時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

実際ってどうなの?証券会社の営業で働く女性の実情

      2017/02/23

実際ってどうなの?証券会社の営業で働く女性の実情

数ある職種の中でも大変だと言われる証券会社の営業で働く女性の実情はどのようなものなのでしょうか?

今回は証券会社の営業で働く女性の実情をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

《どう対処する?》風邪をひいて熱が出たのに元気すぎる我が子

抱っこした時や手を繋いだ時、顔がちょっと赤らんで見える時、「...

犬と飼い主は似ているのは本当?飼い主は気が付かない理由

時々、犬と飼い主が似ている画像などを見かけます。

運動は、やっぱり効果絶大だった!精神的に弱り気味なあなたへ。

ストレスや生活習慣の乱れ、仕事や人間関係の悩み・・・。 <...

クロミッドの副作用?生理痛のような痛みとクロミッドの関係をご紹介

クロミッドは婦人科系のお薬で、排卵誘発剤と言われる排卵を促す...

天使か?!どの国のハーフの子供が可愛いのか調べてみました

最近ではテレビでハーフタレントさんをよく目にします。現在活躍...

新生児が寝る時の目がおかしい?!新生児の目の動きを解説します

トツキトオカ我が子と対面できるこの日を、待ちに待ったのではな...

読書は人生を変える!本を読むスピードが早い人の裏技教えます

「あの本も読みたい、この本も読んでみたい、でも時間がない…」...

マンション2階住みの≪虫大嫌い!≫虫駆除大作戦!


せっかく気にいって入居したマンションに、大嫌いな...

お茶漬けにはお湯をかけますか?お茶をかけますか?


お茶漬けは手軽で美味しいですよね!

上司や取引先と仕事のメールやり取りが怖い!そんな時の対処法


最近では、会社の中で仕事のやり取りをするのにメー...

スポンサーリンク


証券の基本は飛び込み営業

証券会社の「飛び込み営業」とは、まったく相手を知らない状態で、手あたり次第会社を訪問し、「株式に興味ありませんか?」ときいて回っていく営業スタイルです。

門前払いは当たり前で本当に辛く、証券会社を退職するのは、この飛び込み営業をしなければならず、ノルマを課せられるということが最も多い理由にあげられます。

とある証券会社勤務の営業マンは、多い日で100件は飛び込み営業をやったそうです。

そのうち30件に1件くらいは「他社で取引をしている」と言われ、「以前やっていたが今はやっていない」と答える会社に出会うのですが、それらは自動的に「見込み客リスト」としてみなされ、営業マンの腕の見せ所ではあるのですが、電話攻撃はもちろん、何度も何度も足を運び、関係を構築し、ようやく顧客になってもらうのです。

こういった「飛び込み営業」という昔からある泥臭いやり方が証券営業の基本のスタイルで、これができないようでは証券マンという仕事は務まらないのです。

証券会社の営業は女性でもこなせる?

女性で営業のトップになった方はもちろんたくさんいます。

ただ、証券会社の営業職をすることで周囲が心配するのは大きく2つの理由があると思います。

まず1つ目が、利害関係が伴う営業職は、自分の価値観や人間性に悪影響を及ぼす恐れがあるという懸念があることです。

証券営業とは、言ってみれば「安いもの」を「高く売る」もので、相手の足元を見てタイミングや取引の大小で価格を変えて売買を行わなければなりません。

 道徳的に正しいかといわれるとそれは疑問で、そういった良心の呵責に苛まれながらも、仕事なので日常的にこなしていかなければならないという葛藤から人格形成にまで影響及ぼしかねないと思われるのでしょう。

2つ目が女性の証券営業という点ではないでしょうか。

女性の営業職について、「保険の外交員」と「証券レディー」についてのイメージが世間的にあまりよくありません。

そういった点で心配される周りの人はいるかもしれませんが、あえてそのイメージを乗り越えで自己確立を目指そうとすることは間違いではないのではないでしょうか。

証券会社で活躍する女性の実情

実際に証券会社で働く女性に話を聞いてみました。

岡三証券の金融法人部で銀行や生命保険等機関投資家に対して受注金額の拡大を目指す仕事をしている女性によると、非常にいきいきと誇りを持って仕事をしているようです。

その方は就職活動時に、岡三証券で聞いた「独立系で働く魅力」という言葉からこの会社で働いてみたいと心を動かされたそうです。

岡三証券はどの系列にも属さない独立系の金融機関であるので、世界中にある投資対象から顧客が望むものを自由に選択し、提案できると思い入社を決めたそうです。

現在の業務も、投資情報部門や商品部門など他チームとの協力のもと、セミナーや見学会に運用担当者を招いて情報提供や投資戦略のプレゼンを中心となって行ったりするそうです。

顧客と他部門の双方の窓口となる部署でチームの取りまとめ役となって、顧客にその内容や注文の執行能力が認められ受注できた時は本当にやりがいがあるとのことでした。

競合他社に勝つため、岡三証券の強みである「情報提供力」を存分に生かし、役に立っていこうという思いで働いているそうです。

証券会社の営業で女性が活躍するには

新規開拓において、男性と同様に女性も飛び込み営業をする際、どちらの方が顧客に受け入れられやすいのでしょうか。

 男性の営業が飛び込みで来られると、多くは疑いの念を強く抱かれがちです。

一方で、女性の営業職の方が来られると、物腰柔らかく、ニコッと笑顔で対応されることが多いため嫌悪感を抱かれることが少ないように思います。

その点では女性営業の方にアドバンテージがあるのではないでしょうか。

また、投資家の中には主婦の方や女性起業家も多くいるため、彼女達に対しても、女性営業の方が、気配りや女性ならではの感性をもって、男性営業職に比べて上手に対応していける部分もあると思います。

総じて、女性だからといって変に身構えてしまったり、偏見を持たれるというより、一定のスキルを持っているならば、会社と顧客の距離感を一定に保った中では、いい意味での女性特有の配慮や細やかさは営業の分野でもかなりの武器になるのではないかと思います。

証券会社の営業で働いていた女性が転職した理由

証券会社のリテール営業で勤務していた人の転職したきっかけについて聞いてみました。

彼女は朝8時から夜9時まで働いていて家事が全くできず、結婚を機にワークライフバランスを考えて転職したそうです。

リテール営業時代は、飛び込み営業や電話営業を通して、顧客へ株式・債券・投資信託・変額年金保険を販売していたそうですが、目標管理がきびしく、勤務時間も長かったため、結婚を契機に私生活の充実という観点から転職を考え始めたようです。

その後、外資系銀行へ転職したそうですが、そこではワークライフバランスが実現しできている企業でこれまでの生活が一変したそうです。

社内的に残業するということは、時間内に仕事ができないとみなされ、マイナスの評価をうけるため、残業なしが徹底されており、定時の17時までに日報を含むすべての業務を終わらせ、それ以降は仕事をしないそうです。

もちろん、確実に終わらせなければいけないという時間的なプレッシャーはあるものの、私生活も仕事も充実した環境になったとのことでした。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ