時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

内出血で痛みが出る時の原因はしっかり確認すべき!

      2017/02/25

内出血で痛みが出る時の原因はしっかり確認すべき!

内出血はちょっとしたことでも起きますが、痛みを伴う時は要注意!

原因をしっかり確認して早期に医師の診断を仰ぐ方が良いと言われます。

さまざまな原因で起こる、痛みを伴う内出血について調べてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

幼馴染に彼氏ができた!嫉妬する心理と心を抑えるための方法

昔からよく一緒にいた幼馴染に彼氏ができてしまうと、なぜか彼氏...

派遣の仕事は楽過ぎる?仕事が暇な時にやっておきたい事

派遣の仕事はいろいろありますが、会社によっては楽な仕事をする...

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

スポンサーリンク


その痛みを伴う内出血!痛みが続く場合に考えられることとは?

打撲によってできた内出血の痛みがずっと続くようなときに考えられることはこういったものがあります。

◇骨折の可能性 強い衝撃によって打撲になった場合、痛みが続くため病院に行ってみたら実は骨折していた・・・というケースは良くあります。

軽い骨折で骨の転移(骨折部のズレ)がない場合レントゲンを撮影してもはっきりと写らないこともあります。

骨折した時に適切な処置をしていないと折れた骨の端が周囲の組織に当たり傷つけてしまうことがあり、それによって内出血が続くということがあります。

痛みも継続しますので、もう一度病院を受診しレントゲンを取り直してもらいましょう。

◇細菌感染している場合
打撲した時の衝撃が原因で皮下細胞組織が細菌感染を起こすことがあります。

患部が赤く腫れ熱感が出る炎症症状が現れてきます。

体の持つ生体反応によって痛みや熱も伴います。

病院に行き炎症を鎮めるための抗生物質剤の処方と皮下組織部位の治療が必要となります。

◇コンパートメント症候群
外傷によって内出血を起こすとあふれた血液によって組織内部の圧が急激に変化して細動脈が圧迫され、血行障害を引き起こします。

これをコンパートメント症候群と言い、血液の行きわたらない筋肉や腱の神経線維が壊死し、障害が残ることもあります。

壊死組織は不可逆性で治らず、早い処置が必要となります。

内出血した場合にはしっかり経過を見ていくことが大切です。

Q:太もも、ふくらはぎに筋をつったような痛みと内出血があったので整形外科を受診しました。

もともと膝が悪かったのですが、最近太ももとふくらはぎの筋肉がつったように痛くなりだし、だんだん内出血も出てきたため整形外科を受診しました。

膝の悪化以外に骨折も疑われたためレントゲンを撮りましたが、結果骨には異常がみられなかったということで「膝から来る痛みが原因でしょう」と診断され、帰りに鎮痛剤と湿布を処方されました。

症状としては主な痛みが太ももにあり、ふくらはぎのつったような感じも継続しています。

処方された湿布を貼っても痛みの改善はみられません。

その病院は初めて受診した病院だったので、診断がちゃんとしたものなのか不安になっています。

また、膝だと断定されたため、そこでは膝の状態しか診てもらえなかったので太ももの状態は診てもらえていません。

このまま痛み止めと湿布だけで対応し続けて良いのかがわかりません。

診断されたように膝の痛みが原因でうまく歩けなくなるくらいの太ももの痛みやその周囲に内出血が起こることはあるのでしょうか?

A:太もも、ふくらはぎに筋をつったような痛みと内出血があったので整形外科を受診しました。

というお悩みへの回答

内出血を起こす原因として考えられるものは基本的に「内出血した部位に力を入れすぎた」「内出血した部位や周囲が急激に伸ばされた」「何かにぶつかったり挟まれたりと外部からの衝撃を受けた」「軽い衝撃を受けただけだが血液がサラサラになる薬を服用している」「内出血しやすい病気にかかっている」「毒物を服用した」といったものがあります。

この中に何か心当たりになるものがあるでしょうか?診断のとおり骨折がなく、筋肉の断裂もしていなければ安静にしていることで時間経過とともに治癒していきます。

内出血していた部位も徐々に薄く消えていきます。

結論を言うと、膝の痛みだけで内出血が起こることはありません。

内出血があるとすれば、それは膝の痛みが原因ではなく前述した内の何かの理由があったと考えられます。

痛みが我慢できるのであればもう少し経過を見てみましょう。

骨折や筋断裂が原因であれば痛みと内出血は続きますので、そのときはもう一度整形外科を受診してみてください。

様子を見ている間に痛みがひどくなるようであればすぐに受診するようにしてください。

お大事に!

膝に痛みを伴う内出血が出来た場合の原因と治療法とは?

膝の内出血の原因
「強い外部からの刺激」「慢性的な膝の運動障害」「膝周囲の使いすぎによる異常」「過度の運動」「オーバーユース症候群」「血友病」などが誘発因子になります。

膝の内出血の痛みについて
膝の内出血は外部からの急激な刺激(強い打撲)などによって起こる場合と慢性的な障害によって起こるものとがあります。

膝の痛みは過度の運動によって膝の負担によって炎症が拡大されて起こっていることもありますので負担軽減を優先に考えていくと良いでしょう。

また、膝に感じる疲労も膝への負担が原因となっている可能性があるため、こちらも膝を休めるようにしましょう。

膝の内出血の原因
内出血の原因は内部性のものと外部性のものがあります。

内部性のものは膝への負担が継続することで起こるオーバーユース症候群が原因と言えます。

外部性のものは外からの強い衝撃による打撲が原因となります。

膝の内出血の治療法とは
運動をしていて膝を強く打ったり同じ姿勢でずっといたりすると膝に内出血が起こることがあります。

そういった場合は患部を素早くアイシングすることで回復を早める応急処置が適切です。

少し時間が経過した場合の処置は温熱療法が有効で、温かい蒸しタオルなどで患部を温めましょう。

痛みが出る出ないに関わらず、原因が分からない内出血は甘く見てはいけない!?

他の病気によっても内出血を引き起こすことがあります。

もっともよく知られているのが「白血病」でしょう。

白血病になると身に覚えのないあざ(内出血)が体中にでき、発熱や歯茎・鼻からの出血が続きます。

このような症状がみられるようになったら白血病と診断されるかもしれません。

ドラマや小説ではよくあるパターンなのですが、実際はどうなのでしょうか。

内出血は毛細血管が弱くなることで少しの衝撃で破れやすくなることでも起こります。

白血病のように病気が原因で見られることもありますが、ビタミンPの不足によっても起こります。

ビタミンPはミカンなどのかんきつ類に多く含まれ毛細血管の強化や血中コレステロールの改善に効果があります。

血管や血液の健康のための栄養素と言えます。

青あざができた場合の改善法としても柑橘類の摂取が推奨されており、皮をむかずに食べるとより効果的になります。

内出血がだんだん広がっていくようなことがあれば、それは血液凝固因子に異常があるかもしれません。

これは白血病に良く見られることなので、青あざ=白血病という印象が強くなっているのかも知れません。

また、内出血は高脂血症や免疫の異常でも起きやすくなります。

一説ではピロリ菌が関与しているとも言われています。

内出血が多く出るからと言って、すぐに白血病に結び付けるのは早計だと言えるでしょう。

頻繁に目立つようなあざができるのであれば、一度病院を受診してみると良いかもしれません。

関連記事はこちら

 - 病気

ページ
上部へ