時事ニュースで管理人が気になった記事をまとめています。ほぼ日刊です。

時事ネタ斬

産後、体重が戻らない。完母なら楽々ダイエットじゃないの?

      2017/03/21

産後、体重が戻らない。完母なら楽々ダイエットじゃないの?

産後、気になるのはやはり体重。

一刻も早く戻したいけど……。

完母なら食べても痩せるって聞いたのに、なんで私は一向に戻らないの?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

有給取得でボーナスが減額されるのでは!そんな心配を解決します

サラリーマンに平等に与えられる有給休暇、最近は有給の取得率を...

会社を休職したい!診断書なしで会社を休職するための方法とは

自分の体調が悪い時に病院に通っていても、なかなか体調が良くな...

会社で大きなミスして退職したい方へ 上手な退職願の出し方

会社で大きなミスをしたり、小さなミスを連発してしまったり。 ...

上司から言われる嫌味にうんざり、さあ反撃の時です!”

友人の間の皮肉は通常ユーモアとして扱われますが、上司からの皮...

職場の人とはプライベートで付き合いたくない!自然と距離を置く方法

職場で毎日顔を合わせていると、休日にプライベートな誘いを受け...

人間関係が希薄な職場… こんな職場で上手くやっていけるのか

人間関係が希薄な職場というものは、何処にでも存在します。 ...

定年後に趣味がない場合は気軽にできる趣味を始めてみる

定年後に趣味がない場合、何となく一日を過ごしてる方も多いと思...

ケルヒャーのスチームクリーナーで楽々壁紙はがし

市販のスチームクリーナーの用途の広さや性能についてはよく耳に...

子供の性格の悩み 友達に意地悪をする子の心理や対策

子供の性格に関して悩んでしまう親はたくさんいます。

正社員でも給料が安い!年収300万円以下で働く意味

正社員神話がある世の中でも現実は厳しいです。
...

これってイタイ?30代の男の写メの悲劇

30代男子というと、自分ではまだ若いつもりでも、10代から見...

大学の先生と喧嘩した! 禍根を残さないためにどう対処すべきか


大学の先生と喧嘩をする――喧嘩自体、褒められたこ...

《あの人は何を考えてる?》LINEの有料スタンプをくれる人

今では誰しもが使っているアプリ“LINE”ですが、日々個性豊...

コンクにピアスをつけてみたい!痛みの程度や基礎知識まとめ

ピアスが好きな人なら、ちょっと気になるボディピアス。

ここが違う!バイトを辞める時の迷惑な辞め方と良い辞め方

バイトですからいつかは辞める時が来ます。
...

《友達のいない女ってどうなの?》あなたが孤立してしまった理由

学校を卒業し社会に出てしまうと、本当に仲の良い友達としか連絡...

派遣会社の電話を無視は問題あり?働く気がない時の対応

試しで派遣会社に登録したものの、あまり良い条件ではなかったり...

《新しい常識?》派遣の面接に同行はアリか

非正規雇用が溢れている現代で、派遣社員としての働き方をする人...

介護の仕事ってどのくらい大変?知っておきたい介護のこと

高齢化社会が進み、“超”高齢化社会といわれる現在の日本では介...

赤ちゃんの性格は親で決まる?性格形成の不思議

生まれたばかりの時はまだ性格なんてわかりませんが、一緒に生活...

スポンサーリンク


Q:完母なのに産後体重が減らない

私は、出産してから2ヵ月ほどが経った新米ママです。

最近の悩みを聞いてください!

完母で育てているにも関わらず、全然痩せません。

それどころか、ますます体重は増えるばかり。

出産前に他の友達からは、「完母で育てれば、どれだけ食べても自然に痩せていくものだから大丈夫!」

「半年も経てばビックリするくらい痩せているよ」と言われていたので、それを鵜呑みにして何の対策もせず調子にのって食べ続けてしまっていたせいでしょうか?(だとしたら、友達は何かしらちゃんと対策をしていたってことですよね・・・。)

それともやはり完母なら普通は勝手に痩せていくものなのでしょうか?

それからもう一つ心配が。(もしかしたら妊娠中からだったかもしれませんが)出産後から、おへその中が黒くなったような気がします。

触ってみるとサラッとした感触があるので取ってみようかと思いましたが、取れないんです。

これは、いつか自然と消えるのでしょうか?

同じような経験をされた方いらっしゃいますか?

励ましの言葉よろしくお願いします。

A:こんな回答がありました

おへそのことはよく分かりませんが、体重のことは私も一緒で、完母でしたが全く痩せませんでした。

私の周りの友達も授乳中はみんなガリガリに痩せていきましたが、私はお腹がすくので間食が増えてしまってどんどん体重が増加していきました。

さすがにだんだんとマズイ状況になってきたので、間食は気を付けてセーブすることにしましたが。

最終的に卒乳するころには、体重は妊娠前より2、3キロ増えたぐらいでした。

その後は増加もせず、そのころから歩き出して動きが活発になった子どもと一緒に遊びながら動くようになって痩せ始めました。

でも、先ほどのガリガリになった友人達は卒乳後に体重が増えたって言っていましたよ。

それに、もしかしたらまだお子さんは2ヵ月とのことなので、ママが痩せるほどにはたくさんの母乳が飲めていないのかもしれません。

これからどんどんの飲む量が増えていきますから大丈夫!
私のように授乳期間中ではないかもしれないけれど、ちゃんと痩せる日はきます。

今は、お子さんに母乳を通してしっかり栄養を与えないといけない時期ですから、おいしいものをいっぱい食べてもいいと思いますよ。

母乳育児でも産後体重が減らない理由

赤ちゃんに母乳を与えることでママが自然と痩せることができる「授乳ダイエット」は、意識的にダイエット(運動や食事制限など)をしなくても、日ごろの授乳だけで痩せることができるので
ママ達に人気のダイエット法です。

しかし、「差し乳」タイプの人はこの方法では痩せにくいと言われています。

差し乳タイプの人は母乳の出があまり多くはならないからです。

差し乳とは、「出産後あまり胸の張りを感じない」「母乳を絞っても、にじむようにしか出てこない」といったようなタイプのことを言います。

普段から乳房があまり張らないという方は差し乳の可能性が高いでしょう。

しかし、差し乳は最初からそういった状態の人ばかりではありません。

母乳がよく出る状態が何か月か続いた後、次第に出が少なくなってくるというパターンの人も多いようです。

ですから、多くの人が最初の数か月間は「授乳ダイエット」の効果が出る可能性がありますので、最初が肝心と言えそうです。

産後に体重が増える原因とは?

産後は痩せやすい時期だと言われているのに、産後太りになってしまう人には次のような3つの原因が考えられます。

ストレス

特に第一子の場合は初めての育児で、些細なことでも気になったり不安になったりするものです。

そういった不安がストレスとなって溜まっていきます。

一人になれる自由な時間もなく、ストレスの発散方法が「食べること」になってしまっていませんか。

発散したストレスの代わりに、たくさんのカロリーを溜め込んでしまっては元も子もありません。

基礎代謝の低下

妊娠中はお腹が大きく動きにくいですし、胎児のことが心配で動かないようにしていた方もいると思います。

こうした運動量の減少によって筋力が低下し、それに伴って基礎代謝も低下していきます。

これも産後太りの原因と言えるでしょう。

妊娠中の食習慣を産後も続けている

妊娠中は「二人分だから食べても大丈夫」なんて言われますが、そんな風にたくさん食べていた状態をずっと続けていれば、やはり産後の体重増加は免れないでしょう。

産後の体重管理―定時に3食は忘れて

本来であれば、もちろん決まった時間に栄養バランスがとれた食事を1日3食とることが理想です。

しかし、妊娠中や授乳中は例外と思って、「定時に3食」は忘れてしまっても問題ありません。

真面目な方ほど規則正しい生活を守るために必死に頑張ってしまいがちですが、産後は赤ちゃんのお世話にかかりっきりで休む時間もないものです。

また、産後に体調が上手く戻らず食欲が出てこないという方もいらっしゃいます。

反対に、食欲が増して出産前よりもたくさん食べてしまうという方も。

どちらのタイプにせよ、産後しばらくの間は1日の食事の回数が3回以上になるようにしましょう。

おやつなど間食をするという意味ではなく、1日に食べる総量や品目などをあらかじめ決めておいて、それを3回以上に分けてとります。

そうすることで、カロリーオーバーせず胃腸に負担をかけない食生活になります。

カラダを飢餓状態にしないよう何度も食事をするダイエット法に似た方法です。

関連記事はこちら

 - 美容

ページ
上部へ