも!

左脇腹の痛みを食後に感じる事ありませんか? その内治ま...

咳が止まらない時はどうする?薬効かない時の対処法をご紹介

急に咳が出て止まらない時もありますが、薬を飲めば大抵は治って...

お茶の飲み過ぎは病気を招く!?取り入れると危険な”量”とは

お茶は本来体に良いもの。糖分のたっぷり含まれたジュースを飲む...

お腹のマッサージで”ヘンな音”が!?お腹の音の正体はコレ!

痩身効果を期待して、便秘解消、老廃物対策・・などの理由で、お...

タバコの匂い消しに役立つ方法とは?髪の匂いの消し方と対処法

タバコの匂いはすぐに髪や服についてしまいますが、タバコの匂い...

睡眠と音楽との関係とは?質の高い睡眠に効果的な音楽との関係性

質の高い睡眠と音楽とは関りがあり、非常に効果が高い...

親子関係を切るには?関係を断つ前に考えておくべきこととは

親子でもどうしても仲が悪くて縁を切りたいと思うこと...

看護学校に入学するには?社会人が合格するための勉強方法

社会人になってからも看護の仕事をしたい人にとって、...

タバコの副流煙による頭痛の原因と対処法をご紹介

タバコを吸うことによって本人には害があることは分か...

肺炎で入院した人のお見舞いをする時に知っておくべきルール

入院した人のお見舞いではいろいろ気をつけるべきことがあります...

その自閉症スペクトラムの診断は間違い?専門家が陥るミスを解説

自閉症スペクトラム障害とは、社会的コミュニケーションに困難を...

娘の一人暮らしに反対する理由とは?親の気持ちと対処法

娘が一人暮らしをしたいと言われれば、親とすれば応援したい気持...

体が硬いのは遺伝だと諦めない!柔軟な体をつくる方法をご紹介

体が硬いと転んだときに打ちどころが悪く、怪我をしてしまうこと...

スポンサーリンク


そもそも医療福祉連携士とは

医療福祉連携士という資格は医療、福祉分野においてエキスパートとして2011年に日本の医療のマネジメント学会がスタートさせた認定の資格なのです。

この資格をとるには医療福祉連携士認定の試験を受けるにあたって日本医療マネジメントが主催する学会の講習を受けることが必要となります。

役割としては、病院を退院した患者さんが医療と介護が必要のサービスを住み慣れた地域や自宅で暮らしながら受けられるサービスです。

高齢者の人ほど住み慣れた土地や自宅をと希望する人が多い中このサービスはとても便利で安心して治療に専念ができるという利点があります。

介護をしていく上で資格は必要ですが、医療との連携がうまく取れないと介護をしていくことにも不安が生じる時があります。

医療や福祉機能を効率にすることで国民の医療や福祉を広く資することで、看護師やソーシャルワーカーやケアマネージャーを対象に取得を薦め資格を取ることによって意識の持ち方も変わってきます。

日本医療マネジメント学会って?

マネジメント学会と言うのは、クリティカルパス研究会を基盤として設立したものです。

このクリティカルパスは1998年の6月より有志の医療関係者が集まりクリティカルパスを中心にしてマネジメントのノウハウやツールを研究し開発を目的に作られました。

活動内容は、1999年6月に初めて全国の研究交流フォーラムをつくば市で開催しその後更に拡大を目的に学会を移行することが研究会の理事会及び総会にて決定さてました。

このクリティカルパスの研究会は学会の下で研究会という形で活動をすることになりました。

補足としてマネジメントというのは、日本の学会の研究団体の1つで、医療マネジメント手法と開発の復旧をする機構です。

研究会では自分たちがどう患者さんに接すればいいのかを討論しており常に相手を思いやる気持ちでいることがよくわかります。

患者さんの目をしっかり見たり話しかけたりな優しさを伝えるケア技法を学ぶことで人間らしくあり続けたいと願う患者さんを支えるためにもこの活動をしています。

事務局は熊本県熊本市にあり特定非営利活動法人です。

医療福祉連携士という資格ができた背景

なぜこの資格ができたのか、ソーシャルワーカーがいればいいのでは?と思う人もいますが、昔はそれでも良かったのですが近年は福祉の相談室が単独では出来なくなってきたのです。

業務の量が増えて来て医師、看護、事務など多種類の仕事をみんなで協力して働かないと業務をこなすことが困難になってきたのです。

地域との連携を別にし、MSWはただ純粋に福祉の相談だけをしている病院は少なく退院後や転院をする時の調整だけやってきただけですと地域医療福祉連携の流れに吞み込まれてしまいつつあります。

全国や地方にJHMの学術集会がありその他にもクリティカルパシセミナーなども開催さている学会で、その中でも医療福祉連携士という講習会ではクリスティカルパスの演習なども組まれています。

医療と福祉の連携を進めることで、地域との連携を構築ができ患者さんとの共通ツールとしていくことを目指しているのです。

今JHMが掲げている目標としては地域との急性期医療機関から自宅での支援が途切れないようにサービスの効率を提供しています。

いかに患者さんにとって快適で最適な連携した医療を受けられるようにするための、医療福祉コーディネートなのです。

この認定を創設することが、医療との連携を実りのあるものにしていきたいという思いに尽きるのです。

医療福祉連携士の資格の役割

この資格は、病院と在宅での医療をしている間の中に入って取り持つという役割をもっていますが、国家資格ではなく診療報酬もなく多くは、ボランティアという形で活動をしています。

このような肩書だけを持っている人は、全国に約200人いるそうですが、資格をとるためにはいろいろな研究を受けなければならないのです。

いろんな現場でその現場に合った活動をしていますが、その中には医者や看護師、社会福祉士のような資格を持っている人も多いのです。

医者の現実をよく知っているその方が患者さんの思いを叶えてあげられるようなコンシュルジュのようなことができるこの方こそ医療福祉連携士と言えます。

この方と似たような職種についているトータルヘルスプランナーと呼ばれている方も、医療と介護を統合していく役割を持っています。

この方以外にもプロデューサーという肩書を持っている方がいるクリニックでも医療と介護の連携には、片方だではなく両者を統合する機能を持っている専門職の需要があるというのです。

連携ができない地域で一番困るのは患者さんで、退院をしたもの自宅や地域に帰っても不安になるばかりです。

そのために連携士という職業をあることを学びました。

医療福祉連携士の資格の取得方法

この資格を取るための第一条件として、講習を受けられるのは医療福祉に関心を持っている方であれば、どなたでも受講はでき試験を受けることが規定されています。

その他の条件として①医療福祉連携士の受講資格は②学会の会員で③医療福祉連携講習会を終了した人のいずれかの条件を満たせば試験を受けることができます。

また地域の医療連携室もしくは地域包括支援センターなどで2年以上医療福祉連携に関して実務経験をした者や講習会を終了してから実務経験が2年を経過してなく5年以内に見込みがある場合に限りではない。

この資格の認定は、医療福祉連携士として実務経験が2年経過した後に行われます。

また学会が認定している医療系および福祉系の国家資格や国家資格に準ずる資格をもっている者とする。

医療系の国家資格とは、医師、看護師、歯科医師、薬剤師、助産師、准看護師、理学療法士、介護福祉士、社会福祉士、臨床検査技師などです。

その他の資格は、学会が認めている国家資格に準ずるしかくなどを終了もしく研究を行い修士もしくは博士の学位を取得している者などがあります。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ