時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

足の爪の内出血、痛み・変色などがある時の処置方法

      2017/03/23

足の爪の内出血、痛み・変色などがある時の処置方法

足に合わない靴を履いたり、登山やランニングをしていたら、気づいた時には足の爪が真っ黒。

爪の内出血だけでなく、痛みや変色がともなったら?

正しい処置方法を知っておきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

スポンサーリンク


足の爪の内出血、どうして起こる?

1.足の上に、何か物を落としてしまったら、足の爪に内出血が起こることがあります。

また、足の爪の色が変わってしまうこともあります。

この状況を経験したことがある人は、たくんさんいると思います。

また、 足をドアに挟んだときも、足の爪が内出血してしまうことがあります。

つまり、足に強い衝撃が生じると、足の爪が内出血する、ということです。

2.足の爪が内出血をする原因に、小さい靴を履き続ける、という原因があります。

小さい靴を履き続けたら、足の爪が内出血することがあります。

足の爪は、かなり繊細なので、爪の色が変わるだけではなく、痛みを生じることもあります。

靴のサイズが合っていなければ、足に負担がかかります。

そのため、足に合うサイズの靴を選ぶようにしてください。

特に、長距離を走るときは、靴のサイズが合っていなければ、内出血が生じやすくなってしまいます。

長距離を走るときは、やや大きめのサイズの靴を履くのをおすすめします。

足の爪の内出血、ほおっておいて大丈夫?

爪に怪我をしたために、爪の色が変わったり内出血することがあります。

また、時間が経過すると、爪がはがれてしまうこともあります。

では、爪の怪我にはどのように対処をして、どのような治療をすれば良いのでしょう?

基本的には、自然治癒で大丈夫です。

重傷でなければ、爪の内出血に対して治療をする必要はありません。

足の指を挟んだりぶつけたりしたときに、内出血だけの症状で、内出血の程度も軽ければ、様子をみるようにしましょう。

では、自然治癒での内出血と爪の変化についてご紹介していきます。

軽度の内出血の場合は、自然に色が薄れて、爪が伸びるにしたがい元の爪に戻ります。

爪が生え変わるのは、少し時間がいるのですが、少しづつ血斑が薄れていくようなら問題ありません。

内出血の量が多く、大きめの爪下血腫があれば、爪がはがれて生えかわります。

伸びてきた爪は浮き上がって、自然に外れます。

引っ張ったりしないようにしてください。

新しく生えた爪は、薄くて柔らかくデコボコかもしれませんが、そのうち元通りの爪になるので心配しないでくださいね。

足の爪の内出血、痛みや変色がある場合

足の爪の内出血、足の爪の痛み、そして足の爪の変色について、ご説明していきますね。

まず、爪の色が変わるのは、体の内出血と同じことです。

足の爪に内出血が起こったら、足の爪の色が、紫色になったり、赤黒い色になったりします。

そして、足の爪の色が変わってしまうのと同時に、爪に痛みが生じることもあるでしょう。

足をとてもひどく打ってしまったり、常に足に圧力がかかっていたりする場合は、このような状態になるようです。

常に足に圧力がかかる場合とはどんな場合かというと、自分の足のサイズに合わない小さいサイズの靴を、常に履いている場合などです。

靴は自分の足に合ったサイズの靴を履くようにするようにしましょう。

また、足の爪が剥がれてしまうこともあります。

足の爪の部分が内出血すると、爪が剥がれてしまうことがあるのですが、爪が剥がれてしまうと、爪の内出血や変色では驚かない人でも、さすがにびっくりしてしまう人がたくさんいるようです。

痛みや変色を伴う時の応急処置方法

足の爪が内出血を起こすことは、とてもよくある内出血症状のひとつになります。

特にその中でも、爪の内部が内出血を起こす「爪下血腫」(そうかけっしゅ)が見られるときは、痛みもひどくなってしまいます。

黒爪というのを聞いたことがある人もいると思います。

黒爪は、この爪下血腫の典型的なパターンになります。

では、足の爪の内出血の対処法について、ご紹介していきますね。

足の爪の内出血を対処するときは、爪の内部に溜まった血液を、一度取り出してあげてください。

そうすれば、痛みを減らすことができるでしょう。

方法としては、クリップなどを熱して、自分で爪の内部に溜まった血液を取り出す事もできます。

しかし、どうしても自己処理をすると衛生的ではなかったり、失敗をしてしまう可能性が出てきます。

また、自己処理のために、症状が悪化してしまっては大変です。

そのため、整形外科に行って、衛生的に処置をしてもらいましょう。

専門の医者に任せるのがベストです。

その他足の爪のトラブルについて

巻き爪に悩んでいる人もたくさんいると思います。

原因が分かっているのに、それをやめられない人もいるのではないでしょうか?

足の爪は、あなたが思っている以上に大切な体の一部です。

足の爪が痛くなると、歩けなくなることもあります。

そのため、巻き爪になれば、すぐに治療をすることが大切です。

陥入爪は、巻き爪と混同されてしまいがちです。

陥入爪になると、巻き爪が皮膚にめり込んで刺さってしまって、化膿したり赤くなったりして、痛みを生じてしまいます。

そして歩くときに、かなりの痛みを感じるので、歩くのが困難になります。

それを避けるためには、早めに治療をすることがとても大切です。

それから、足の爪の割れと二枚爪のトラブルもあります。

足をぶつけたり挟んだりして、爪が割れてしまうのですが、それ以外で、爪が生えてくるときにすでに割れた状態で爪が生えてくるケースもあります。

爪の割れや二枚爪をお手入れするときは、爪切りを使うのではなく、やすりを使って爪を短くしてください。

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ